節約はレジャー!

「がんを克服できる脳」レビュー!プラセボ効果の引き出し方

がんを克服できる脳レビュー

今回は苫米地英人さんの「がんを克服できる脳 大切な人が病気になったら、あなたが未来を導こう」という本を紹介します。

本のタイトルにあるように「がん」を克服するための方法について書かれているのですが、この本の素晴らしいところはプラセボ効果についての解説が秀逸であり、ぜひ皆さんに知ってほしいと思いました。

私は著者である苫米地英人さんのファンであり、何十冊もの本を所有しているのですが、中でもこの「がんを克服できる脳」は別格だと感じています。

難しい言葉を極力避けており、初めて読む方にとってもわかりやすい構成になっています。

節約をすすめているサイトで紹介する内容の本ではないのですが、健康対策、病気についての考え方として素晴らしいものがあるので紹介させてください。

【スポンサーリンク】

プラセボ効果とは?

まず初めに「プラセボ効果」について説明します。

プラセボ効果とは偽薬効果とも言われており、患者に偽の薬(小麦粉を固めた錠剤等)を飲ませた時に実際に効果が出る現象のことです。

偽の薬を飲む患者が素晴らしい特効薬だと感じることで、身体の免疫力が高まると考えられています。

このプラセボ効果は昔から言われていることであり、怪しい健康法などに対して「どうせプラセボだろ」と言う方がいるのですが、このような考え方をしていると、せっかくのプラセボ効果が期待出来なくなってしまいます。

例えプラセボ効果だとしても、本来の目的である治療効果が期待できるのであれば、それはそれで素晴らしい治療法ですし、それを最大限に引き出す方法について詳しく解説されているのが「がんを克服できる脳」の凄さです。

確信度の高め方

例え偽物の薬だとしても、患者が本物だと信じる力が強ければ強いほど、プラセボ効果が働くことになります。

例えば、お医者さんがいかにもダメそうな格好や体型をしていると、この信じる力が弱まるようなことです。患者側に不安要素があるとプラセボ効果は弱まってしまいます。

大学病院のような権威ある立派なお医者さんが自信満々に「これを飲めば大丈夫ですよ」と言うのと、どこの誰ともわからない人がすすめる薬では雲泥の差があるわけです。

このような信じる力を弱めてしまう要素を排除し、逆にプラセボ効果だとしても効き目があると確信することがポイントになります。

だからと言って一般的ながん治療を否定しているわけではありません。ここが多くの自然療法のがん治療本とは違うところでもあります。

現在のがん治療に100%効果があるものはなく、だからこそ効果があるかもしれないプラセボ効果を同時に引き出す重要性について教えてくれました。

また患者本人だけではなく、家族や友達という立場からプラセボ効果を引き出す方法についても詳しく解説されています。

ぜひ皆さんにはこの知識を学んでほしいと思います。現在困っていなくても、これから大切な人を守る為にも重要な知識だと思います。

病気と闘っている本人だけの問題ではありません。知らず知らずのうちに周囲の人が、プラセボ効果を弱めてしまうような態度だったり、看病をしている可能性があります。

著者の苫米地英人さんは、世界一のコーチ(故ルー・タイス)の直属のお弟子さんでもあり、コーチングによって人をより良い未来へ導く技術にも長けている方です。

私もコーチングの本を何冊か所有していますが、コーチングの技術というのは、人を良い方向へ導くとともに、悪い方向へ導かないようにする技術でもあります。

悪い方向というのは、わかりやすい例だと悪口のようなことです。

  • おまえにはどうせ無理だよ
  • 何をやっても意味ない
  • やるだけ無駄

のような、いかにもネガティブな発言を控えるということだけではなく、言葉の助詞や細かいクセについても明確な方法論があります。

言葉尻の僅かな表現方法の違いでも、脳の無意識が認識する情報に差が生まれてしまうことは珍しくありません。

そのような細かな技術に長けている苫米地英人さんだからこそ、プラセボ効果を最大限に引き出す技術、逆に弱めてしまう技術の違いがわかるのだと思います。

ノーセボ効果

「がんを克服できる脳」で紹介されている言葉ではないのですが、プラセボ効果の反対にノーセボ効果というのものがあります。

これは本当に効く薬だとしても、患者本人が毒だと思うと本当にそのような反応が出てしまう現象のことです。

本屋さんにいくと「抗がん剤治療」や「放射線治療」について、ネガティブな意見の本がたくさん見つかります。

どの治療法も100%はないのですが、仮に20%の効果があったとしても、本人が否定的な意見を持っていると10%に下がってしまう可能性があるわけです。

自然療法が悪いという意味ではありませんが、これは非常にもったいないことですし、恐ろしいことでもあります。もしかしたら抗がん剤で簡単に治るケースだってあるわけです。

また自然療法を行うにしても確信度の高さがポイントになります。そのポイントに特化したのが苫米地英人さんの方法論であり、それは脳の仕組みを利用した技術であり、一般的ながん治療を否定することなく、併用が可能なわけです。

これらの事を治療する側、治療を受ける側、その家族も含めて知っておくことで、的確ながん治療を行いながらも、強いプラセボ効果を引き出すことが可能になるのだと思います。

【スポンサーリンク】

まとめ 病は気から

「病は気から」という言葉があるように、気持ちの問題が大切なんだと思います。その認識が想像以上に大切なんだと学ぶことが出来ました。

簡単にまとめると、前向きでポジティブな楽観主義が良いということですが、苫米地英人さんはそれだけでは不十分であり、より確信度の高い「楽観主義すぎ」にするべき理由を「がんを克服できる脳」で解説してくれています。

出来れば何度もこの本を読んでほしいと思います。聞き慣れない言葉も出てくるので、何度か読んでいくうちに、より理解が深まり、確信度も高くなると思います。

最後に私の実体験を紹介します。

私が小さな頃、林の中で蛾の大群に遭遇したことがありました。あまりの恐怖と気持ち悪さで泣きながら自宅に戻ったのですが、母親が物凄く驚いた表情で

 

「一体どうしたの!」

 

と叫んだことを今でも覚えています。あまりにも心配している母親の表情に驚いて泣き止んでしまうほどでした。

母親が驚いた理由は、私の全身にじんましんが出ていたからです。

鏡の前に連れていかれると紫色の斑点が全身に浮き出ていました。それを見てまた驚いたことを覚えています。

それはかなり小さな頃の記憶であり、その後はしばらく忘れ去られていたのですが、20代の中頃にテレビのニュース番組で、大量発生しているマイマイガの映像を見た途端に、また全身にじんましんが出てしまいました。

その瞬間に昔の記憶を詳細に思い出したのですが、脳は一瞬で全身の皮膚に影響を与えます。リアルな蛾に触れることもなく、テレビの中の映像を見ただけで身体が変化してしまいました。

もし私が昆虫学者にでもなって、蛾を喜んで捕まえるような人になっていれば、蛾の映像を見るだけでじんましんが出るようなことはないはずです。

これも考え方の違いだと思います。

私の中の蛾に対する評価(認識)を変えれば解決するわけです。

蛾を気持ち悪い存在から所有したい昆虫に変えれば、蛾を見た時にじんましんどころか、可愛い猫でも見た時のように興奮するのかも知れません。

同じ現象、同じ対象でも、考え方(認識、評価、捉え方)によって結果が変わるのは当然です。

小さな子供が書いた下手くそな絵でも、自分の子供が書いたと知った途端に評価は変わります。ピカソやラッセンよりも好きになるものです。

何の気なしに食べていた羊羹が、「とらやの羊羹」だと知らされると急に美味しく感じるものです。味が変化するわけではありませんが、こちらの心構えは大きく変化します。

がんに対する考え方次第で変化するということも、決しておかしなことではないのだと思います。そう思わせてくれます。

がん細胞は誰でも毎日のようにつくられているそうです。しかも数千個の規模で発生しては、免疫力が働いて排除してくれているそうです。体調や考え方が影響を与えるのは当たり前なのではないでしょうか。

ネガティブな発想が悪いことは誰もが知っていると思いますが、ポジティブな発想を積極的に強める方法を「がんを克服できる脳」を読んで学んでほしいと思います。

【amazon】がんを克服できる脳

>【楽天】がんを克服できる脳

ただし現在では中古か電子書籍でしか手に入れることが出来ません。それでも本当に価値があると思うので、強く強くおすすめしておきます。

このような素晴らしい本こそ、文庫化して誰もが気軽に手に取れるようになってほしいものです。

ちなみに書籍版には特殊音源のCDが付属されています。

私は電子書籍での購入なので手に入れられていないのですが、苫米地英人さんの他の書籍で特殊音源を体験したことがあります。

詳しいメカニズムについて私はよくわからないのですが、脳波をリラックスした状態に促すようなイメージの音楽です。

実はYouTubeの苫米地英人の公式チャンネルのなかで、いくつかの特殊音源が無料で紹介されているので、気になる方は聴いてみてください(有料版もあり)。

苫米地英人YouTube公式チャンネル

音楽を聴いて直ぐにがんを克服できるというわけではありませんが、落ち着いたリラックスした状態になるのであれば、考え方にも好影響を与えてくれるのだと思います。

大好きなミュージシャンの曲でテンションを上げるのもいいのですが、歌詞の内容によってはネガティブな方向へ考え方が向かうこともあるので、気をつけてほしいと思います。

肩コリを気にする男性強いストレスやネガティブな発想は筋肉を緊張させてしまいます。当然血行が悪くなりますし、呼吸も浅くなってしまいます。

「がんを克服できる脳」には身体をリラックスさせる簡単な呼吸法、そして自らの活力をみなぎらせる気功法、さらに瞑想方法まで紹介されています。

本当にすべての人にプレゼントしてあげたいほどの名著です。ちなみに初めて楽天kobo(電子書籍)を利用される場合、かなり割引になります。

参考楽天の電子書籍koboの節約効果が凄い!

もちろんamazonのkindleにも「がんを克服できる脳」がありますので、ぜひ読んでみてください。この本が売れて文庫化され、全国のコンビニやキヨスクに並ぶことになれば、日本人の病に対する認識が大きく変わると思います。

あなたの購入が日本を良い方向へ導くことになるかも知れません(笑)。本当におすすめなので、是非読んでほしいと思います。節約家とも相性が良いと思いますよ。


down

コメントする