節約はレジャー!

節約は時間を見据えた能力を磨くのに最適なトレーニング

節約は苦痛?

イヤイヤ節約をしている人や、仕方がなく節約をしている人も多いと思います。

「できることなら節約なんかしたくない」

これが本音なのかも知れませんが、そのような考え方のまま節約を続けると苦痛を感じてしまいます。

私も節約のスタートは、仕方がなくイヤイヤ始めました。

ですが、途中で考え方をシフトすることができ、現在では節約そのものが楽しめるようになりました。

むしろ節約にならないことをすることに苦痛を感じるほどです。

節約が気持ちいいと感じる人は、特別な努力をすることなく自然と節約ができてしまいます。

【スポンサーリンク】

気持ちいい節約とは?

イヤイヤ行う節約と気持ちがいい節約の違いは、目的の違いです。

節約をして貯めたお金の使い道によって、苦痛にも快感にもなります。

気持ちいい節約を山登りでたとえると、

山頂に到着した瞬間に気持ちよくなるわけではありません。山登りの最中からじわじわと気持ちよさを感じています。

七合目、八合目という目安に到達する度に気持ちよさを感じています。近づいてくる山頂の姿や、そこまで道順をみる度に気持ちよさを感じています。

もちろん山頂に到着した時も気持ちよくなるわけですが、その過程でも気持ちいいので体にとっては苦痛なはずの山登りを楽しむことができます。

一方で苦痛に感じる人の山登りは、

霧で山頂の姿が見ない山登りのようなものです。道順もわからないまま、不安を抱えながら歩き出しているので、まったく達成感が得られません。

もしかしたら山頂に近づくどころか、遠ざかっているのかも知れないという不安を抱えています。

節約が気持ちいいと感じる人は、目的(山頂)をしっかりと見据え、そこまでの道順がハッキリと見えている人のことです。

これは人間だから感じられる気持ちよさでもあります。

時間を見据える能力

人間だけが大きく進化した理由の一つに、時間の概念があります。

目の前の食糧が育つまで待つことができるのは人間だけです。

動物は自ら考えて待つことができないので、そのタイミングを植物がコントロールします。植物にとって食べてもらってもいい頃になると、実が熟れて香りを出し、動物や昆虫をひきつけます。

人間だけが目の前の食糧に飛びつくのではなく、その先の未来を見据えて考えることができます。

山で根こそぎキノコや山菜を採ってしまうと、翌年から生えなくなるので、ほどよくコントロールすることができます。小さな魚を釣ってもリリースすることができます。

おなかをすかせた動物は目の前の食糧に飛びつきます。先のことなど考えられません。

一方で人間は目の前の小さな快楽より、未来のより大きな快楽を選択することができるわけです。

その大きな快楽を手にした途端に、大きな満足をするのではなく、その選択をするための思考段階から、気持ちよさを感じるように脳が進化してきました

山登りの途中から気持ちよさを感じるように、目的のために小さな節約を選択した時に気持ちよさを感じるようになります。

これは身体を鍛えている人も同様です。

つらい筋トレや食事制限やダイエットを行い、見事な身体に仕上がった途端に気持ちよさを感じるのではなく、その過程から気持ちよさを感じているので、はたから見るとつらい筋トレや食事制限をすることができます。

むしろ本人は楽しんでいます。だから続けられるわけです。

一度もダイエットに成功したことがない人は、目的を達成したときの満足感や周囲からの羨望をイメージしにくいので、道順が見えていないような状態です。この状態のまま行動しても苦痛にしか感じられません。先にイメージを変えることが成功のポイントになります。

ダイエット商品のCMなどでは、ダイエットに成功した後の生活の変化を大げさに演出してイメージさせてきます。

身体が痩せただけなのに、きらびやかな撮影場所でメイクも髪型も洋服もバッチリになります。ダイエットの成功後の良いイメージをもたせるように仕向けてきます。

自分の未来のイメージを、そのきらびやかイメージと合致させることができると、ダイエットのモチベーションがアップします。イメージが具体的になればなるほど、そのイメージに強い臨場感があればあるほど、行動にうつしたくなります。

そこで簡単に痩せられるダイエット商品を紹介されると、手に取りやすくなるわけです。

【スポンサーリンク】

まとめ 未来を創造する能力

節約が気持ちいいと感じる人ほど、目的がハッキリとしています。

目の前の小さな快楽よりも、時間を超えた未来のより大きな快楽を選択できます。そのための思考や過程の段階から気持ちよさを感じられるようになります

節約が苦痛だと感じている人は、節約をする目的を改めて理解し、それが達成された後のイメージを具体的に頭の中に描いてください。

海外旅行に行くという目的があるのであれば、その旅行先の情報にたくさん触れてください。さらに空港までの行き方を調べたり、実際に飛行機に乗っている姿を想像してください。これがイメージの具体化です。

なんとなく節約するのではなく、節約する目的を見据え、その金額も具体的であればあるほど、道順もハッキリと見えてきます。

頭の中のイメージが合致すると、そのイメージに近づくための行動に気持ちよさを感じられるようになります。100万円貯めるという具体的な目的であれば、10万円貯まった時に小さな達成感が得られます。その先の20万という目的も近く感じられるようになります。

そしてそのペースはだんだんと早まってきます。マラソン大会でもゴールがみえるとペースが上がるものです。

100万円貯まった瞬間に気持ちよさを感じるのではありません。その過程から気持ちよさを感じられるので、100万円貯めることができます。

逆に気持ちよさを感じないで苦痛で貯めた100万円は、その苦痛を紛らわせるために使ってしまうものです。

人間だけが未来を見据えてイメージすることができます。節約はこの能力が問われるわけです。

数年前にテレビで見て驚いたのですが、アメリカのスーパーでレジに並んでいる買い物客が、なんと会計をする前のお菓子を開封して食べていました。

「これからお金を払うんだから問題ないだろ?」

という論理らしいのですが、目の前の快楽に飛びつく動物のようで驚きました。文化が違うので何とも言えませんが。

未来を見据える能力というのは、まさに人間力です。人間だけがイメージをすることができます。

社長は会社や従業員の未来を見据えて選択しています。目の前の快楽を優先してしまう会社はすぐにつぶれてしまいます。

会社の未来のことを考えて経費節減をしたり、設備投資をしたり、休日をコントロールしたりするわけです。

やみくもに経費削減して、社員がのびのびと働けなくなれば問題です。バランス感覚も重要になります。

これは家庭の節約でも同じです。家族の同意なしに極端な節約をしてしまうと上手くいきません。

未来のことを考えて節約をするということは、まさに人としての成長につながります。そのためのトレーニングとしても節約は最適だと思います。

節約をする目的は人それぞれですが、目的によっては節約だけではなく、投資という道順も見えてくると思います。イメージが具体的になればなるほど、目的達成までの道順も研ぎ澄まされていきます。

そのためにもしっかりと目的を見据えてください。霧の中をむやみに動いても不安は解消されません。進んでいるようで後退してしまうこともあります。

節約がつらいと感じている人は、そのまま節約を続けるのではなく、しっかりと目的を定め、節約に気持ちよさを感じられるなってほしいと思います。


down

コメントする