節約はレジャー!

お金を使って時間を生み出す方法!ストレス軽減効果も有り

時間への投資

おもちゃのレジお金を使って時間を生み出す方法というのは、実はほとんどの買い物に当てはまります。

獲物を狩るのが得意だけど細かな作業(裁縫など)が苦手な人は、細かな作業を練習するよりも得意分野を伸ばして、獲物と衣服を交換する方が効率的です。

言ってみれば物々交換です。これが現代ではお金になっているので、全ての買い物は自分の得意な作業(仕事)の成果(お金)で、自分の不得意な作業を補っています。

この不得意な作業を意識してお金を使うことが、苦手な作業のストレスを軽減しながら時間を生み出すことになります。

【スポンサーリンク】

自己投資

不得意な作業の前に「得意な作業」への投資について簡単に説明します。

弓をひく銅像獲物を狩るのが得意な人の投資の場合だと、槍や弓矢を手に入れることです。得意な作業をより効率的に行うための道具の購入やメンテナンスも含まれます。

また健康管理も投資に含まれます。良質な食べ物や睡眠環境を整えることで、より得意なことが上手くいくわけです。

これらのように得意分野の効率を上げる為にお金を使うことが自己投資です。お金を稼ぎやすくするためにお金を使うということです。

現代社会では仕事の効率を上げるための勉強や資格などが当てはまります。もちろん健康管理も自己投資です。

飲み会などで人脈を広げることも一つの投資と考えられますが、単純にお酒を楽しむためだけだと消費になります(それが悪いわけではありません)。

不得意な作業

全ての買い物は「不得意な作業」への対価を支払うことです。

不得意と言うと語弊があるのですが、自分よりも得意な人の作業に対して喜んでお金を支払います。

笑顔で料理する女の子料理好きな方だと下手な料理人のお店では食べたくありません。自分で作った方が美味しく出来るので、そこに価値を見出すことはありません。

逆に料理が苦手な方は、それほど美味しいと言われていないお店でも、自分で作るよりも効率が良いので価値を感じてお金を支払います。

得意、不得意は人それぞれですが、この自分が不得意な作業に対して意識してお金を投資すると、時間を生み出すだけではなくストレスの軽減につながります。

自己投資として新しい弓矢を手に入れる場合も、自分で一から弓矢を作るより、弓矢づくりが得意な人が作った弓矢を購入した方が、狩りをする時間を減らすことなく、また苦手な作業をするストレスも感じずに済むわけです。

日常の苦手な作業

現代社会では細かな作業が苦手な人が、裁縫をして洋服を作ることなどあり得ません。購入した方が質も良く効率的です。

裁縫ぐらい特殊な技術だとわかりやすいのですが、日常的な作業にも苦手な作業が含まれています。

お風呂掃除をする男性トイレ掃除やお風呂掃除、食器洗いが苦手な方もいると思います。アイロンがけが苦手な人や洗車が嫌いな方もいるでしょう。

歯を磨くことや身体を洗うのが億劫な人もいるかも知れません。

苦手な作業は人それぞれですが、そこにお金を投資すると時間を生み出すだけではなく、ストレスを軽減させることにつながります。

掃除の業者や銭湯の利用、食洗機の導入、クリーニング屋、ガソリンスタンドの洗車、電動歯ブラシ、どれもお金で苦手な作業のストレスと時間を軽減をすることが可能です。

自分の得意分野を伸ばすことに集中して投資をすることで、結果的に苦手な作業をしなくてもよくなります。

【スポンサーリンク】

まとめ お金の意味

投資と言うと得意分野を伸ばす自己投資ばかりに目がいくのですが、苦手な作業を軽減させることも立派な投資の一つです。

これは時間を生み出すだけではなく、ストレスの軽減になるので有益な投資だと言えます。

バスターミナル家事が得意な方はストレスにならないので、そこにお金を投資する必要はありません。

あくまでも自分の苦手な作業を意識してください。歩くのが苦手な方はバスやタクシーを利用するのも一つの投資です。

趣味というのは楽しいものなので、どんなにお金や時間がかかったとしても無駄ではありません。作業そのものに満足感が得られるのであれば、それはそれで有益なお金の使い方だと思います。

節約そのものを楽しめる方であれば、時間がかかっても節約になるほうが楽しく感じられます。それも立派な選択肢だと思います。

それでも中には苦手な作業があるとは思います。その作業を軽減させるモノを上手に見極めて、お金を使ってみてはいかがでしょうか。

トイレ掃除が苦手な方はトイレのリフォームをすれば、掃除の手間だけではなくストレスも大幅に減らすことになります。そこまで大がかりではなくても良質な掃除道具にするだけで、トイレ掃除の手間を減らすことが出来ます。

節約をすることは素晴らしいのですが、苦手な作業に対してまで節約を意識し過ぎると、イヤな時間が長引いてストレスをためてしまいます。

お金は物々交換を効率よくするために生まれました。

あなたが得意なことを積極的に伸ばし、苦手なことは得意な方にまかせましょう。これがお金の素晴らしい能力です。何でもかんでも自分でやることだけが節約ではありません。

行き過ぎた節約で苦しくなっている方こそ、苦手なことにお金を使ってほしいと思います。


down

コメントする