節約はレジャー!

楽天ポイントの注意点!実は損をしている間違った使い方

楽天ポイントの注意点

様々なポイントカード現在では様々な会社がポイントカードを発行しています。

それらを全て管理するのは大変だということで、数年前から様々な会社のポイントの提携が増えてきました。

一つのポイントカードで様々な分野の会社に利用できるということもあり、貯まりやすいと好評です。

その代表として「Tポイント」や「楽天ポイント」があります。

どちらのポイントも便利なのですが、個人的には楽天ポイントの方が貯まりやすいと感じているので、私は楽天ポイントを中心に貯めています。

そんな楽天ポイントですが、間違った使い方と言いますか、楽天側の思うツボになっている方もいらっしゃいます(私の親がまさにそうでした)。

そこで今回は楽天ポイントの注意点を紹介します。

【スポンサーリンク】

失効ポイント

楽天のポイントには通常のポイントと期間限定で失効してしまうポイントがあります。

多くのポイント攻略情報では、この失効するポイントを少なくするようなテクニックが紹介されているのですが、そこに執着して無駄な買い物になっているケースが非常に多いと考えられます。

どうせ失効するならと、それほど必要のない物を購入したり、価格を比較をしないで購入してしまいます。

楽天よりもamazonの方が安いことは珍しくありません、送料を考えると尚更です。失効ポイントに惑わされて、つい無駄な買い物にならないように気を付けてください、セールや期間限定という言葉に弱い方は特に気をつけてください。

会員ランク

楽天会員ランク表楽天には会員の使用状況によってランクが与えられています。

ランクが上がるにつれてポイントが貯まりやすくなり、様々な特典が受けられるのですが、これも執着することはおすすめしません。

「今月中にあと3回買い物をするとランクアップ!」

に惑わされて、無駄な買い物をしてしまうケースがあります。

私はダイヤモンド会員になったことがありますが、これといったメリットは感じませんでした。

誕生日に貰えるポイントが上がるのは嬉しいですが、その為に余計な買い物をしては本末転倒です。

プラチナ、ダイヤモンド会員のみに送られてくるセール品のメールもあるのですが、どんなに安くなっていたところで、必要のない物を購入することほど無駄なことはありません。

大抵はノーブランドのセール品なので、9割引きだとしてもお得がどうか怪しいものです、それにスーパーセールなどで同様の商品が販売されるものです。

たまたま以前から狙っていた商品があればお得ですが、そうではない場合は意味がありません、何となくお得だからと必要もない商品を購入しないように気をつけてください。

【スポンサーリンク】

まとめ ポイントの仕組み

楽天ポイント日常の買い物や定期的な支払いを楽天カードを経由させることで、ポイント還元を得られるのは素晴らしい節約テクニックですが、そのポイントの使い道となると、不思議と盲目になりやすいものです。

あくまでもポイントはおまけのはずなのに、そのおまけに現実の買い物まで左右されてしまいます、それが期間限定ポイントの怖さです。

失効されるポイントの額にもよるのですが、数十ポイントの為に必要もない物や安くもない物を購入しないように気を付けてください。

また楽天ポイントがつくからと、現実のお店を選ぶのもおすすめしません。

たまたま会計時に気づいて楽天ポイントが得られるのであればいいですが、楽天ポイントのためのお店選びをすると、現実の買い物が引っ張られて損をするケースがあります。

コンビニ(お弁当は別)やガソリンスタンドのように品質にそれほど差が出ないタイプのお店であればいいのですが、飲食店をポイント優先で選ぶと食べたい物からずれて失敗してしまいます。

ポイントはあくまでもおまけです、ポイントの為に行動し過ぎないことが上手な付き合い方ではないでしょうか。

おまけ

楽天ポイントの会員ランクはあまり気にする必要がないのですが、楽天カードを使用していればゴール会員には簡単になれます。

ゴールド会員になると無料で楽天生命の「がん保険」に加入することができます。

契約期間は一年で給付金も5万円ですが、難しい記入もなく数回クリックするだけで完了します。

定期的なメールが送られてこないようにチェックすることも出来ますので、がん保険に入られていない方にはお得な情報だと思います。


down

コメントする