節約はレジャー!

燃費向上グッズはあやしい?メーカーが採用しているのはコレ

自動車の燃費向上グッズ!

スマホを固定するカー用品カー用品店に行くと様々な自動車のグッズが販売されているものです。

中でも入れ替わりの激しいアイテムが「燃費を向上させるグッズ」の数々です。

このような商品は昔からあるのですが、次から次へと新しいものが販売されては消えていきます。

多くの燃費向上グッズは数年で消え去りますが、中にはメーカーにまで採用されることになった素晴らしいグッズもあります。

そこで今回は効果のない燃費向上グッズと、効果のある燃費向上グッズ(?)を紹介します。

【スポンサーリンク】

ダメなグッズの見極め方

エンジンルームの整備ちょっと厳しい言い方をしますが、ほとんどの燃費向上グッズに効果はありません。

新開発されたものであれば燃費が向上する可能性がありますが、過去の多くの燃費向上グッズが生き残っていないところを見ると、やはりどれも効果がなかったのだと思われます。

昔からよくあるパターンを紹介すると、燃料が流れるパイプに巻き付けてガソリンの質を上げるグッズだったり、エンジンが空気を吸い込むパイプの中に取り付けて、効率よく空気を取り入れさせるようなグッズがあります。

これらで本当に燃費を向上させる効果があるのであれば、自動車メーカーは間違いなく取り付けます。特許を買い取ってでも装着するはずです。

各自動車メーカーは莫大な予算をかけて自動車を開発しています。特にエコタイプの車ではライバル車と燃費競争になるので、死に物狂いで燃費を向上させてきます。

目に見えない箇所を徹底的に軽量化したり、スペアタイヤを外してパンク修理剤だけにしたり、中には燃料タンクを小さくしてまで軽くしたり、出来ることなら何でもして燃費を向上させようと開発しています。

カー用品店に売られているグッズを取り付けるだけで数%もの燃費が向上するのであれば、全ての自動車メーカーが採用すると思います。

ちなみに十数年前に「アーシング」という手法が流行ったことがあります。アーシングとは車で使われている電気の流れを改善させて燃費を向上させる目的で考えられたグッズです。

当時は様々な自動車雑誌でアーシングの効果について取り上げられ、そして様々な検証がされた結果、実際に多くの車の燃費が向上するという結果がでました

実際に当時の私の車にも取り付けてみたのですが、やはり燃費が向上したように感じました。

特に古い車ほど効果があるとされ、アーシングキットはカー用品店だけではなく、ホームセンターでも売られるほど人気の燃費向上グッズになりました。

参考カー用品の節約はホームセンターがお得!?

これほど燃費向上の効果と話題になったグッズでも、自動車メーカーは採用していません。

その理由はバッテリーのメンテナンス程度の効果しかないからだと言われています。バッテリーのメンテナンスとは、バッテリー液の補充や比重の検査だけではありません。

参考車のバッテリーの寿命を見極める方法

錆びついたバッテリー端子バッテリーの端子の表面の錆や汚れを落として接点を良くすることもメンテナンスに含まれます。

現在ではアーシングによる燃費向上の効果は、このバッテリーの通電不慮の改善の効果だと言われています。

わざわざアーシングのコードを新しく加えなくても、日頃からしっかりとバッテリーをメンテナンスをするだけでよかったわけです。

きちんとした整備工場ではバッテリー端子やターミナルを金属ブラシで磨いて錆びを落としてくれますが、最近は激安車検などで整備の手順を省くケースが増えてしまいました。

古い車ほど効果があるのは、まさにこれが原因だと言われています。ディーラーなどできちんとした車検を受けている車にアーシングを施しても、おそらく燃費向上の効果はありません。

アーシングキットを自分で取り付けられる方というのは、簡単な車の整備を自分で行えるだけに、バッテリー交換を自分で済ませています。だからこそ見落としがちなメンテナンスなのかもしれません。

エレクトリッククリーナー(⇒)という専用商品があるぐらいです。まさに接点を復活させることを目的とされた商品です。それだけ重要な要素ということです。

今回は燃費向上グッズの一例としてアーシングの例を紹介しましたが、多くの燃費向上グッズにも共通しています。

基本的にはメンテナンス程度の効果しかありません

使い古して性能が落ちたエンジンオイルに、オイルの質を向上させる添加剤を入れると効果を実感するかも知れませんが、それは普通のオイル交換による効果と差はありません。

多くの燃費向上グッズは車がもつ本来の性能に近づける効果はあるかも知れませんが、それらは通常のメンテナンスと変わりません。

安易に燃費向上グッズに手を出してしまうと、節約という意味でも無駄になることが多いので気をつけてほしいと思います。

一方で自動車メーカーが採用している燃費向上グッズ(?)も一部にはあります。

低燃費タイヤ

自動車メーカーが採用している燃費向上グッズ、それは「低燃費タイヤ、エコタイヤ」と呼ばれるものです。

低燃費タイヤは従来のタイヤよりも転がり抵抗を抑えて、燃費を向上させる効果があります。

転がり抵抗を抑えるだけであれば、タイヤを細くするだけでいいのですが、それだとブレーキの性能や旋回性能が失われます。

要するにブレーキやカーブで、滑りやすくなってしまいます。

低燃費タイヤの凄いところは、それらのようなタイヤとしての性能をキープしつつ、転がり抵抗を抑えているところです。

詳しいメカニズムについては各社によって違うのですが、これらのような低燃費タイヤが実際にエコモデルの新車に採用されるケースが増えてきました。

自動車メーカーも一定の効果を認めている証拠です。

これがまさに効果のある燃費を向上させるグッズではないでしょうか。

ただし通常のタイヤよりも割高です。たとえ燃費が数%向上したとしても元を取れるか難しい問題です。車の使い方にもよるのですが、通勤で高速道路を使うような方であれ節約効果が期待できます。

もちろん環境意識の高い方が低燃費タイヤを選ぶのであれば意味がありますが、節約という観点から考察するとエコタイヤの価格差の元を取れるのかは微妙です。

ちょうどタイヤの買い替え時にセールなどに当たれば、低燃費タイヤも検討してみてもいいのではないでしょうか。

高性能は別

一方で燃費を向上させるグッズというよりは、車の性能を引き上げることを目的とされたグッズ(パーツ)があります。

それらを取り付けることで燃費が向上することは確かにあります。単純に車の性能が上がることで結果的に燃費が向上します

車の重たいボンネットを鉄ではない軽い素材に交換すれば、車両重量を大幅に軽くすることが出来ます。

実際に大型のカー用品店に行けば、一部のスポーツカー用に軽量のボンネットなどが売られていることがあります。

軽そうなホイール車重が軽くなると燃費が向上します。他にもホイールを軽量タイプに変えることでも燃費が向上します。

参考アルミホイールのメリット、デメリット

レースで使用される人気のスポーツカーなどは、トランクから窓、シートなども軽量のパーツが販売されているものです。

これらは結果的に車重が軽くなることで燃費が向上しますが、本来の目的はサーキットで少しでも速く走るための軽量化(改造)の一種です。

これらは一般的な車の使い方をする人が行うものではありません。そもそも物凄く高価な商品なので、燃費で元を取ることなど絶対にできません。全く節約につながらないので「燃費向上グッズ」とは分けて考える必要があります。

【スポンサーリンク】

まとめ 車にプラシーボ効果?

ダイエットサプリ車の燃費を向上させるグッズを取り付けた方の多くが、初めは効果があったように感じるものです。実際に私もそう感じていました。

このような燃費が向上したという感じは、ダイエット食品の効果と似ています。

高額なダイエット食品を購入した方ほど覚悟が決まっています。損をしたくないという気持ちから、他のダイエットも無意識に行う傾向があります

エスカレーターと会談いつもはエスカレーターだったのが階段になります。様々な行動が無意識にダイエットに引っ張られます。

そして昼食のメニューも無意識にヘルシーなモノを選ぶようになります。

これは高額なダイエット食品や高額なスポーツジムと契約した方ほど効果があります。

逆に安いダイエット食品だと「どうせ効かないだろ」という意識が働き、無意識の行動はそれほど変わりません。

自家用車に燃費を向上させるグッズを取り付けた場合も、同じように無意識にエコドライブになる可能性があります。今まで飛ばしていた人の運転が無意識に落ち着くものです。

普段全くエコドライブを全く意識していなかった人ほど、改善する余地が大きいので燃費が向上したと感じます。

浜辺で青汁をそそぐ人感じるといいますか、実際に燃費の数値がよくなるので燃費向上グッズの効果だと思うわけです。ダイエット食品も実際には運動によって痩せたにも関わらず、食品の効果だと思いこみます。

ですが、時が経つにしたがって効果は薄れてきます。体型も燃費も元に戻ってしまいます。

燃費向上グッズやダイエット食品の効果を本当に信じたがゆえに、無意識の行動をしなくても良いのだと脳が判断し、油断してしまうからです。

逆に普段からエコドライブを心がけている人が、燃費を向上させるグッズ使用しても効果を感じません。普段から体型維持を心がけている人が、ダイエット食品をとっても体型は変わらないようなことです。

人間の身体には思い込みによってプラシーボ効果が働くことがありますが、流石に機械の自動車にはそのような効果はありません。

自動車に現れた燃費の数値の変化は、あくまでも運転している人に現れた変化です。

全ての燃費向上グッズを試したわけではないので、全ての燃費向上グッズの効果が嘘だとは言いませんが、それらのグッズに頼る前にやるべきことがあります。

燃費向上グッズの購入を考えている方は、まずは車から無駄な荷物を降ろしてください。タイヤの空気圧を調整してください。きちんと車をメンテナンスしてください。そしてエコドライブを心がけてください。

参考タイヤの空気圧の入れ過ぎはヤバい!?

燃費向上グッズの検証をするのはそれからでも遅くないと思います。本当に燃費が向上するグッズを見極めるためにも、燃費が悪くなる要素をあらかじめ避けておくことが大切です。

追記 何とトヨタが・・・

驚くべきことに、なんとあのトヨタが一部のスポーツカーに燃費向上効果のあるアルミテープを装着するようになりました。

このアルミテープによる効果を簡単に要約すると、車のボディに流れている電気の流れを整えることにより、空気抵抗が改善されてパフォーマンスアップにつながるそうです。

しっかりとトヨタが特許を取得した技術のようで、高級車のレクサスにも一部採用されているそうです。

自動車メーカーがこのような製品を取り入れることは大変珍しく、自動車雑誌でも話題になりました(⇒の雑誌の上の文字)。

サーキットでスポーツカーがエンジン全開で走るようなケースだと、僅かな空気抵抗の違いでも差を感じられるのかも知れません。

プリウスのようなエコカーも空気抵抗を重視してデザインされているので、アルミテープで僅かでもパフォーマンスの向上が認められるのであれば、いずれ大衆車にも装着されるものと思われます。

コンマ何秒を争うレース車両やスポーツカーには最新の技術が導入されます。そこから一般の車に技術が普及することは珍しくありません。あくまでもコストパフォーマンス次第です。

アルミテープの原価などたかが知れているので、燃費向上が実感できるほどの効果があるのであれば、いずれ大衆車のプリウスやカローラにも装着されるのではないでしょうか。そうなったら試してみるのも良いかも知れませんね。


コメント

  • 確かに最初は燃費が良くなった感じがするのに、そのうち元に戻るんだよなぁ
    俺の運転が変わっただけなのかwww

    by たーじ €

down

コメントする