節約はレジャー!

斎藤一人さんのついてる神社にいって感じたこと。

斎藤一人さんとは

斎藤一人さんは健康食品や化粧品を販売する「銀座まるかん」の創業者であり、本業のほかにも数々の本を出版している凄い方です。

さいとうひとり公式ブログ

私の趣味が読書ということもあり、斎藤一人さんの本には多くの影響を受けました。

斎藤一人さんのことが好きになり、そしてより近くで感じたくなり、代表的な商品である「青汁酢」を購入したこともあります。

斎藤一人さんは一切メディアに登場するこはなく、会いたくても会えるわけではありません。

ある方の本に東京の新小岩にある「ついてる神社」に行くと斎藤一人さんに出会えた体験を読み、たまたま東京に行く用事があった時に行ってみました。

結果から言うと斎藤一人さんに会えることはなかったのですが、「ついてる神社」に行くことで様々な体験を得ることができました。

【スポンサーリンク】

ついてる神社での体験

斎藤一人さんも本の中で語っているのですが、「ついてる神社」と言っても本格的な神社ではありません。お店の入り口の近くに大きめの神棚のような感じで設置されていました。

私が訪れたときは、たまたま他のお客さんがおらず、スタッフの可愛らしい男性が丁寧に参拝方法を教えてくれました。

その途中から次々とベテランらしいお客さんが訪れ、思い思いに参拝をしてはスタッフと談笑するのですが、その方々がまた印象深かったです。

見事に全員笑顔で嬉しそうであり、本当に斎藤一人さんの大ファンなのだと感じました。

さらに驚いたのが商品の購入額です。私は青汁酢一つだけを購入したのですが、多くの方の商品の購入金額が3~5万ぐらいでした。

あまりにもポンポン売れていき、私が滞在していた15分だけでも30万以上の売り上げがあったと思います。

まるでアイドルのファンが金に糸目を付けずに、グッズを購入していくかのようで驚かされました。それだけ斎藤一人さんに救われたのだと思います。

さらに店内を眺めてみると、またまた驚かされました。

質素、質素、質素・・・

とにかく店内が質素なんです。質素という言葉が適しているのかわかりませんが、徹底的に必要のない物は置いていません。

オシャレなコーヒーメーカーもウォーターサーバーもなく、水道水を昔ながらのヤカンでお湯を沸かして、お茶を淹れている常連客もいました。もちろんコンロも昔ながらです。

その水道の蛇口も昔のままであり、さらに蛇口の先端に水の流れを整えるスポンジが取り付けられていました。

若い方は知らないと思いますが、数十年前の家庭にはよく見られた光景です。とても懐かしく感じました。

今でも売っていることに驚いたのですが、本当に昔のままの店内でした。その上にある換気扇も昔ながらのプロペラが回るタイプでした。

斎藤一人さんの本の中でも余計な物を持たない重要性について語られていたのですが、まさに「こういうことか」と感動しました。

斎藤一人さんならいくらでも店内をカッコよく改装したり、凄そうに魅せることは簡単に出来るでしょうが、本質はそこではないということを、見事に感じさせてもらいました。

税金対策をしない一人さん

多くの企業は税金対策という名の下に、それほど必要のない物まで購入します。

もちろん事業に必要な投資であればいいのですが、事業に高級車が必要な業種など稀なはずです。それでも多くの企業は経費で高級車を購入します。

もしそれが一般的な車だった場合、維持費も燃費も悪くないのですが、排気量の大きな高級車は維持費も税金も燃費も高くつきます。

もちろんそれらの費用も経費にできますが、確実に固定費として積みあがっていきます。

たとえ本業が順調でも必要のない物まで背負うことになり、徐々に足取りが重たくなって本業に悪影響を与えることは珍しくありません。

斎藤一人さんは徹底的にこのような無駄を省いているのだと思います。それが「ついてる神社」に行くことで実感できました。

ここが斎藤一人さんの凄さです。日本一税金を納められた理由なのだと思います。

【スポンサーリンク】

まとめ 斎藤一人さんの凄さ

「たくさんの税金を納めるぐらいなら全部使ってしまえ!」という考えの経営者(税理士も含む)も多いのでしょうが、それだとあまり現金は残らず、固定費だけが積み重なっていきます。

経営が傾くと無駄な贅沢品の固定費が首をしめることになり、結局それらを二束三文で手放すことになります。ほとんどお金は残りません。

これは一般家庭にも当てはまることです。

税金対策としては住宅ローンや保険などに限られるかも知れませんが、必要以上の物は固定費、維持費としてじわじわと家計を圧迫します。

高機能な電化製品ほど電気代は高くなります。省エネモデルの家電製品が増えていますが、家電製品の数も増えているので電気使用量はそれほど減っていません。

また家の中の限られているスペースも奪われます。極端なことを言えば、滅多に使用しない物の為に家賃を支払い続けている方もいます。

そしてセールだったからと、ポイントが倍だったからと、お徳用サイズだからといって必要以上に物を購入してしまうと、節約になっているようで、そうでもないことが多いものです。

「ついてる神社」に行くと「足りるを知る」という言葉の意味がよくわかります。

これはケチという意味ではありません。余計な物を抱え込まないことにより、軽快になっている印象を受けました。

だからこそ斎藤一人さんは一般常識にとらわれない、自由な発想が出来るのではないでしょうか。

私は改めて斎藤一人さんのことが好きになりました。興味のある方は「ついてる神社」に足を運んでみてください。斎藤一人さんに会えなくても、何かしら感じるものは多いと思います。

その体感を得てから斎藤一人さんの本を再び読むと、より深い理解が得られるようになるものです。おそらくプラシーボ効果で健康食品や化粧品の効果もアップします。

大好きなミュージシャンのコンサートに行った後は、いつも聴いていた曲でもより臨場感が得られて感動ができるなるようなことです。斎藤一人さんファンだからこそ、「ついてる神社」に行く価値はあると思います。


down

コメントする