節約はレジャー!

車のガソリン代を安くする方法!相性がいいのは楽天カード

車のガソリン代を安く

セルフ式のガソリンスタンド車の燃費をよくする様々なテクニックがありますが、ガソリン代そのものを安くするのも立派な節約です。

ガソリンの価格は基本的には地域によって定めれれており、どこで入れてもそれほど大差がないのですが、たかが2円の価格差でも50リットル入れれば100円の違いになります、チリも積もりやすいのがガソリンの価格差です。

そしてガソリン価格は世界情勢や為替の影響で大きく変動することもあります。

そこで今回は車のガソリン代を安くする方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

最安値を調べる方法

ガソリン代は地域によって違うので、どこのガソリンスタンドが一番安いとは言えないのですが、ある程度は調べることができます。

こちらのサイトのフリーワードという欄にあなたの地域名を入れて検索してください。

gogo.gs

入力した地域のガソリンスタンドのガソリン価格が表示されると思います。

さらにセルフ給油の項目にチェックを入れるなど条件を絞ることも可能です、さらに素晴らしいのが会員価格まで表示されることです。

近所のガソリンスタンドの中で、この会員価格が安いところがおすすめのガソリンスタンドです。

いくらガソリン価格が安いからといっても行く用事がない方向は選ばないでください、通勤途中や生活圏の中で探してください。

会員価格とは

会員カードガソリンスタンドの会員価格とは、一般的にはエネオスや出光などの大手石油メーカーのクレジットカードを使用した場合の価格になります。

またガソリンスタンドによっては独自の会員システムを設けていることもあり、別のポイントカードなどがあるケースもあります。

こちらは洗車チケットや整備代の代金もポイント還元されることもあり、判断が難しいところではあります。

同じエネオス系だとしても運営会社によって違うので何とも言えません。

おすすめは楽天カード

私がおすすめするガソリンスタンドはエネオスと出光です、どちらも楽天ポイントと相性がいいからです。

エネオスであれば楽天カードでポイント還元が2倍になります、これは単純に2%割引相当になります。

エネオスが発行しているクレジットカードでも1リットル当たり2円引きしてくれますが、条件があります、ガソリン価格が100円を超えている場合は楽天カードの方がお得になります。

ちなみに最近の私は出光でガソリンを入れています、こちらはキャッシュプリカというSuicaのような電子マネーがあり、これだけで2~3円引きになります。

楽天ポイントカードさらにそこから楽天ポイントカードで1%還元してくれます。

ガソリン価格にもよりますが、合計3%近く安くすることが出来ます。

他にも多くの石油メーカーがクレジットカードを発行しており、それぞれ様々なポイント還元を行っているのですが、正直あまり大差はありません。

またクレジットカードの使用額によって割引が増えることもあるのですが、月に一度ぐらいしかガソリンを入れない方にとって、これもあまり魅力的ではありません。

お仕事で毎日のようにガソリンを入れる方には、お得かも知れません。

ですがその場合はガソリン代を経費で落とせると思うので、やはりクレジットカードのポイントは自分への還元にした方がお得だと思います。

ノーブランドの激安店

ノーブランドのガソリンスタンド大抵の地域には大手の看板を掲げていないガソリンスタンドがあります、そしてどこよりも安いガソリン価格で販売しています。

このようなノーブランドの給油所が独自にガソリンを精製しているわけではないのですが、その都度安いところから仕入れることでコストを抑えています。

稀に「水で薄めているから安い」などと噂が立つこともありますが、おそらくそんなことはないでしょう、そう信じるしかありません。

ガソリンの中身は様々なメーカーのガソリンが混ざっているので、品質が良いとはいいませんが、そのようなガソリンスタンドを選ぶのも一つの選択肢ではないでしょうか。

大抵はクレジットカードがダメで「現金価格のみ」となっています、単純な安さで言えばノーブランドのガソリンスタンドが地域で一番安い可能性が高いです。

石油価格

為替変動のグラフガソリンの価格は石油の価格と為替相場に左右されます。

この変動を読み切ることで、この先数週間のガソリン代を見極めることも出来ます。

変動を読むという大げさなのですが、ニュースで大きな動きが報道されると、一週間から二週間ぐらいでガソリン価格に影響を与えることがあります。

来週から高くなるようなニュースが報道されれば、ガソリンが半分ぐらい残っていても給油することで節約になります。

逆に安くなりそうな場合は、あまりたくさん給油をしないでおくのも節約の一つです。

ガソリン価格が5円ぐらい変動することも珍しくありません、50リットルだと250円もの差があるのでタイミングも意識してください。

【スポンサーリンク】

まとめ

どうしても様々なポイントカードやクレジットカードが増えると管理が大変になります、そしてポイントが還元される前に期限切れになることも珍しくありません。

さらに財布を落とした時のリスクが上がります、全ての銀行とクレジットカードを停止させるのはかなり大変です。

そのような考えもあり、私は楽天ポイントに絞っています、エネオスと出光との相性が良いからです。

たまに激安のガソリンスタンドで入れることもあるのですが、大抵は車の行列が出来て渋滞しているので、いつもスルーして近所のセルフ式の出光で給油しています。

待っている間にもガソリンは消費しますし、何よりも時間が無駄だと感じてしまいます。

自分で給油この辺は考え方次第ですが、自分で給油をするセルフ式が苦手な方にとっては、店員さんが給油してくれるノーブランドに並ぶ価値があるのではないでしょうか。

またポイントカードやクレジットカードも全てしっかりと管理が出来るのであれば、それぞれのカードを揃えることで節約になると思います。

なるべくなら一円でも安くガソリンを入れたいものですが、自分なりのポイントを見極めて上手にガソリンを節約してほしいと思います。


down

コメントする