節約はレジャー!

エアコンの電気代を節約させるポイント、見落としがちな室外機

夏場の電気代一位のエアコン

エアコン地域や使用環境によっても違いますが、夏場に最も電気代がかかる電化製品はエアコンと言われています。

だからといって極端にエアコンの使用を控えることにもリスクがあります、脱水症状や熱中症を引き起こす可能性があります。

そこで今回はエアコンの電気代を節約する方法を紹介します、また見落としがちなポイントも紹介します。

【スポンサーリンク】

1 フィルターの掃除

ホコリだらけのエアコン近年のエアコンのフィルターは自動で掃除をする機能があるのですが、そのようなタイプのエアコンでも定期的に点検をする必要があります。

エアコン内部に汚れが貯まると冷却効果が落ちてしまうので、余計な電気代がかかってしまいます。

またエアコン内部のカビやダニを掃除すると綺麗な空気になるので、健康の為にも定期的な掃除を心がけてください、理想はプロによるエアコン洗浄です。

2 設定温度

エアコンのリモコンエアコンの設定温度を上げることは電気代の節約にとても有効です。

エアコンの設定温度が26度だとしても、部屋の温度が常に26度に保たれるわけではありません。

26.1度になったら冷房、25.9度になったら暖房のように、細かく切り替わる設定にはなっていないからです。

この辺はメーカーによっても違いますが、設定した温度からある程度(24~28等)の余裕を取っています。

人間が快適だと感じる温度に4度もの差があっても問題ないわけです、そもそも人間にも体温を自然に調節する機能があるので、適温から1度上がるだけで直ぐに「暑い」とはなりません。

慣れていってしまえばそれまでですが、一度で設定温度をあげてみてください。

3 遮光

遮光の効果遮光カーテンやブラインドで日光を遮ることもエアコンの電気代の節約に効果的です。

逆に冬場は積極的に日光を室内に入れることで、室温を上げることが可能です。

昔の日本家屋は、太陽が高い夏場は日差しが室内に入らないように屋根の角度を設計していました、逆に太陽の低い冬場は部屋の奥まで日光が入り込むようになっています。

現代の家の屋根だとこのようなことがないので、ブラインドや遮光カーテンを積極的に利用することで、エアコンの電気代を節約させることができます。

4 室外機

エアコンの室外機そして最も見落としがちなポイントが、エアコンの室外機の環境です。

室外機の周りにモノが多いと空気を排出する効率が落ちてしまいます、そして室外機そのものが熱をもつことになってしまいます。

また草が生い茂っていることも同様なので、室外機の周りの環境を気をつける必要があります。

そして室外機が日光にあたっても熱をもってしまいます。

室外機を日光の当たらない北側に設置することが理想ですが、可能な限り日光の当たらない工夫をしてください。

マンションのベランダなどに室外機を設置している場合は、熱の排出を妨げないように近くに物を置かないようにしてください、室外機の上にモノを置くのもNGです。

【スポンサーリンク】

まとめ

家電製品の進化は凄まじく、エアコンや冷蔵庫は古いタイプと比べて格段に省エネ設計になっています。

大切にモノを扱うことは素晴らしいことですが、古すぎる家電製品は電気代が高いので、ある程度のところで見切りをつけて買い替えてください、これが最も電気代を節約することになります。

エアコンの電気代を節約させる方法をまとめると、

  • フィルターの掃除
  • 設定温度の調整
  • 遮光の工夫
  • 室外機の環境

これらを気をつけることです、特に室外機は見落とされがちなポイントなので意識してみてください。

旧型の扇風機またエアコンは扇風機と組み合わせることも効果的です、初夏のようにそれほど暑くない時期であれば、扇風機だけで乗り切ることも難しくありません。

参考扇風機の様々なメリット

そして服装もすごく大切です。

汗が乾きやすい夏用のシャツと熱を逃がさない冬用のシャツでは、涼しさが全く違います、汗がべたつくと実際の温度以上に体感で暑苦しく感じるものです。

布団のシーツや枕カバーなども、夏向けのひんやりとした冷感素材のモノも多く売られています、これらの商品は室温を下げるわけではありませんが、体感的には大きな差を感じさせてくれます。

エアコンの電気代は性能に大きく左右されますが、涼しさという体感は工夫次第で得られます。

可愛らしい風鈴風鈴の音で涼しさを感じるように、ちょっとした工夫を取り入れてみてください。

暑いと感じていなくても、温度計の数字を見た途端に暑く感じることがあるものです。

「風邪をひいたかな?」という段階の時に、体温計の数字を見て熱があると確認した途端に苦しくなるようなことです。

このように数字から体感に影響することは珍しくありません、論理的な思考の現代人ほど影響されてしまいます。

エアコンの設定温度の数字だけに頼るのではなく、涼しげな体感を意識してみてください。

人間の身体には、そもそも体温を自動に調節する機能が備わっています、エアコンに頼り過ぎると身体の機能が衰えてしまいます。

極端に身体を冷やすほどエアコンに頼るのではなく、上手に使用して夏を乗り切りましょう。


down

コメントする