節約はレジャー!

食べたいモノを食べると健康になる理由、好きなモノとの違い

食と健康

美味しそうなカレーライス先日、テレビを見ていると興味深い内容が紹介されていました。

「カレーが食べたくなった時は風邪のひきはじめ」

という情報です。

簡単に要約しますと、ウィルスが体内に侵入してくると体は臨戦態勢に入ります。ウィルスと戦う免疫細胞が活動的になります。その時にカレーを食べたくなるのだそうです。

カレーに含まれているターメリック(ウコン)にはクルクミンという成分が含まれており、クルクミンは肝臓の機能を活発にする効果があります。

人間の脳は過去にカレーを食べた時に肝臓の機能が向上したことを記憶しており、無意識にウィルスと戦う為にカレーを欲するようになるのだそうです。

無意識に食べたくなるモノというのは、それなりに理由があります。

【スポンサーリンク】

食べたいモノと好きなモノ

「食べたいモノ」と「好きなモノ」は違います。

バーベキューの肉普段あまり肉を食べない人が、たまに「肉を食べたい」と感じた時は、身体がタンパク質なり、鉄分なりを欲している可能性があります。

甘いものが苦手な人が時々食べたくなるのも同様です。脳が今必要な栄養素を求めて食べたくさせてきます。

そして、そのような状態で食べた物は脳が満足するので、とても美味しいと感じます。

この美味しいかった時の記憶だけを頼りに、好きな食べ物を選ぶと満足度が下がってしまいます。

前に食べた時はもっと美味しかったのに・・・と誰もが感じたことがあるのではないでしょうか。

その時々の身体の状態によって美味しいと感じる栄養素は違います。どんなに好きなモノでも食べたいときに食べないと満足度は少なくなります。

食べたいモノを見極める方法

身体が欲している栄養素が含まれている食べ物を見極めるには、常識に惑わされないことです。

シンプルな掛け時計ここでいう常識というのは決まった時間に食べるという常識です。

お腹が空いていない状態なのに、いつもの時間だからと食事を取ると、脳が求めている栄養に出会えません。

そもそも脳が栄養を求めていない状態なので、どんなに好きな食べ物でも満足度が下がってしまいます。

身体が欲している栄養素を見極めるには食事を抜くことが最も簡単です。水分はとって構いません。

普段から三食きちんと食べている方は、一食抜くだけでもの凄くお腹が空きます。この時に心から食べたいモノが、その時の身体が欲している栄養素が含まれている料理の可能性が高いです。

この時に炭水化物がメインの料理が思い浮かぶと、それほど栄養は不足していないということです。炭水化物は主にエネルギー源となるカロリーを摂取することが目的です。

カロリーは身体に蓄えられた脂肪でも十分に代用できるので、本当に欲している栄養素ではなく、空腹感を満たす為に欲しています

一方で肉や魚や野菜やキノコや貝類など、特定の食材を食べたくなった時は、まさにその食材に含まれている栄養素を欲しているということです。

ケーキ疲れている時に甘い物を欲したりするものです。これが、まさに脳が無意識に求めている証拠です。

油分を求めれば揚げ物が食べたくなるものです。塩分を求めれば味の濃い料理が食べたくなるものです。

寒ければ体温が上がるモノを欲します。暑ければ体温を下げるモノを欲します。

食べたくなるモノは脳が欲しているので、とても美味しく感じられて満足度が高い食事になります。

自分の脳の声に耳を傾けてください。それが最も美味しく食べ物を頂くコツです。

食欲がわかない時は、食事の時間だからと無理やり食べる必要などありません。脳が食欲を落とす理由が必ずあるので、食事を抜くなり、減らすなりして構いません。

粗食のすすめ

シンプルな卵かけご飯食べたいモノを見極める為にわかりやすいのが、食事を抜くという方法なのですが、普段の食事を質素にすることでも同様の効果があります。

質素といいますか、量を減らしたり、粗食を中心にすることで必要以上に栄養素を取らなくて済みます。

そしてたまに「○○を食べたいな~」と感じた時だけ食べれば、とても満足度の高い食事になります。

美味しく感じるのはもちろん、身体が欲している栄養素なので消化吸収も適格に行われます。

栄養が不足しはじめてから摂取しても十分間に合います。昔の日本人の食生活がまさにそうだったのではないでしょうか。粗食が中心で特別な日にだけ「ご馳走」がふるまわれていました。

現在のように日常的にご馳走に恵まれていると、不必要な栄養素まで蓄積されていきます。それが脂肪だけならいいのですが、内臓にまで影響を与えると病気になってしまいます。

現代の病気の多くが栄養過多が原因と言われています。栄養が不足することなど滅多にありません。

習慣のリスク

どんなに健康に良いとされていることにもリスクがあります。

朝昼晩とご飯を食べることが正しいという習慣がありますが、これだって全ての人に当てはまるとは限りません。

田植えをする男性昔の多くの人は体を動かす仕事をしていたので、しっかりとカロリーを摂取する必要がありましたが、現代人はそれほど多くありません。

太っているということは、まさに栄養過多の状態です。

同じ食べ物でも脳が欲しているときと、そうではない時では満足度が違います。

これはお腹がいっぱいの時に大好物を食べても満足度が低いのと同じです。求めていないので脳がストップさせようとしているわけです。

日頃からご馳走ばかりを食べている人は、実は食事の満足度が低いです。脳は常に必要十分な栄養素を得ている状態なので、美味しく感じさせてくれません。

一方で粗食を心がけている方は、たまに食べるご馳走に非常に高い満足度を得られます

星のついたレストランでしか満足しない美食家と、極貧生活をおくっている人が半年ぶりに食べる吉野屋の牛丼では、どちらが美味しいと思いますか?

【スポンサーリンク】

まとめ 本能と向き合う方法

苦そうなゴーヤ「良薬は口に苦し」という言葉がありますが、本当に身体が欲している食材は苦味があっても美味しく感じられるものです。

これはカカオが多く含まれているチョコレートで試すとわかりやすいです。苦く感じるときは身体がカカオのポリフェノールを求めていません。逆に美味しく感じられる時は欲している時です。

のどが渇いている時に飲む水は間違いなく美味しいですが、高級なミネラルウォーターでものどが潤えば美味しさは感じません。

普段からご馳走にありついているというのは、常に水を飲み続けているようなことです。

ペットボトルの水を飲む女のここれでは水を飲んだ時の満足度が得られることはありません。

水は多少飲み過ぎてもおしっことして排出されますが、栄養素は身体の中に蓄積されていきます、一定のラインを超えると病気になってしまうわけです。

どんなに健康に良いとされている食材やサプリメントも、必要以上に摂取しては毒になってしまいます。

身体が本当に食べたいと感じているモノを食べると健康になります。自然とバランスを取ることになります。

その身体の声を感じる為に、日常の食生活を減らすなり、質素にしてみることをおすすめします。

昔ながらの醤油ラーメンたまにラーメンが食べたくなった時に食べるとすごく美味しいものです。身体が欲しているのでスープまで飲み干してしまうかも知れません。

逆にラーメンが好きだからと毎日のように食べている方は、とてもスープなど飲み干すことができません。身体が必要としていないので受け付けません。

またラーメン好きな方ほど、ラーメンで美味しさを感じられません。最高に美味しいラーメン(技術的な)を知っているだけに、「麺の太さが・・・」「スープの雑味が・・・」「メンマが余計だ・・・」など、判断基準が増えてしまい、減点法で判断してしまいます。

「好きなモノ」と「食べたいモノ」を混同しないでください。大好物ほど食べたくなるまで待つことで満足度が上がります。

参考ご馳走を見つける方法

甘そうなケーキ心から甘いものを欲した時はどうぞ食べてください。ただし、三時のおやつだからと習慣で食べる必要はないということです。

風邪のひき初めにカレーが食べたくなるように、脳は様々な過去の経験をもとに「食べたいモノ」を無意識に「美味しそう」だと選んでくれます。

健康診断の数値をもとにサプリメントを取るのが悪いとはいいませんが、自分の身体の声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

少し食べる量を減らすだけで脳の声を感じ取るセンサーが働いてくれます。空腹感が食事の満足度を確実に上げてくれます。

そしてこれは、節約とも相性が抜群です。

食費が減るのにも関わらず、食事の満足度があがります。そして健康になります。最高の節約健康法ではないでしょうか。

食事の量や回数は、仕事や年齢や体調によっても違うので、一概に正解があるわけではありませんが、少し量を減らしたり、休日に一食我慢するぐらいは誰でもできると思います。

ダイエットと考える必要はありません。美味しく頂く為に食事の量をコントロールしてください。

一食抜いたあとの食事の美味しさを知ってください。本当に自分が食べたいモノと向き合ってください。好きなモノと混同しないでください。

いつもより美味しくて健康な食事になると思います。


down

コメントする