節約はレジャー!

「60歳からの手ぶら人生」レビュー|定年前にもおすすめ!

60歳からの手ぶら人生

今回紹介する本は弘兼憲史さんの「弘兼流60歳からの手ぶら人生」です。

著者である弘兼憲史さんは、あの「課長島耕作」を描かれていた漫画家さんでもあります。

私は現在30代ではありますが、「弘兼流60歳からの手ぶら人生」にとても感銘を受けました。

また節約思考の方にも通ずる内容が多いので、おすすめします。

よく自分の好きなジャンルの本ばかりを読んでいる方がいますが、たまには違ったジャンルの本を読むと、意外な学びがあるものですよ。

【スポンサーリンク】

孤独と孤立と孤高

「弘兼流60歳からの手ぶら人生」を読んで感じたことは、「孤独と孤立をはき違えないコツ」のような印象でした。

以前、当サイトでもおすすめしたことがある「孤独のグルメ」についても触れられており、

参考孤独のグルメに学ぶ自己対話

いかに孤独を楽しむかについて書かれています。

孤独という言葉に対して、ネガティブな印象をもたれている方もいると思うのですが、「60歳からの手ぶら人生」を読むと孤独をポジティブに受け入れられるようになります。

あくまでも私なりの解釈ですが、著者である弘兼憲史さんは孤高の存在です。決して孤立しているわけではなく、自ら孤独を選択することで、孤高の存在として輝いているように感じました。

孤独=悪

と現在感じられている方にこそ、読んでもらいたい本です。もちろん定年を迎えている方にもおすすめですが、若い方にも学びがとても多いと思います。

友達の断捨離

「弘兼流60歳からの手ぶら人生」の第2章には「友人を減らす」ことについて詳しく書かれています。

モノの断捨離については多くの書籍に書かれていることですし、当サイトでも色々紹介してきました。

一方で人間関係の断捨離については、あまり情報は多くないと思います。

「友人を減らす」というと孤立してしまいそうですが、本質はそこではありません。付き合いだけの人間関係を継続させることにエネルギーを使わないようにするようなことです。

「手ぶら人生」という言葉の通り、モノを少なくするのはもちろん、人間関係のしがらみを上手に手放す方法がよくわかります。

これは定年後の方にだけ参考になるのではなく、全ての人の参考になると思います。

現在ではSNSの普及もあり、希薄な人間関係が増えやすい環境です。だからこそ必要なテクニックを学ぶことができます。

さらに家族との関係にまで踏み込んでいます。

第4章の「家族から自立する」も必見です。特に衝撃を受けたのは、親族による殺人事件の増加のデーターでした。

戦後から殺人事件そのものは減少傾向にあるのですが、親、兄弟、親戚などの近しい人による殺人事件の割合が激増していました。

家族との適度な距離の保ち方についても詳しく書かれており、どの年代の方にも参考になるのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

孤独力の身につけ方

望んでいた形ではなく孤立してしまうと、孤独感にさいなまれてしまうものですが、自らの望んで孤独を選択した場合だと、孤独感は爽快感になります。

最近は一人カラオケや一人焼肉などが市民権を得てきました。それらを心から楽しんでいる方というのは、孤独力が身についているのだと思います。

結果的に現在孤立してしまっている方だとしても、考え方を変えるだけで孤独感を爽快感に変えることは可能です。

それこそが孤独力であり「弘兼流60歳からの手ぶら人生」で学べることです。

孤独力がないと常に不安が付きまといます。うすっぺらい人間関係を継続させることばかりにエネルギーを注ぎ、自分にエネルギーを注ぐことができません。

孤独力とは、自分を褒める技術でもあります。

さみしい、孤独だと感じている方こそ、「60歳からの手ぶら人生」から学べることが多いと思います。

【amazon】60歳からの手ぶら人生

【楽天】弘兼流60歳からの手ぶら人生

節約も仕方がなく行うという考え方では悲壮感が漂いますが、節約そのものを楽しんでいる方はキラキラと輝いているものです。

ある物事に対する印象は、受け手の考え方次第で見事に変わるものです。

普段何気なく食べていたお菓子が、テレビ番組などで開発の歴史や製造方法の工夫などを知ると、ありがたみが増してより美味しく感じられるようになります。

お菓子の味そのものは全く変化していませんが、受け手の捉え方ひとつで印象が変わるのはよくあることです。

孤独に対するネガティブなイメージをもっている方は、ぜひ読んでみてください。


down

コメントする