節約はレジャー!

買い置きしない勇気!不安の正体と向き合おう

買い置きする理由

多くの方が様々なモノを買い置きしているそうです。

その理由は色々考えられますが、節約になるからと買い置きをしている方も多いと思います。

ですが、本当の理由が節約とは限りません。

多くの方が漠然とした不安を抱えて買い置きしています。特に食料品は当てはまります。

そこで今回は、この漠然とした不安の正体と向き合うことで、買い置きを減らして節約につなげる方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

漠然とした不安

何となく不安だからと食料品を買い置きしている状態というのは、明確な量がわかっていないからです。

どれぐらい買い置きしておけば安心なのか理解していないので、そもそも正解がありません。

また漠然とした不安の正体が、漠然とした災害(天災、人災)ということもあり、これまたはっきりと正解を求めることが出来ません。

始めから買い置きをしておく食料品の量に正解はありません。なのに不安になってしまっています。

自分なりのルールで一週間分の食料を買い置きしておく、などと決めているのであればコントロールは可能ですが、そのような方は少数派です。

だからこそ、不安の正体と向き合う必要があります。

戦時中は食べる物が少なくて大変だったと言いますが、現在の日本でその状態を想定するのは現実的ではありません。

可能性があるとすれば、広い地域に大きな地震があった場合です。

それでも近年の災害で餓死者が出たというニュースは見たことがありません。

稀に山で遭難した方が救助されることがありますが、彼らは一週間ぐらい何も食べずに歩き回っていたりします。

そもそも身体についている脂肪は、緊急事態(食べられない状態)に備えて蓄えられているので、よほどガリガリの方でもない限り、一週間ぐらい食べなくても平気だということです。

もちろん水分は必要です。ある程度の水は確保しておいた方が良いとは思います。

ですが、食糧は災害時用に買い置きしておく必要は、必ずしもあるとは言えないのではないでしょうか。

そもそも私は冷蔵庫を手放しているのですが、そんな私のような生活でも多少の乾麺やお米はあるわけです。これは特別買い置きをしているのではなく、日ごろの食事の為に用意してあるものです。

それらだけで一週間ぐらいは平気で持つものです。多く家庭でも特別食料品を買い置きしておかなくても、それぐらいは持つのではないでしょうか。

漠然とした不安の正体は、実はそれほど恐れるものではありません。食べられなくて死ぬかも知れないという不安は間違いです。

脂肪という買い置きがたくさん蓄えられていることを忘れないでください。

節約になる理由

また買い置きを控えると節約につながります。

まとめ買いや特大サイズを購入すると節約になるイメージがありますが、実はたくさんストックがあると使用量が増えてしまいます。

ついつい食べ過ぎてしまったり、洗剤を大胆に使ってしまったりするものです。

また食料品や調味料だと賞味期限が切れるリスクが高まります。

参考調味料の節約のポイント

もちろん家族構成や使用環境によって違いますが、買い置きが少ないと残りの量を考えながら慎重に使うようになるので、多くのモノが節約につながる傾向があります。

買い置きしない勇気

買い置きをしない為には、始めに勇気が必要です。

目の前のセール品を見逃すとストレスを感じるかも知れません。

ですが、セールは必ずまたやってきます。

逆にもう二度と仕入れることがない現品限りのセール品というのは、それだけ見向きもされずに売れなかった二流の商品ということです。

本当に良い商品は何度となく生産されます。また類似品がライバル会社から発売されるものです。そちらの方がより良い商品ということも珍しくありません。

今しか手に入れられないモノなどありません。それは売り手の都合のいい言葉だということです。

いつでも手に入れられるモノを、わざわざ自宅のスペースを埋めてまで所有する必要はありません。必要な時に必要な分だけ購入すればいいことです。

たとえ購入のタイミングでセールが行われていなくても、お店が倉庫代わり保存しておいてもらったと思えば、ありがたいものです。

特に食料品であれば常に新鮮なモノを提供してくれる魔法の倉庫です。どんなに立派な冷蔵庫を所有している金持ちでも、常に新鮮な状態をキープできるわけではありません。

また洋服であれば流行遅れになることもありません。その時に流行っている洋服をその時に選んで着られるわけです。わざわざクローゼットの中で流行遅れにする必要はありません。

【スポンサーリンク】

まとめ 買い置きのリスク

買い置きをすることで不安が解消されていると思っている方がいますが、実は買い置きすることにもリスクがあります。

かなり昔のことですが、実家に住んでいた頃に台風の影響で12時間もの停電を経験したことがあります。

母親は冷蔵庫の中身を調べて、溶けかかっていた冷凍していた食材を調理してくれました。

一方でお隣さんはお金持ちの家庭で、大きな冷蔵庫の他にコンビニのアイスでも入っていそうな冷凍庫も所有していました。

その中に満載だった冷凍された食品の多くが溶けてしまい、ほとんど捨ててしまったそうです。

そして一部が我が家にやってきました。イタリアンジェラードという名の高級アイスを初めて食べたことを覚えています。

買い置きをすることにもリスクがあります。モノが多いとそれだけ部屋のスペースも取ります。

大きなタンスや食器棚などがなければ、地震の二次被害も少なくなります。

参考節約の観点から災害の考察

もし病気をして買い物に行けないときなどの不安があるなら、いくつか出前可能なお店の電話番号をチェックしておくことをおすすめします。

一応、私も近所のラーメン屋と蕎麦屋とチラシがよく入るピザ屋の電話番号をひかえていますが、今まで一度も頼んだことはありません。

地域によってはスーパーやコンビニの宅配も可能だと思います。

参考ポカリスエットは飲む点滴!?

大昔の物々交換の時代は、食糧を保存することが出来ませんでした。だからこそ交換可能な貨幣が素晴らしい機能を果たすようになったわけです。

お金に賞味期限はありません。腐ることもありません。

ある程度のお金の蓄えさえあれば、いつでもモノと交換することができます。腐敗するモノ、風化するモノ、流行のモノを抱える必要などありません。必要な時に必要な分だけ交換すればいいだけです。

お金も経済的にはデフレで価値が下がる可能性があるとはいいますが、だからといって素人が投資商品で余計なリスクを背負う必要はありません。

必要のないモノを買い置きするということは、お金の素晴らしい便利な機能を放棄するということです。

あなたが経済学者のような知識があるのであれば、投資して儲けることができるのかも知れませんが、多くの方は専門家ではないはずです。

いわれもない不安に煽られて、必要のないモノを買わされないように気をつけてください。保険会社や投資会社が発表する老後に必要な資金の額に惑わさないでください。

不安にさせてから解決策(投資商品)を提示してくるのは洗脳の基本です。悪徳占い師や詐欺師も恐怖を利用します。

不安になればなるほどIQが下がってしまいます。冷静に判断出来なくなります。早くのその状態から解放されたくなるので、相手の思うツボなわけです。

不安の正体としっかりと向き合ってください。大抵は怖いお兄さんに睨みつけられているような恐怖ではないはずです。もっと漠然とした、いわれもない不安です。

何となく買い置きをしてしまう漠然とした不安の正体も、多くはモノを売る側に押し付けられた、いわれもない不安です。

お金は腐りません。今しか買えないモノなどありません。必要なモノを必要な時に必要な分だけ購入してください。結果的に節約につながると思います。


コメント

  • 何かを購入するという行為は、
    不安を解消したいからなのかも知れませんね。

    ミニマリストの方が幸せそうな理由がわかって気がします。
    勉強になりました。

    by 緑 €

down

コメントする