節約はレジャー!

掃除機が必要ないライフスタイルとは?手放す方法!

掃除機は必要?

竹ぼうき昔の日本では掃除機がない生活が当たり前でした。その頃はホウキや雑巾がけで掃除をしていたわけです。

一方で現代では掃除機を使用することが当り前になっています。

果たして、本当に掃除機は必要なのでしょうか?

そこで今回は掃除機が必要な人、必要ではない人の差について考察します。

【スポンサーリンク】

掃除機の強み

強力な掃除機掃除機の強みは何と言っても吸引力です。

ホウキや雑巾がけでは届かない隙間のホコリを吸い取ることが出来ます。またノズルを伸ばすことによって手が届かない箇所の掃除もしやすい特徴があります。

そして何といっても掃除機の吸引力が必要なのは「絨毯」の掃除です。

絨毯の繊維に絡まっているホコリやダニの掃除に関して言えば、ホウキや雑巾ではどうにもなりません。

家中に絨毯を敷き詰めている家庭では、掃除機を手放すことはおすすめできません。

逆に言えば、絨毯さえなければ掃除機を手放すライフスタイルが可能ということです。

掃除機のデメリット?

次は掃除機のデメリットについて考えてみます。

掃除機のデメリットというのは「騒音」ではないでしょうか。集合住宅では掃除機をかける時間帯を気を付ける必要があります。

さらに細かくわけていけば、掃除機の購入代金や収納スペース、電気代や紙パック代もかかります。

最新の掃除機は小型化もすすみ壁に立てかけておくことも出来るので、収納スペースの問題は昔よりも少ないと思います。さらに紙パックもサイクロン式であれば必要ありません。

サイクロン式掃除機の分解ですが、安いサイクロン式掃除機だと吸引力を保つのにこまめにフィルターの掃除をしなければなりません。

これには手間と時間がかかるというデメリットがあります。

これを避けるには紙パック式を選ぶしかありません。

ダイソンの最新式の掃除機であれば、フィルターの掃除も簡単になっているそうですが、やはりそれなりのお値段を覚悟しなければなりません。また充電バッテリーの劣化もよく問題になります。

掃除機が必要ない人

フローリングとイスと女性掃除機が必要ない人というのは、絨毯を使用していないフローリングの部屋に住んでいる方です。

小さなラグマットやキッチンマットのようなものであれば、外に持ち出してホコリをたたくことも出来るので掃除機がなくても何とかなります。

また外に持ちだすことが出来なくても、ちょっとした絨毯マットであれば「コロコロクリーナー」で掃除をすることも可能です。

そもそも絨毯がなければ部屋のホコリを出す原因も少なくなります。ダニも大幅に減らすことになります。さらにカーテンをブラインドやロールカーテンなどにすることで、ホコリの発生源を大幅に減らすことも出来ます。

そもそも昔の日本ではホコリの発生源が少なかったので、ホウキや雑巾がけで綺麗に保つことが出来たのではないでしょうか。

フローリングの掃除はホウキでもいいですし、最近ではクイックルワイパーという便利なモノもあります。

しかもシートは正規品でなければ激安で手に入るので、それほど家計の負担にはならないと思います。正規品でも箱買いをすることで節約することも出来ます。

クイックルワイパーの正規品出来れば本体は正規品のクイックルワイパーをおすすめします。

100円ショップでも似たようなものが売られていますが、棒の強度が不足しており頼りない印象でした。さらにシートが当たる面も平面なので、ホコリを吸着するのが端の方だけになってしまいます。

本家のクイックルワイパーの面は球体になっており、全体的にホコリを吸着してくれます。やはり性能が素晴らしいと感じました。シートは別でもいいですが、本体は本物がおすすめです。

また雑巾だけをするという選択肢もあります。断捨離好きの方に多いですね。

家庭環境次第ではありますが、掃除機がなくても掃除に困らないライフスタイルを過ごすことは、意外と難しくありません。

【スポンサーリンク】

まとめ 掃除機の意外な役割

「掃除機が必要ないライフスタイル」を紹介しておきながら、私自身は掃除機を捨てることが出来ていません。

掃除には全く使っていないのですが、布団圧縮袋を使用するときに掃除機の吸引力にお世話になっています。

私は狭いアパート暮らしなので収納スペースに限りがあります。布団圧縮袋は必需品です。

普段はクイックルワイパーで簡単に掃除を済ませてしまいます。

参考クイックルワイパーの効果的な利用法

ダイソーの毛ばたきテレビや家具の隙間のホコリは100円ショップで購入した毛ばたきで絡めとっています。窓を開けてグルグル回せばホコリは吹き飛んでくれます。

たまに逆風が吹くと大変なことになりますが・・・。

この毛ばたきは100円なのに使い勝手がとても良く、数年前から愛用しています。これは三代目です。

我が家の掃除は基本的にクイックルワイパーと毛ばたきとコロコロクリーナーだけ全く問題ありません。たまに汚れが気になれば、使い古したシャツの切れ端を雑巾代わりにして拭き取って捨てています。

参考コロコロクリーナーのおすすめ

掃除機を使っていた頃よりも掃除にかける時間はかなり減りました。そして何よりも掃除機のフィルター掃除がイヤだったので、それから解放されたのも大きいです。布団圧縮袋に使用するだけならほとんどゴミが貯まりません。

また掃除機の音が苦手だったので、掃除機を使わなくなることで掃除が苦にならなくなりました。掃除によるストレスが激減したと感じています。

私のライフスタイルに限って言えば、布団の収納袋の問題さえなければ、掃除機は全く必要ないと思っています。

最新の掃除機はコンパクトでコードレスで使い勝手も良さそうですが、値段もびっくりするほど高くなっています。節約という意味では難しい選択肢です。

またコードレス式は携帯電話の充電バッテリーのように、徐々に使用時間が短くなっていくそうです。しかもバッテリー交換で万単位のお金が必要になることもあるそうです。これでは全く節約にはなっていません。

節約という観点から見れば雑巾やほうきを使うのが一番だとは思いますが、使い勝手も考えるとクイックルワイパーの圧勝だと感じています。特にフローリングの家庭であれば相性は抜群です。

あなたの家庭環境、ライフスタイルと向き合ってみてください。全ての人に掃除機が必要だというのは幻想です。

今ある掃除機を直ぐに捨てる必要はありませんが、ホコリを少なくする工夫をしておくことで、掃除機の買い替えのタイミングで不必要と判断出来るかも知れません。

絨毯やカーテン、ソファの素材もホコリの量に影響を与えます。ホコリを少なくする工夫も頭に入れておくと、その内に無理なく掃除機を手放すことが出来るかも知れません。


コメント

  • 私もかれこれ十数年は掃除機を使っていません、箒だけで何とかなるものですよ

    by ガスよ €

down

コメントする