節約はレジャー!

おしりの筋肉を鍛えることの5つのメリット、どこでも鍛えられます

おしりの筋肉

女性の後ろ姿みなさんはお尻の筋肉を意識したことがあるでしょうか。

正直、私は全く気にしたことがありませんでした。

女性の中にはお尻のたるみが気になる方もいるかも知れませんが、多くの男性は気にすることがないと思います。

たまたまテレビでお尻の筋肉を鍛える方法が紹介されており、何となくその場で鍛えてみると、様々な効果を感じて驚かされました。

そこで今回はお尻の筋肉を鍛えることで得られる5つのメリットを紹介します。これを知るとお尻の筋肉を鍛えずにはいられなくなるかも知れません。

【スポンサーリンク】

1 美尻

水着の女性の後ろ姿まずは美尻効果です。これはイメージしやすいのではないでしょうか。

お尻の筋肉を鍛えることで引き締まったお尻を手に入れることができます。これは男女限らず効果があります。

女性の方がお尻のシルエットを意識すると思うのですが、実は多くの男性のお尻も加齢に伴って垂れ下がっているものです。

お尻の筋肉を少し鍛えるだけで「キュッ」と引き締まるので、かなり効果が大きいと感じました。

お尻が小さくなるとズボンのサイズも下げられるので見た目の印象もグッとよくなります。大きすぎないズボンはお尻の位置や股下の位置が上がるので、足を長く見せる効果もあります。

2 姿勢

猫背の女性のイラストそしてお尻の筋肉を鍛えて最も驚いたのが「姿勢が良くなる効果」です。

お尻の筋肉に力を入れると骨盤が正しい位置に導かれます。お尻の筋肉に効率よく力を入れるために、自然と骨盤が起き上がってくれます。

猫背の状態でお尻に力を入れてみてください、自然と背筋が伸びると思います。

またこの正しい姿勢になると、さらにお尻の筋肉に力を入れやすくなります。これは立ち姿でも同じです。

ギュッとお尻の筋肉に力を入れるだけで上半身の姿勢まで整います、無理に胸を張っても長続きしませんが、骨盤が起き上がると自然と胸が張って綺麗な姿勢になってくれます。

テレビ番組でも紹介されていたのですが、姿勢がよくなると身長まで伸びてしまうほどの効果があります。

3 便秘解消

お腹を押させる女性便秘解消は姿勢の改善とも関係しているのですが、骨盤が正しい位置になると大腸の動きもスムーズになります。

また腸を動かすのも筋肉なので、お尻の筋肉に刺激を与えることは便秘解消に繋がります。

またお尻の筋肉が鍛えられると、便を排出するときのコントロールも上手になります。

和式トイレだった頃は、しゃがんだ態勢で力むことになり、日ごろからお尻の筋肉を刺激する機会があったのですが、洋式トイレの普及で日本人のお尻の筋肉は衰えて便秘が増えたとも言われています。

便秘の原因は食生活など様々ですが、お尻の筋肉を鍛えることも有効です。

ちなみに便秘に関して言えば、お尻の筋肉を鍛えるほかに肛門の筋肉をコントロールすることも有効です。

参考肛門の筋肉を的確にコントロールする方法

4 基礎代謝

女性の大きなお尻これはお尻の筋肉に限った話ではありませんが、筋肉が発達すると消費カロリーが増えて基礎代謝が増加します。

基礎代謝が上がればダイエットに効果的なのは言うまでもありませんが、お尻の筋肉を鍛える場合は姿勢もよくなるので、結果的に腹筋や背筋にも好影響に働きます。これが基礎代謝を劇的に上げることにつながります。

また様々な内臓も猫背で姿勢が悪いと機能が落ちてしまいます。正しい姿勢で胃や腸が正しい位置に導かれることにより、内臓の機能が回復して消費カロリーも増加します。

お尻を筋肉を鍛えることで、様々な筋肉や内臓の機能を整える効果が期待出来ます。

5 頻尿対策(骨盤底筋)

元々頻尿対策としてお尻の筋肉を鍛えることは有効だと言われていました。

頻尿は骨盤底筋と呼ばれる肛門の近くの筋肉の衰えが原因と言われています。意識的に肛門を締める動作を繰り返すことで、骨盤底筋を鍛えることができます。

頻尿対策だけで考えれば、肛門にグッと力を入れるトレーニングが有効なのですが、お尻の筋肉を鍛えることでも骨盤底筋に刺激を与えられます。結果的に頻尿対策にもなります。

特に男性の場合は男性器の元気にも影響を与えるので、衰えを感じている中年男性にもおすすめのトレーニングです。

【スポンサーリンク】

まとめ お尻の筋肉の鍛え方

お尻の筋肉を鍛えることは、ただお尻の見た目が引き締まるだけではなく、様々なメリットがあります。

  1. お尻の引き締め効果(美尻)
  2. 姿勢改善(骨盤が整う)
  3. 便秘解消(体幹の刺激)
  4. ダイエット効果(筋肉量アップ)
  5. 頻尿対策

お尻の筋肉を鍛えるだけで、これだけの効果が期待できます。

ちなみに私がおすすめするお尻の筋肉の鍛え方は、お尻に力を「ギュー」っと入れるだけの方法です。

コツをつかむまでは軽くしかお尻の筋肉に力を入れられないかも知れませんが、慣れてくると強く力を込められるようになります。

これを言葉で説明するのが難しいのですが、自分なりにお尻の筋肉に力を込めやすい角度や姿勢を探ってみてください。実際にお尻の筋肉に触れながら試すと硬さの変化に気がつくと思います。

慣れてくると思っている以上に、強くお尻の筋肉を「ギュー」っとできるようになるはずです。

数秒間お尻の筋肉に強く力を入れるだけで、次の日に筋肉痛になるほどです。それぐらいお尻の筋肉は普段使われていません。だからこそ効果が高いトレーニングだと実感しています。

スクワットをする女性本格的にお尻の筋肉を鍛えるためのスクワットや運動もありますが、初めは立ち姿でお尻の筋肉にギューっと力を込めるだけでも十分な効果があると思います。

「6秒力を入れて6秒休む」を数回繰り返してみてください。慣れてくれば時間や回数を増やしてもらって構いません。

基本は肩幅に足を開いて直立した状態でお尻の筋肉に力を入れてみてください。慣れてくれば足の幅や姿勢などを徐々に変えながら、自分好みの力を入れやすい態勢を探ってください。

結果的にその姿勢は骨盤が起き上がり、肩甲骨が開き、頭が上がり、足の裏にバランスよく体重が乗る態勢になると思います。お尻の筋肉を意識するだけで正しい姿勢に導かれます。

さらに本格的にお尻の筋肉を鍛えたい方は、YouTubeなどで「ヒップアップ」と検索してみてください。色々なお尻の筋肉を鍛えるトレーニングが紹介されています。

最後にデメリットも紹介しておきます。

頻尿の方はお尻の筋肉に力を入れるトレーニングを行うと、尿漏れをしてしまうことがあります。慣れるまではトイレの後にお尻の筋肉に力を入れるようにしてください。

また初めて行うときは、それなりの筋肉痛になることを覚悟してください

座りっぱなしのデスクワークの方は仕事に影響があるかも知れません。お尻の筋肉が筋肉痛になると座っていられなくなります。それぐらい強烈な筋肉痛になることがあります。

参考デスクワークしながら出来る運動

普段から運動をしている人は、そこまでの筋肉痛にはならないと思いますが、初めて行う時だけは数回程度に収めてください。調子にのって追い込みすぎると座るのが本当に辛くなります。初めて追い込む場合は連休の前などがおすすめです。

お尻の筋肉に力を入れることは、いつでもどこでも行うことができます。これも大きなメリットの一つだと思います。コツをつかむとかなり強く力を入れられるので、本当にどこでも鍛えられるようになります。

電車の中で立っていても座っているも行えますので、日ごろからお尻の筋肉を刺激するように意識してみてください。お尻の見た目が引き締まるだけではなく、姿勢が良くなり健康にも好影響を与えてくれると思います。


コメント

  • 昨日この記事を読んで試してみたところ、見事にお尻が筋肉痛になりましたwww
    デスクワークなので地獄です、助けて~w

    by 匿名 €

  • 私も筋肉痛になりました、少しでもお尻が小さくなるといいな♡

    by 美尻 €

  • 普段スポーツジムで追い込んだ時は二日後に筋肉痛になるのですが、これは見事に次の日に筋肉痛がきました、それだけお尻の筋肉は普段使っていないのですね、勉強になりました。

    by ザハス €

  • ガッテンでも頻尿対策にいいと紹介されていましたね、個人的には美尻効果と姿勢補正効果に期待です

    日頃からお尻の筋肉を意識すると、片側の足に体重をかけていたり、楽な姿勢をとっていることがわかるようになりました、悪い姿勢に気づくきっかけになるので感謝しています

    by にわ €

down

コメントする