節約はレジャー!

燃費が悪くなる原因を理解して適正値に近づけよう!

エコドライブの落とし穴

自動車のペダル燃費を向上させる方法として、様々な「エコドライブ」が紹介されていますが、中にはとんでもない意見や危険なものまで混ざっています。

参考リスクの高い燃費節約テクニック!

もちろん素晴らしいエコドライブもあるのですが、運転に不慣れな方がエコドライブにとらわれ過ぎるのもよくありません、気を取られて事故を起こしてしまっては元も子もありません。

車の燃費は様々な条件で左右されているのですが、エコドライブのような運転方法の他にも燃費に影響を与える要素がたくさんあります。

そこで今回は燃費が悪くなる様々な原因を紹介します、それらを理解して対策をすることで燃費を適正値に戻してほしいと思います。

【スポンサーリンク】

燃費が悪くなる原因

1 タイヤの空気圧

パンクしたタイヤタイヤの空気圧が低下してしまうと燃費が悪化してしまいます、タイヤがたわむことで設置面積が増えて抵抗が増してしまうからです。

自転車でも空気を入れると軽くなることがあると思います、自動車のタイヤも同じように影響を受けています。

さらに空気が不足すると本来のタイヤの性能を発揮することが出来なくなるので、ブレーキや横滑りなどの安全性も損なわれてしまいます、そしてタイヤの寿命も縮めてしまいます。

理想はタイヤの空気圧は毎月調整することですが、せめて半年に一度ぐらいは調整をしてください。

大抵のガソリンスタンドで空気圧を調整してもらうことが出来ますが、最近の車はパンク修理剤と共に空気を入れるコンプレッサーも付属しているので、それを利用して自分で調整することも出来ます。

ちなみに昔はタイヤの空気圧を適正値の二割増しぐらいで入れると良いとされていたのですが、最近の車はエコの観点から適正値そのものが昔よりも高く設定されています

特にエコモデルの場合だと相当高い空気圧に設定されているので、極端な入れ過ぎにはならないように気をつけてください、乗り心地が悪化してしまいます。

2 荷物

車のトランク車の中に無駄な荷物が多くあると、重たくなって燃費が悪化してしまいます。

特に車両重量が軽い軽自動車やコンパクトカーほど影響が大きい傾向があります。

スペアタイヤを外してパンク修理剤が積まれるようになったのも車両重量軽くして燃費を向上させるためです、それぐらい燃費に影響を与える原因になっています。

特にゴルフバックなどの重量があるものを積みっぱなしにしないように気を付けてください。

3 メンテナンス

エンジンルームの整備車検を一部の激安店で済ませると適正な整備を受けることは出来ません、整備ではなく車検を合格させるための基準だけで判断しているので、性能が落ちて燃費に悪影響を与えます。

自動車には定期的に交換が必要な部品やオイルがたくさんあります、それらを放置することで性能が下がるだけではなく、最悪は故障してパーツごと交換が必要になる場合もあります。

消耗品を節約し過ぎると結果的に高くつくことも多いので、きちんとした整備工場で車検を受けることをおすすめします。

4 エアコンの使い方

自動車はエアコンを使用することで燃費が悪化します、だからと言って我慢して汗だくになれば安全運転など出来ません。

車のエアコンは効率的に使用することで、無駄を減らすことが出来ます。

炎天下に直射日光を浴びた車の中は、とんでもない温度に上がります、真夏日だと70℃近くまで上がることもあるそうです。

その車内の温度をエアコンだけで下げては効率が悪いです、しばらく窓を開けて走行して車内の空気を入れ替えてからエアコンを使ってください。

大きく開いた車のドアおすすめなのは車に乗る前にドアの開け閉めを何度か繰り返すことです、これだけで車内の空気を外の空気と入れ替えることが出来ます。

ポイントはドアを二か所開けることです、後部座席のドアを少し開けておき、運転席のドアを何度か大きく開け閉めします。

また駐車場を選ぶことも大切です、夏は日陰、冬は日向を選ぶことでエアコンの負担を減らすことができます。

5 オーバードライブ、エコモード

車にうとい方に多いのですが、オーバードライブやエコモードになっていない場合があります。

オーバードライブを簡単に説明すると「燃費のいい走行モード」です。

そのオーバードライブのスイッチを押すと、その「燃費いい走行モード」ではなく加速や減速を行いやすい「キビキビモード」になります。

車に慣れている方であれば道路状況によって使い分けることも出来るのですが、基本的にはスイッチを入れていると燃費が悪化します。

そして少しややこしいのが、オーバードライブのスイッチを入れると、オーバードライブがOFFになります。

あのスイッチはオーバードライブをONにするスイッチではなく、OFFにするスイッチです。

メーターにオーバードライブ(OV)OFFと表示されていれば、スイッチが入っていること(キビキビモード)になるので、燃費の為にはON(ボタン解除)しましょう。

オーバードライブの表示メーターからOV/OFFなどの表示が消えればOKです、シフトノブの周辺にボタンがあると思います。

エコモードもオーバードライブとは仕組みは違いますが、同じようなイメージです「キビキビモード」と「燃費のいいモード」をスイッチ一つで切り替えられるので、通常はエコモードにしておきましょう。

この辺は車によっても違うので気をつけてください。

【スポンサーリンク】

まとめ

車内車の燃費が悪くなる原因は色々ありますが、運転だけではなく車のコンディションによっても左右されます。

きちんとした車のメンテナンスを心がけることで、多くは解決してくれます。

車から無駄な荷物を降ろし、タイヤの空気圧を調整してください、そして適切な整備を行ってください。

自転車もメンテナンスを怠れば油切れを起こします、ペダルが重たくなったりブレーキの効きが悪くなります、そしてカゴに荷物を入れても重たくなります。

 

自転車のように人力だと僅かな違いを実感しやすいですが、車のエンジンだと中々実感することが出来ません、だからこそ日頃からきちんとメンテナンスをしてほしいと思います。

燃費が悪い状態の車でエコドライブをしても効果は期待出来ません、きちんと車を整備することは燃費が良くなるだけではなく、安全運転にもつながります。

燃費を良くするテクニックも大切ですが、燃費が悪くなる原因を理解してほしいと思います。


down

コメントする