節約はレジャー!

断捨離はモノだけではなく、行動にも当てはまります

断捨離の副産物?

多くの方が断捨離を実践することで、様々な効果を感じられていると思いますが、断捨離という行為は、モノを手放すことだけではありません。

そもそも無駄なモノを手放すことで、多くの方が精神的なゆとりを感じられるようになります。

むしろ単純にモノが少なくなることよりも、精神的な苦痛が少なくなることが、断捨離の本質とも言えます。

ある程度、断捨離を実践すると手放すモノが少なくなってきますが、そこから先はモノだけではなく、様々な行動に対して断捨離をすることができるようになります。

【スポンサーリンク】

無意識の行動

日頃から当たり前に行っている様々な行動、行為の多くは無意識に行われています。

顔を洗う、歯を磨くなど、何も疑問をもたずに行っている行為の中に、実は無駄な行為、それほど重要ではない行為が含まれているものです。

顔を洗う、葉を磨くという行為が無駄だから止めろということではなく、それらを一度意識にあげて、改めて判断するということです。

歯の磨き方について詳しく調べたことがあるという方は、おそらく少ないのではないでしょうか。

多くの方がなんとなく行っている行為です。

正しい歯の磨き方を定義することはできませんが、意識して観察してみると同じ個所ばかりを磨いていたりするものです。

3分ぐらい口にくわえて、なんとなく動かしているだけのようなことです。

歯を綺麗に磨くという本来の目的からそれ、歯磨きという行為を行っただけで満足している方が意外と多いものです。

意識して行うようになれば、2分でより綺麗に磨けるようになるかもしれません。

また男性の方であればわかると思うのですが、男子トイレで手を洗わない男性は驚くほど多いものです。私の体感では半数を超えていると思います。

また手を洗うという行為だけで満足される方も非常に多いです。手に少し水をつけただけで終わりという方も多いものです。

これも手を洗うという行為そのものしかフォーカスされていません。手を綺麗にするという本質から外れてしまっています。

これらのように、日ごろ無意識に行っている行為を意識に上げることで、その行為の目的を改めて理解できるようになります。

その行為の質を高めると共に、必要のない行為を手放せるようになります。

以前、私はバスタオルを手放したということを紹介したのですが、

参考バスタオルは必要ない!?

「濡れた体の水分を排除する」という本来の目的を意識することができたからこそ、バスタオルの必要性を感じなくなりました。

行動の断捨離

断捨離を実践すると不必要なモノの存在に気がつき、無駄な行動、行為が浮き彫りになってくるものです。

ある程度モノが少なくなると、行動そのものにフォーカスされるようになります。

私は狭いアパートに住んでいるので「掃除機は必要ない」と判断したのですが、すると掃除という行為そのものについて考えられるようになりました。

掃除をする理由、汚れる理由を意識することで、そもそも掃除が少なくて済むモノ選びという視点が生まれてきます。

モノには役割や機能などの目的がありますが、それらを含めた上で、掃除のしやすさやスペースやインテリアとしての機能なども考えられるようになります。

もし順番が逆で、見た目が可愛いというだけで選んでしまうと、そもそも必要のないモノだったり、スペースをとったり、機能が劣っていたりなどの不満が表れ、結局は使用頻度が少なくなり、無駄なモノになってしまうわけです。

そのモノに期待する役割をしっかりと意識してほしいと思います。

【スポンサーリンク】

まとめ 本来の目的を意識しよう

断捨離の本質はモノを減らすということではなく、そのモノを使って行う行為、行動そのものを意識できるようになるということです。

掃除機を使う理由はホコリが溜まるからですが、そこに疑問を持つと、ホコリが貯まりにくい環境を意識できるようになります。

絨毯が好きな方だと、やはり掃除機が便利な掃除道具になると思いますが、絨毯にこだわらないであれば、ホコリの原因になる絨毯を手放し、カーテンをブラインドにするという選択肢が見えてきます。

そもそもモノには何かしらの役割を期待して購入します。その役割が終えたのであれば感謝して手放せますし、決して損はしていません。

モノを捨てられないという方は、そのモノに期待している役割を果たせていないからでもあります。

「まだ使える」「もったいない」といった感情は、そのモノの役割を果たせていないからです。

だったらまだ使えばいいのですが、多くは同じ役割、もしくはそれ以上の機能をもつ他のモノを購入してしまっているので、大抵は使うことがありません。

素早く手放せば他の誰かの役に立つかもしれないのに、部屋の片隅で劣化、風化して、いよいよ使えなくなってから捨てるという行動をとります。

 

これはモノにとっても不幸なことです。

 

投資対象のモノ(ゴールドなど)であれば別ですが、多くのモノには何かしらの役割を期待して購入したものです。役割を終えたモノは手放しても問題はないはずです。

そのモノを使って行う行動、行為を意識に上げることで、モノの必要性がわかるだけではなく、その行動や行為そのものについても考えられるようになります。

本来の目的を改めて意識してほしいと思います。そのためのトレーニングとしてモノを手放す断捨離は、とても有効なのでおすすめです。


down

コメントする