節約はレジャー!

ついでに掃除をするという視点をより広げよう!

ついでに掃除?

どこかのポイントを掃除したついでに、他のポイントも掃除をするという方は珍しくないと思いますが、これは掃除機のような特定の道具を使用した掃除だけという方が多いようです。

このような「ついでに掃除」のテクニックを、より広範囲に広げる意識を持つと、さらに掃除は楽になります。

特にティッシュのような使い捨てのモノを上手に「ついでに掃除」として活用できると、節約という意味でも効果的です。

そこで今回は、そのような「ついでに掃除」をする様々な視点を紹介します。

【スポンサーリンク】

1 靴磨き

靴磨きをする時は、頻繁に履いている革靴のほかに冠婚葬祭用の革靴をついでに磨くという方は多いと思います。

ここでさらに視点を広げて、家中の革製品もついでに磨いてしまいましょう。

意外と多くの革製品が見つかるものです。革の鞄やベルトだけではなく、ちょっとした革小物などもついでに磨いてしまえば、長く愛用できるようになり節約にもつながります。

探してみると意外と革製品というものは多いものです。財布や名刺入れやコースターなど、それぞれの家庭に色々あるものですよ。

2 シールやテープ

包装されているシールやテープを剥がした後、そのままゴミ箱に捨てるのではなく、そのシールやテープに残っている粘着力で、ついでに掃除をすることもできます。

いわゆるコロコロクリーナーのような役割を持たせるということができます。

これも徹底的に掃除をするというのではなく、あくまでもついでに掃除という視点が大切です。

ちょっとした段差に貯まっているホコリや、家具の足に付着しているホコリを「パッ」とシールにくっつけてしまうのがコツです。

おすすめは洋服のポケットの縫い目に貯まっているホコリです。

参考洗濯の見落としがちなポイント!

ポケットを裏返してみると生地の縫い目に意外なほどホコリが貯まっているものです。ついでに掃除してしまいましょう。

3 洗い物

シンクに貯まった洗い物を一気に片付けるとなると大変ですが、洗い物が少ないときについで洗える物がないかという視点も大切です。

洗面所のコップや水切りかごなど、毎日洗うとは限らない物を頭に入れておくと、洗い物が少ない時についでに洗ってしまえます。

しばらく使っていない食器や包丁も時々洗ってあげることで、頑固な汚れにならずに済みます。

これは洗濯物にも共通します。

洗濯機の容量や干すスペースなどは限られているので、洗濯物が少ない時についでに洗えるものがないかという視点を広げてみてください。トイレのタオルなどつい忘れがちになるので、ついでに洗濯してあげましょう。

4 拭き掃除

ちょっとした汚れをふき取った後のキッチンペーパーは、まだまだ利用価値があります。

ウェットシートやティッシュペーパーなども当てはまるのですが、メインの汚れをふき取った後に、ついでに他の汚れもふき取ってしまいましょう。

あくまでもメインの汚れを取り除くことが重要なのですが、ちょっとした汚れであればキッチンペーパーの真ん中を使用しなくてもいいはずです。

あらかじめついでに他の箇所も拭くという視点があると、キッチンペーパーの端の方でメインの汚れをふき取るようになります

すると残りのキッチンペーパーの汚れていない箇所で、別の油汚れなどを拭き取ることができます。

ウェットシートでスマホの汚れを拭き取った後などでも、裏側でリモコンや机を拭いたっていいわけです。ついでに他の箇所も拭くという前提を持つことがポイントです

この前提があることで、バランスよく使い切ることが出来るようになります。

この時に徹底的に掃除をしなくても構いません。あくまでもメインの汚れを拭き取ったついでなので、キッチンペーパー全体が汚れてきたらおしまいという感覚が長続きさせるコツです。

完璧な掃除をするという感覚を捨てることで、ついでに掃除するポイントが広がるものです。

【スポンサーリンク】

まとめ 自己満足だけど・・・

どれもあくまでもメインの掃除のついでにやるという感覚が大切です。ついでのはずが本格的な掃除になってしまうと大抵は長続きしません。

ポイントはメインの掃除の箇所よりも、より汚れている箇所をついでに少しだけ掃除してしまうような感覚です。

窓枠などには汚れが溜まっているものですが、新しいウェットシートでふき取ってもすぐに真っ黒になってしまいます。

他の汚れを拭き取ったついでに拭いても、それほど結果は変わりません。

たまにでも窓枠の汚れを大まかに取り除いていれば、大掃除などで本格的に窓掃除をするときの手間がグッと楽になります

ついでに掃除をするコツは、徹底的に綺麗にしなくても構わないという感覚が大切です。

ちょっとした水ハネを拭き取ったキッチンペーパーなどは、ほとんど汚れていません。そのままゴミ箱に捨ててしまうのではなく、ついでにゴミ箱の蓋の内側を拭いてしまえば無駄になりません。

外食をした時などに紙のナプキンで口を拭くときも、真ん中から使うのではなく、端の方から使うという感覚があると二枚、三枚と無駄にしなくなるものです。

紙ナプキンを節約したからといって得するわけではありませんが、限りある資源を有効活用し、お店にとっても良いお客さんであったということがイメージできれば、満足度は自然と高まるものです。

日頃からこのような視点を意識していると、今まで気がついていなかった汚れを発見できるようになるものです。ほとんど汚れていないティッシュをそのまま捨てるのがもったいなく感じるので、今まで気がついていなかった汚れが目に入ってくるようになります。

大掃除の時にしか掃除をしないような箇所は、なかなか汚れる原因がわからないものですが、日常的についでに掃除を心がけていると、汚れや傷がつく原因もわかるようになるものです。

すると自然と物の扱い方も変わっていきます。掃除のしやすい物の形や設置位置による汚れ具合の違いなどにも気がつきます。

それらの気づきによって新しく物を購入するときの判断基準も変わっていき、より生活が豊かになっていくのではないでしょうか。

ついでに掃除をするという視点をもつことで、様々な学びや気づきがあるものなので、上手に生活に取り入れてみてほしいと思います。


down

コメントする