節約はレジャー!

インスタントコーヒーを美味しく淹れて節約!?ポイントは風味!

インスタントコーヒーらしさとは?

美味しそうなコーヒー一般的に「インスタントコーヒー」は「ドリップコーヒー」に比べて質が低いと言われています。

そもそもインスタントコーヒーは、ドリップしたコーヒーを熱風で乾燥させて粉末にして作られるものです。

なので基本的には同じものですが、どうしても時間が経ってしまっているので風味が弱くなる傾向があります。冷凍食品の品質をイメージするとわかりやすいかも知れません。

冷凍食品の解凍を失敗すると美味しくなくなるように、インスタントコーヒーも淹れ方によって味の質は変化します。

インスタントコーヒーは手軽で便利な商品です。上手に活用することができれば時間やお金を節約させることができます。

そこで今回はインスタントコーヒーを美味しく淹れる方法を紹介します。ポイントは風味を損なわせない工夫です!

【スポンサーリンク】

インスタントコーヒーの特徴

インスタントコーヒーを最も象徴する特徴というのは、ズバリ風味です。

ドリップコーヒーに比べて、どうしても「香り」が弱い傾向があります。

このコーヒーの風味を損なわさないことが、インスタントコーヒーを美味しく淹れるコツになります。

1 酸化

インスタントコーヒーに限らず、あらゆる食品は空気(酸素)に触れると酸化していきます。

多くの製造メーカーは容器に窒素を封入して、インスタントコーヒーに酸素があまり触れないように工夫しているものです。

外国のポテトチップスポテトチップスの袋がパンパンなのは、商品が割れない為でもあるのですが、酸化を防止するために窒素が閉じ込められています。

ですが、一度でも開封してしまうと窒素は逃げて酸素が入り込んでしまいます。これが一般的に言われている「開封後はなるべく早くお召し上がりください」の理由です。

開封して間もないインスタントコーヒーというのは、非常に香り豊かで美味しいのですが、徐々にその香りが失われていきます。

数年前から使いきりのスティックタイプのインスタントコーヒーが人気なのは、鮮度が落ちにくいからでもあります。

これは仕方がないことではあるのですが、なるべく酸素に触れるのを防ぐことが風味を保つポイントになります。

普通のインスタントコーヒーの場合は、内蓋の破り方が重要になります。

インスタントコーヒーの紙の破り方具体的にはこのように、蓋の淵の紙を破らないようにします。こうすることでプラスチックの蓋を締めたときの密閉率が高まります。紙の内蓋がパッキンのような役割を果たしてくれます。

つい紙を綺麗に剥がしたくなるものですが、蓋の密閉率が下がるので淵の紙を残すようにしてください。

2 温度

コーヒーに限らず、香りは熱で飛ばされやすい傾向があります。

参考乾麺のそばの風味を活かす方法

風味をとても大切にする料亭では、ダシを取る時に決してお湯を沸騰させません。細かく温度管理をしてダシの香りを活かすようにしています。

コーヒー用のやかんコーヒーも熱湯で注ぐと風味が損なわれてしまいます。コーヒーを淹れる専用のポットの先端が細くなっているのは、熱湯の温度を下げるためだと言われています。

温めのお湯でコーヒーを抽出するからこそ、あらかじめコーヒーカップを温めておくテクニックが有効になるわけです。

自宅でインスタントコーヒーを淹れるとなると、電気ケトルの方が多いと思うのですが、沸騰させたあとに一分ほど置いておくと、コーヒーの適温(80~90)になると思います。

ちなみにコーヒーカップはティーカップに比べて厚みがあります。紅茶は熱湯で作っても風味が失われにくいのですが、コーヒーは熱の影響が大きいので、冷めにくい厚みのあるカップになったと言われています。

参考簡単に嗅覚を取り戻す方法

3 粉っぽさ

インスタントコーヒーに粉っぽさを感じることがあると思います。

この正体は「デンプン」と言われています。

ドリップしたコーヒーを乾燥させてインスタントコーヒーを製造する過程で、少量のデンプンを混ぜることで粉末にしやすくなるのだそうです。

あんかけの丼一般的にデンプンは粘り気やとろみを出す為に調理で使われます。「あんかけ」が代表的な使用例でしょうか。

デンプンは空気を含ませてとろみを出すという特徴があります。

インスタントコーヒーに含まれている僅かなデンプンでも、実は同じような現象が起きてしまいます。

加熱されたデンプンによって、余計な空気が含まれて混ざりにくくなってしまいます。これがインスタントコーヒーの粉っぽさの正体と言われています。

これを解決するには、水でデンプンを馴染ませてしまうのが効果的です。

お湯をそそぐ前にインスタントコーヒーの粉末に、少量の水を入れてよくかき混ぜます。スプーン一杯程度の水で十分です。

デンプンは低温の水だと粘り気が出ないで綺麗に混ざり合ってくれます。インスタントコーヒーの粉末がドロドロになるように混ぜてください。イメージとして練るに近いかも知れません。

それから少し冷ましたお湯をそそぐと、粉っぽさもなく風味が損なわれていない美味しいインスタントコーヒーが出来上がります。

【スポンサーリンク】

まとめ ちょっとした努力

インスタントコーヒーを美味しく淹れる方法をまとめると、

温めたコーヒーカップに適量のインスタントコーヒーの粉末と、少量の水を入れてよくかき混ぜます。

そこに少し冷ましたお湯を勢いよく注ぐと完成です。お湯を沸かしている間によく練っておいてください。

またコーヒーカップを温める方法は、お湯でも電子レンジでも構いません。極端に熱々にする必要はありません。冷たいカップを少し温めるようなイメージです。

コーヒーと砂糖とミルクそして砂糖やミルクはコーヒーを完成させてから混ぜてください。

インスタントコーヒーの粉末と同時にカップに入れてしまうと、上手く混ざらずに雑味が出やすくなります。

これらを意識するだけで、インスタントコーヒーをいつもより美味しく淹れることができると思います。

また節約という観点から考えれば、インスタントコーヒーのサイズもお徳用がいいのですが、今回紹介した開封後の酸化の理由を考えると、あまり大き過ぎるサイズはおすすめ出来ません。

大量に消費する職場などであれば別ですが、自宅で個人で使用する場合は一ヶ月ぐらいで使いきれる少量のサイズのインスタントコーヒーがおすすめです。

実はインスタントコーヒーに限らず、ドリップコーヒーでもパックに小分けにされたタイプの方が、鮮度が保たれるので美味しいと言われています。

そのようにあらかじめ小分けにされているタイプのインスタントコーヒーを、セールなどで安く購入しておくことは賢い節約かも知れません。

ちなみにココアやコーンスープのような粉末のインスタント食品にも、同じように乾燥させる工程でデンプンが含まれています。

同じようにあらかじめ少量の水で混ぜておくと、美味しくなる傾向があります。と言ってもコーンスープはとろみがあっても構いませんが。

瓶に入った普通のインスタントコーヒーは、あまり欲張ったサイズを選ばないことがポイントになります。

コーヒーを飲む回数や環境に合わせて上手に選んでください。

インスタントコーヒー専用マシーンちなみに先日初めてインスタントコーヒー専用マシーンのコーヒーを頂いたのですが、本当に美味しくて驚きました。

下手な喫茶店のコーヒーよりも断然美味しかったです。やはりインスタントコーヒーでも淹れ方によって味は大きく異なるのだと思います。

インスタントコーヒーの価格も色々ありますが、一杯当りに換算すると、それほど大差がないものなので、少し高級なインスタントコーヒーも試してみてはいかがでしょうか。

どうしても節約家は安いものに手が伸びてしまいますが、一杯当りで考えるとそれほど贅沢ではないはずです。

今回紹介したインスタントコーヒーを美味しく淹れるテクニックを利用すれば、缶コーヒーよりもずっとお安く、そして美味しいコーヒーができると思うので、ぜひ試してみてください。


コメント

  • スティックタイプって鮮度を保つ意味があったのですね、僕はブラックでしかコーヒーを飲まないのですが、スティックタイプは高いから意味がわかっていなかったです、ビンのインスタントコーヒーも開けて間もないころは美味しいので、なるほどと思いました、これからはスティックタイプを買います

    by TRFF €

down

コメントする