節約はレジャー!

私の実体験を元に算数が得意になる方法を紹介します

算数が得意になる方法

今回は節約とは直接関係のない話なのですが、私なりの実体験を元に算数が得意になる方法を紹介します

私は勉強が得意な方ではなく成績もクラスで真ん中ぐらいだったのですが、算数だけはずば抜けており、学年でトップをとることも珍しくありませんでした(他は平均以下ということ苦笑)。

なぜに算数が得意だったのか当時の自分はわからなかったのですが、少し前に「社会の成績が良い子の特徴」があるところで紹介されていて驚きました。まさに自分が逆の意味で当てはまっていたからです。

私は社会の成績がずば抜けて悪く(苦笑)、一桁の点数をとったことがあるほどです。

この社会の成績が良い子の特徴に納得できると、私の算数の成績が良かったことが腑に落ちました。

【スポンサーリンク】

社会の成績が良い子の特徴

社会科の成績が良い子の特徴というのは、なんと家庭のトイレに地図があったからというものです。

すべての社会が得意な子や家庭に当てはまるわけではありませんが、ある機関がデーターをとってみると、かなりの相関関係が認められたそうです。

考えてみれば当たり前のことですが、毎日トレイに入る度に地図を見ていることで、授業で習う前にベースができ上がっているのだと思います。

私のように社会が苦手な人でも地元の地図ぐらい理解しているものですが、北海道や沖縄の地図を理解していても、あまり社会の点数には結び付きません。ちなみに私は北海道出身です。

これが奈良や京都の方であれば身近に歴史を感じる機会も多いので、トイレの地図のようにベースとなる知識が他の地域の方に比べて有利になるのも、イメージできると思います。

マイナーなお城や戦国武将でも地元や周辺の地域の方にとっては、当たり前の知識のようなことです。

北海道や沖縄の子供たちの学校の成績はあまり良くないと言われていますが、社会のテストでこの地元ならではの加点がないのも一つの理由になるのではないでしょうか。

たった2~3点の違いかも知れませんが、全国平均にすると差が大きな差として出てしまいます。

トイレの地図や地元の歴史のように、学校の授業で習う前からベースとなる知識が身についていると、得意になるのはイメージできると思います。

実は私には算数のベースとなる知識がありました。

算数が得意だった理由

今思い返して気づいたことですが、私が算数が得意だった理由は「九九の掛け算」の歌を暗記していたからです。

当時の我が家には「九九の掛け算」の歌が入っているカセットテープがありました。おそらく二歳年上の兄に買い与えたのだと思います。

兄が率先してそのテープを聴いていたのかわかりませんが、同じ屋根の下で育った私も算数を習う前からこの歌を暗記していました。

もちろん九九の掛け算の意味などわかっていなかったのですが、単純に楽しい歌だったと記憶しています。

確か小学校二年生で九九の掛け算を習ったときに「あっ、これ知っている!」と驚いたことを覚えています。

周りの生徒が「一の段」を学んでいるときに、私は「九の段」までページを読み進めてしまい、退屈でその先まで勝手に読み進めていました。

その先の二ケタの掛け算を学んだときも、九九の掛け算の応用だけなんだということを理解し、全く苦になりませんでした。

割り算も同様です。足し算と引き算と九九の掛け算の応用で、すべて計算できるということを知りました。

また算数(数学)は覚えることが極端に少ない科目です。社会のように暗記する要素が少ないので、ベースとなる知識さえあれば考えて解くことができます。勉強嫌いの私は暗記科目が苦手でしたが、考えて解くことができる算数は得意になったのだと思います。

中学ぐらいになると、そりなりに公式を覚えておかないと解けない問題も出てきますが、それらですら公式を無視して、いちから数を数えて(当てはめて)いったりして解けることも多かったと記憶しています。

たしか中学時代の数学の先生の不手際で、私のクラスだけテスト範囲まで授業を進められなかったことがあり、まだ授業で習っていない問題が出題されたことがありました。

学校としてはそれなりに問題になったのですが、クラスの中で解けたのは私だけでした。しかも教科書で習う公式とは違う手順で解いていました。

なんだか自慢話のようになってしまいましたが、要するにベースとなる知識がしっかりとしていると、応用問題ばかりの算数は難しく感じないということです。

逆に言えば算数が苦手だと感じている方の多くは、九九の掛け算で躓いていた可能性が高いのではないでしょうか。

たまに大人でも「○○の段が苦手」だと言う方がいますが、その感覚があると厳しいのだと思います。

これは極端は話ではありません。中学や高校の数学でも九九の掛け算なしで解くことはできないと思います。

毎日トイレで地図を眺めて頭の中に日本地図が出来上がっている子と、奈良県での出来事と習っても位置をイメージ出来ない私のような子では、同じ授業内容でも理解する能力に差が生まれるのは当然なのだと思います。

【スポンサーリンク】

まとめ 無意識の活用

どんなことでも基礎が大事とは言いますが、その基礎で躓いたり、苦手意識をもってしまうと得意になることは難しいと思います。

似たような話で印象深かったのは、多くの子供が苦手なピーマンやなすびを好きにさせるには、初めて食べる時に少し高価なピーマンやなすびを食べさせることなんだそうです。

高価な野菜は苦みも少なく甘みや旨みが多いので、ファーストインプレッションの印象が良くなり、その野菜の美味しさを覚えやすくなります。

一度ピーマン嫌いになった子を克服させるのは簡単ではありません。実際に畑でピーマンを育てさせて、子供にとってのピーマンの重要度を上げて、自ら食べようと思わせるのは大変な作業です。

都合よく子供が大好きなヒーローが「僕のように強くなりたかったらピーマンを食べよう!僕は毎日食べているよ」とでも言ってくれると効果が高いのですが、そう都合よく当てはまるとは限りません。

人間関係でも初対面の印象を覆すのは相当難しいものです。「実は優しい人だったんだ」と思わせるには大変な作業や時間が必要ですが、初対面から「優しそうな人」と思ってもらう為の努力の方が、ずっと簡単だと思います。

これから算数を学ぼうとしている子供を得意にさせたいのであれば、ぜひ「九九の掛け算」の歌を聞かせてあげてください。

ベースとなる知識を子供の無意識に埋め込んであげてください。

なるべく楽しい雰囲気の歌が良いかと思います。調べてみると色々販売されているようなので、検討してみてください。どれもそれほど高価なものではありません。

【楽天】九九の歌

【amazon】九九の歌

子供は楽しく感じられると勝手に学んでいきます。苦手意識を持つ前に楽しさを味合わせてあげるのがポイントです。

もちろんトイレに地図も貼ってあげてください。なるべく子供向けの地図が良いかと思います。ベースとなる知識を無意識に脳に覚えさせてしまえば、勝手に得意になるのではないでしょうか。

今回はあまり節約とは関係のない情報ですが、子供の将来のことを考えると効率のいい投資ではないでしょうか。もしかしらた将来の塾代が節約できるかもしれません。


down

コメントする