節約はレジャー!

職場の近くに引っ越しをして通勤時間と交通費を節約!

通勤時間と交通費

山手線の電車多くの方が自宅から職場へ通勤する為に、時間もお金もかかります。

会社から交通費が出るから構わないという考えもありますが、失われた通勤時間は決して戻ってきません。

また通勤時間による損失は、お金や時間だけではありません。

そこで今回は職場の近くへ引っ越すことによって得られる様々なメリットについて紹介します。

【スポンサーリンク】

通勤時間の短縮

遅刻しそうで走る男性サラリーマン忙しい朝の10分はとても貴重な時間です。

単純に通勤時間に余裕が生まれることは、この貴重な10分が得られることになります。

ダラダラ過ごす夜の10分ではありません。貴重な朝の10分です。

この10分が毎朝積み重なると考えてください。そして当然ながら帰宅する時間も加わります。

一年間に200日出社するのであれば、4000分もの時間の節約です。約67時間です。これがもし30分もの通勤時間が短縮が出来れば、往復で12000分、200時間です。約8日分です。

一年間に8日分もの時間が得られるのであれば、家賃が少し高いことを考えても非常にメリットが大きいのではないでしょうか。

交通費削減のメリット

駅の自動改札交通費が支給されない職場であれば、単純にその分の金額を節約することが出来ます。

浮いた交通費を現在の家賃にプラスして引っ越し先を決めるだけで、大幅な時間の節約が可能です。

また会社から交通費が支給されている場合でも、大きなメリットがあります。

会社から交通費が支給されなくなると、実は会社からの評価が上がります。

能力や給料が同じぐらいの同僚がいる場合、どちらがリストラ対象になるでしょうか。

交通費が高いということは、少なからずマイナス評価になります。

また会社の近くに引っ越しきたと聞いた上司にも好印象を与えることになります。やる気アピールになるわけです。

交通費の削減は、少なからず会社からの評価が上がります。

体力の温存

混みあっているホーム長時間の通勤で疲れて出社した人と、職場の近くから元気に出勤してきた人では、仕事の能力にも違いがあります。

職場の近くに引っ越すということは無駄な体力を使わないだけではなく、睡眠時間も確保できるので仕事の質を向上させる可能性が高くなります。

体力のある若い内はまだいいのですが、年齢を重ねるほど疲れは積み重なってしまいます。

当然健康状態にも影響を与えます。大げさなことではなく、将来の医療費を節約することにつながるわけです。

もちろん帰宅も楽なので自由な時間も増えます。疲れが少なくて身体をリフレッシュする時間もあるわけです。

「会社帰りに一杯!」という場合にもメリットが多いです。タクシー代のことを考えればさらに「もう一杯」いけるかも知れません。

【スポンサーリンク】

まとめ 可能性を探る重要性

家族がいる方は簡単には引っ越しできませんが、一人暮らしの方であれば職場の近くへの引っ越しを考えてみてもいいのではないでしょうか。

東京の都心部だと家賃がもの凄く高くなるのかも知れませんが、1時間もの通勤時間を30分に短縮するだけでも、大きなメリットがあるものです。

歩きスマホをする女性通勤時間も上手に活用すれば情報収集やトレーニングをすることも出来ますが、やはり少ないに越したことはありません。

参考通勤で出来るトレーニング

また引っ越しをすると、イヤでもモノを処分することになります。

実は引っ越しが多い方ほどモノへの執着が少なくなるので、お金が貯まりやすい体質になると言われています。

引っ越し費用や敷金礼金のことを考えると、ある程度のまとまった金額が必要ですが、職場の近くに引っ越すことには余りあるメリットがあることを覚えておいてください。

時間の余裕が生まれれば生活が豊かになります。体力が奪われなければ健康になります。当然仕事の質も向上します。

会社側からすると交通費を削減した上で仕事の質が向上してくれるわけです。そんな素晴らしい社員を会社が無下に扱うわけありません。確実に出世のチャンスが近づきます。

職場の近くに引っ越すことには多くのメリットがあります。一時的にお金は必要ですが、特に一人暮らしの方は検討してみてください。

もちろん家庭を持っている方でも、家族の理解が得られるのであれば、検討する価値は十分にあると思います。

最近引っ越した人は実感していると思いますが、引っ越す前の準備は所有しているモノと向き合うことになります。

いかに無駄なモノを購入していたのか、使いもしないモノを購入していたのか、深く実感することになります。ここでの学びは人としての成長にもつながります。

本当に大切なモノ、必要なモノが見えてきます。

無駄なモノを手放して肩の荷を下ろしてください。フットワークが軽くなった身体で通勤時間まで短くなれば、仕事の結果に繋がらない方が不思議なぐらいです。

もちろん全ての方が職場の近くに引っ越せるわけではありませんが、少なくとも検討する価値は多いにあると思います。可能性を探っている内に、意外な選択肢が見つかるかも知れません。

もしあなたが社長なら、会社を自宅の近くに引っ越しさせてもいいわけです。

たとえ引っ越しが無理だとしても、電車やバスの乗り継ぎの新しいタイミングが見つかるかも知れません。

始めから諦めていると、その選択肢が見つかることはありません。

結婚を意識した途端にゼクシィという雑誌が現れます。子供が生まれた途端に街中にベビーカーが増えます。アウディを購入しようとした途端に街中にアウディが増えます。

認識が変わると、それらの情報が目に飛び込んできます。情報が増えたわけではありません。認識が変わる前は目に入らなかっただけです。

これは引っ越しに限った話ではありません。節約も無理だと決めつけていると、選択肢が目の前に現れても気がつきません。

一方で日頃から節約の意識があると、新しい情報が目の前を通り過ぎると、パッと掴むことができるわけです。

直ぐに結果が出ないとしても、無意識が勝手に情報を見つけてくれるようになるので、今まで思いもしなかった方法が見つかるようになります。

引っ越し費用の節約方法だったり、住宅ローンや火災保険の節約方法だったり、今まで目の前を素通りしていた情報が飛び込んでくるようになります。

始めから諦めないでください。たとえ引っ越しが無理だとわかっても、何かしら出来ることが見つかるものです。認識を変えないと見えるものは変わりません。


down

コメントする