節約はレジャー!

カップラーメンを節約の観点から考察!健康面の解決策も紹介

カップラーメンで節約!

美味しそうなカップラーメン日本の多くの方が、カップラーメンのお世話になったことがあると思います。

カップラーメンは栄養や健康面が指摘されることがありますが、極端に偏らなければ調理時間や食費の節約につなげることが可能です。

そこで今回はカップラーメンで節約をする方法を紹介します。また栄養面の解決策も紹介します。

【スポンサーリンク】

カップラーメンのメリット

料理が出来ない女性カップラーメンは誰でも調理出来ますので、料理が苦手な方や嫌いな方にとっては、食費の節約だけではなく、調理の時間や嫌いな作業をするストレスを減らす効果もあります。

また洗い物の時間も考えると、大きなメリットがあることに気づくと思います。

家事に疲れている主婦は、自分しか食べないお昼ご飯ぐらいは、カップラーメンにするというのは、食費の節約だけではなく、ストレス軽減効果もあるということです。

節約という観点では、カップラーメンよりも五袋入りのインスタントラーメンの方が、一食当りは安く済みますが、洗い物の時間や手間を考えると、やはりカップラーメンも優秀です。

当然時間がない時にも向いています。このようなメリットを意識すると、生活に合わせて上手に組み合わせることが出来るのではないでしょうか。

カップラーメンのデメリット

一方でカップラーメンのデメリットを考えると、やはり健康面の不安、栄養の偏りではないでしょうか。

栄養の偏りはカップラーメンやインスタントラーメンに限った話ではなく、外食で普通のラーメンを食べても同じですが、外食の場合は他にも選択肢があるので、自然と体が足りない栄養素を欲して他のメニューが食べたくなるものです。

参考食べたいモノを食べると健康になる理由

美味しそうな炒飯カップラーメンの場合は、どうしても種類が限られるので偏りやすくなります。味噌や醤油という違いはありますが、炒飯や野菜炒めというわけにはいきません。

たまにカップラーメンを食べるぐらいで、栄養が不足することはありませんが、やはり毎食のように食べ続けるるとリスクは高まります。

ですが、最近はノンフライ麺や生麺、カロリー控えめの「はるさめ」のように、健康面を考慮したカップラーメンも多く販売されています。

中にはフリーズドライ製法で、シャキシャキの野菜がトッピングされているカップラーメンもあります。

料理が苦手で毎日のようにカップラーメンに偏っている方は、そのような健康面を考慮しているカップラーメンを積極的に選ぶことで、健康面のリスクを減らすことが出来ます。

プラスα

たまにカップラーメンを食べるのであれば、それほど栄養面は気にする必要がありませんが、毎日のように食べている方に向けて、カップラーメンの栄養をプラスするテクニックを紹介します。

カップラーメン用の具

まさにカップラーメンやインスタントラーメンの専用の商品です。

様々なメーカーのモノがあり、小分けにされているタイプも売られています。

100円ショップやドラッグストアのカップラーメンのコーナーの近くに売られています。

料理が苦手な息子さん向けに仕送りするのも良いかと思います。

お味噌汁の具材が少ないときにも重宝します。

カットワカメ

増える乾燥ワカメも王道だと思います。

これもカップラーメンやインスタントラーメン限らず、様々な料理に使用することが可能です。

昆布だとダシが出過ぎて料理の味が変わってしまいますが、ワカメはカップラーメンと相性抜群です。

こちらも100円ショップからドラッグストア、スーパーで売られています。

また乾燥ワカメだけはなく、エビや小魚が加えられているタイプもあるので、栄養面ではそちらもおすすめです。

高野豆腐

私が個人的に最もおすすめしたいのが、この高野豆腐です。

高野豆腐はタンパク質や鉄分が豊富で、カップラーメンで不足しがちな栄養素を効率よく補うことが出来ます。

高野豆腐には様々な大きさのモノがあるのですが、細かくカットされているタイプがおすすめです。

高野動は正しくは水で戻してから使うものですが、細かくカットされているタイプであれば、カットワカメのように直接入れても問題ありません。

ただし入れ過ぎは注意してください。スープが少なくなってしまいます。

私が高野豆腐を入れる時は、お湯を入れる線より少しだけ多めにお湯を入れて調整しています。

切り餅

切り餅はお湯を入れて3分では柔らかくならないのですが、切り餅を入れてお湯を注いだ後、3分経ってからラーメンの下に忍ばせておくと、麺を食べ終わる頃に、ほどよく餅が柔らかくなってくれます。

カップラーメン一つだけでは、物足りない方に使えるテクニックです。

大盛りタイプのカップラーメンもありますが、餅を足すだけであれば、塩分の取り過ぎにならずに済みます。

力うどんに餅が入っているように、決して相性は悪くありません。切り餅の厚さを考えて最後に食べてください。

他にも麩や海苔、ちりめんじゃこなどの乾物をトッピングするのも良いと思います。毎日のようにカップラーメンに偏っている方は、これらのような商品を上手に組み合わせて、栄養を補って健康面に配慮してください。

【スポンサーリンク】

まとめ 加減の問題

陳列された様々なカップヌードルカップラーメンを毛嫌いする方もいますが、ほどよく取り入れる分には問題がないのではないでしょうか。あくまでも加減の問題だと感じます。

食費の節約、そして何と言っても「時間の節約」にこれほど便利な食品は多くありません。

参考時間を節約するポイント

冷凍食品もチンをするだけで手軽ですが、お皿やスプーンなどの洗い物が増えてしまいます。また冷凍庫という限られたスペースを取られることにもなります。

カップ麺の紙の器また数年前からカップラーメンの器の発泡スチロールが、紙製に変わる流れがあります。各社が頑張って健康面も考慮して開発をしているのだと思います。

海外旅行から帰って着た時に、真っ先にカップラーメンを食べるということも珍しくないのではないでしょうか。カップラーメンは日本の食文化の一つと言っても良いと思います。

もちろん極端に偏ることはおすすめしませんが、疲れた時の息抜きや忙しい時など、上手に組み合わせてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、少し前に「香り七味」なる調味料を購入しました。

参考「香り七味」が最高過ぎる!

たかが調味料の七味唐辛子なのですが、一般的な七味に比べて香りが豊かで、凄く気に入っています。今まで七味唐辛子を振りかけていた料理の全てのレベルを引き上げてくれるので、カップラーメン(みそ)とも相性抜群だと感じています。

七味唐辛子が好きな方は、ぜひ試してみてください。

先日、初めて行ったラーメン屋さんが、あまりにも美味しくなく、しかも850円もしました。

外国のカップラーメン改めてカップラーメンの凄さを感じる出来事になりました。少し高めの200円ぐらいのカップラーメンは、その辺のラーメン屋さんよりも美味しいことは珍しくありません。

カップラーメンを毛嫌いしている方こそ、試してみてほしいと思います。新たな発見になると思いますよ。

ちなみにカップラーメンの汁を流しにそのまま流してしまうと、排水溝のつまりの原因になります。

カップラーメンの汁を具材ごと流すことがダメなのはもちろんですが、汁だけで流す時でも、同時に水道水を流しながら混ぜると、排水溝が詰まりにくくなります。

参考排水溝の掃除と詰まらせない工夫

節約やエコという観点からは、カップラーメンの汁を全て飲み干した方が良いのかも知れませんが、健康面のことを考えると難しいと思います。

この辺の線引きは自由ですが、汁を捨てるとき場合は直接流さないように気を付けてください。

適度にカップラーメンを取り入れて、豊かな生活をおくってほしいと思います。


コメント

  • 高野豆腐試してみました、意外と美味しかったです!
    先日テレビで高野豆腐の栄養が素晴らしいと紹介されていたので、カップラーメンにプラスするのはいいですね、調子に乗って入れ過ぎると見事にスープがなくなりましたがw

    by せっつん €

down

コメントする