節約はレジャー!

洋服の寿命を延ばして節約させる3つのポイント!

洋服の寿命?

悩む女性皆さんが洋服を捨てるときは、どのように判断をしているのでしょうか?

わかりやすく洋服の生地がボロボロに擦り切れたり、流行が変化してしまったり、好みが変わったり、体型が変わったり、断捨離ブームに乗ったり、ときめき度で判断したり(笑)、など洋服を捨てる理由は様々だと思います。

そもそも洋服に寿命を定めるのは難しいのですが、国税庁が公表している「減価償却資産の耐用年数及び償却率」で衣類は「3年」と定められていました。

洋服を会社の経費で落とす場合は、「3年」に分けることが可能ということのようです。

あくまでもこの洋服の寿命の「3年」は目安ですが、洋服を長く着ることは節約になります。学生服を大切に着ている生徒は卒業式でも綺麗なままですが、同じ学生服でもボロボロになる生徒がいるものです。

洋服の節約というと安く購入するセールばかりが注目されますが、お気に入りの洋服を大切に扱いながら長く着ることも立派な節約になると思います。

そこで今回は洋服の寿命を延ばす3つのポイントについて紹介します。

【スポンサーリンク】

1 なるべく着ない

「なるべく着ない」というのは、洋服を全く着ないわけではなく、お気に入りの洋服を「大切に扱う」という意味です。

駅の人ごみ洋服が傷む主な原因は擦れです。どうしても生活をしていると洋服は様々なモノと擦れあいます。椅子やテーブル、通勤ラッシュでは人と擦れることもあります。

他にもリュックや肩掛けバッグによって洋服の型が崩れることもあります。

戦争が起源のトレンチコートは、銃のストラップを肩にかけた時の擦り切れ防止の為にあて布をしています。洋服の一点に重さが集中すると傷んで生地の寿命を縮めてしまいます。

特に肩パッドのあるジャケットやスーツを着用するときは、鞄のストラップが食い込まないようにすることが大切です。

洋服の擦れはある程度は仕方がないことですが、「なるべく気を付ける」という意識を持つことで大幅に寿命を延ばすことが可能です。鞄の持ち方一つでも洋服の寿命に影響を与えることがあると覚えておいてください。

また帰宅してからも洋服を着続けることで寿命を縮めてしまいます。自宅の中は外出時よりも洋服の生地が擦れる機会が多いものです。

ソファーとクッション自宅はリラックス出来る空間なだけに、ソファーで横になったり、床に寝そべることがあります。

ある程度姿勢を正している外出時よりも、自宅の中の方が洋服の擦れにとっては厳しい環境です。特に横になると様々な方向に洋服が引っ張られて寿命を縮めてしまいます。

また靴下も靴を履かない自宅の中の方が擦れやすくなります。お気に入りの靴下は自宅では履き替えることで寿命を延ばすことが可能です。

これらを意識するだけで飛躍的に洋服の寿命を延ばすことが出来ます。帰宅したら直ぐにルームウェア(二軍の洋服)に着替えることを徹底してください。

2 洋服のお手入れ

洋服の寿命はお手入れによっても大きく左右します。洋服に汚れが付着したままだと洋服の繊維が傷んでしまいます。

洋服ブラシ定期的に洗濯をすることは当然ですが、洗濯が難しい洋服は洋服ブラシでサッとホコリを落とす習慣を身につけてください。

洋服ブラシはホコリを落とすだけではなく、洋服の繊維の向きを整える効果があります。小さな毛玉であれば洋服ブラシだけででほどくことも可能です。

安易に毛玉をカットしてしまうと、それだけ洋服の繊維が削れとられることになります、その分生地が薄くなるので洋服の寿命を縮めることになります。薄くなったセーターをイメージしてください。これはあらゆる服にも当てはまることです。

また洋服のポケットに重たいモノを入れっぱなしにすると、皺や型崩れの原因になってしまいます。スーツやコートのポケットの中に物を取り出して、適切なハンガーにかけてください。

また大切な洋服を洗濯する際は、洗濯ネットに入れることで擦れを半減させることが出来ます。

洗濯ネットに入れると汚れ落ちは若干落ちてしまうので、だからこそ余計な皮脂汚れを付着させない為にも、お気に入りの洋服は帰宅したらすぐに着替えることが大切です。

また洋服によっては裏返しにしてから洗濯をすることで、洋服の表の生地の擦れを防ぐことも出来ます。汗や皮脂汚れも落ちやすいので一石二鳥です。

参考洗濯物を早く乾かす方法

またTシャツやトレーナーを脱ぐときに、首の襟元を持って引っ張りながら脱がないこともポイントです。Tシャツの襟元がヨレヨレになる原因の多くは脱ぎ方が間違っているからです。

Tシャツは手をクロスさせながら裾を持ち、バンザイするようにTシャツを脱いでください、これだけで襟元のヨレをかなり防ぐことが出来ます。

なるべく顔にTシャツが付かないように気をつけてください。顔の皮脂汚れが付着すると頑固な汚れの原因になります。特に女性はメイクが付かないように気を付けてください。

洋服の扱い方や脱ぎ方、メンテナンスによっても寿命は大きく左右します。

3 洋服の収納

洋服の収納の仕方でも寿命が大きく左右します。

洋服をたたむ男性衣替えで洋服を取り出したときに、変色していたり、皺だらけになっていたり、イヤな匂いが染みついていたりして、そのまま洋服を捨てるパターンも多いのではないでしょうか。

衣替えで洋服が傷んでしまう原因は、きちんと洗濯出来ていなかったり、詰め込みすぎたり、防虫剤を入れ忘れたりするからです。きちんと洋服をお手入れしてから収納してください。

そして衣替えをして取り出した洋服は、そのまま着用するのではなく一度洗濯をしてください。どうしても長期保管をするとダニやカビの影響を受けています。着用する前に落としてください。

クリーニングでビニールをかけられたスーツまたクリーニングに出すことも有効なのですが、クリーニング後のビニール袋を付けたまま収納してしまうと、通気性が悪いのでカビてしまうことがあります。

さらにクリーニング屋さんの針金ハンガーも洋服の寿命を縮めてしまう原因になります。細い針金に洋服が食い込んで型崩れしてしまうので、大切な洋服はビニールを取って適切なハンガーにかけ直してください。

また洋服を収納するクローゼットやタンスの掃除や換気も重要です。クローゼットの中が湿気っているとカビやダニの温床になり、イヤな臭いを発生させてしまいます。

特に湿度の高い梅雨時などは積極的にクローゼットや押入れの中を換気してください。扇風機で風を送り込むことも有効です。洋服を収納している環境を大切にすることも、洋服の寿命を延ばすことになります。

参考扇風機で出来る6つのこと

たまにしか着ない晴れ着や喪服なども、定期的にクローゼットから取り出して風にあててください。カビを防いで寿命を延ばすことになります。

【スポンサーリンク】

まとめ いつか着る洋服?

多くの洋服は寿命を迎えて着られなくなるのではなく、様々な理由で着なくなります

流行遅れの洋服を無理して着ることがいいわけではありませんが、数回しか着ないで処分するのは悲しいものです。安いからと安易にセール品に手をだすと結果的に高くつくこともあります。

流行の洋服はガンガン着まわして、そのシーズンだけで満足させるのもいいとは思いますが、全ての洋服を流行に合わせる必要はないと思います。

良質なハンガー流行にあまり左右されないシンプルなデザインの洋服は、大切にメンテナンスをしてあげることで寿命を延ばすことが可能です。

洋服の節約というとセール品や福袋と考える方も多いのですが、本当に自分が気に入っている洋服を長く着ることが一番満足度が高い節約だと思います。

洋服の良しあしはブランドや価格だけで判断するのではなく、本当にあなたに似合う洋服を大切にしてください。似合う洋服というのはあなたの体型にフィットして、あなたの魅力を引き出してくれる洋服です。

セールだったからと多少の事に目をつぶって購入した洋服というのは、サイズが微妙に合わなかったり、好きな色でなかったりするものです。

セールのチラシそもそも売れ残った洋服がセールになるので、セール品の洋服の中にピタリと合う洋服がある可能性は低いということを頭に入れておいてください。

珍しい洋服のサイズの方でもない限り、売れ残りのセール品で希望の商品を手にする可能性は低いものです。

またセール品で購入した洋服というのは、扱いが雑になるものです。どこかしら目をつぶって選んでいるだけに、「長く着られなくてもいいや」という想いが生まれてしまいます。

あまり好きではない3000円の洋服を毎シーズン買い替えるより、本当に気に入った5000円の洋服を大切に3年間着る方が、魅力的で満足度が高く、しかも節約になるものです。

その為にも今回紹介した「洋服の寿命を延ばす3つのポイント」を意識してください。

  1. 室内着の徹底
  2. 洋服のお手入れ
  3. 洋服の収納

これらを意識して、大切な洋服の寿命を延ばしてほしいと思います。

そして洋服を大切に扱えるようになると、普段の行動まで変わってきます。

肘をついている老人無駄に洋服が擦れないように振る舞いが洗練されていきます。テーブルに肘をつかなくなります。乱雑に上着を置いたり、鞄を置いたりしなくなります。さらに洋服が汚れないように食べ方にまで注意を払えるようになります。

そして洋服を汚さないような食べ方に意識がいくと、食べる姿勢まで良くなります。普段から姿勢が良くなれば、益々洋服が似合うようになります。

どんなに有名なブランドのオシャレな洋服でも姿勢が悪いと似合うものではありません。猫背で前かがみだと洋服はシワだらけになるものです。姿勢はすごく大切な要素です。

参考姿勢をよくするメリットが多過ぎ!

これは洋服に限った話ではありませんが、モノを大切に扱うようになると様々な気づきが得られます。ドアの開け閉めや周囲への配慮がいきわたり、人間として成長することが出来ます。

一方で洋服を適当に乱雑に扱う方というのは、そのような配慮に気づくことがありません。洋服や靴を大切にする人は内面も素晴らしい可能性が高いです。

これは高級な洋服という意味ではなく、あくまでも扱い方の事です。

洋服の節約というとセールで購入することばかりが注目されますが、現在所有している洋服を大切に扱うことも立派な洋服の節約です。そして洋服を大切に扱えるようになれば、長持ちする洋服とそうではない洋服の違いも理解できるようになります。

洋服の生地や縫製の違いによって洋服の寿命は大きく左右します。長持ちする洋服の特徴が理解できれば、セールでも直ぐに傷んでしまいそうな洋服を選ばなくなるので「安物買いの銭失い」にならずに済みます。

シャツとアイロン洋服の購入前に現在所有している洋服を大切に扱ってください。洋服の寿命が延びるだけではなく、あなたの魅力も長持ちすることになると思います。

すると次に洋服を購入する時に、価格だけで判断することもなくなります。きちんとサイズを合わせをし、お気に入りのデザインや柄や色を吟味し、長く愛用できるという視点で判断できるようになります。これが最も節約に効果的なのではないでしょうか。

きちんと吟味して選んだ洋服というのは、あなたの魅力を最大限に引き出してくれます。そのように選んだ洋服は自然と大切に扱うので寿命も延びます。目をつぶって選んだセール品よりも、結果的に大きな節約になるものです。

似合いもしない洋服、気分も高揚しない洋服、ボロボロに傷んだ洋服では、どんなに安くても節約とは言えません。


down

コメントする