節約はレジャー!

ダイエットを実践する前に成功後のメリットを受け取ろう

ダイエットをするメリット

ダイエットをする理由、目的というのは、人それぞれだとは思います。

  • 見た目をよくしたい
  • 元気を取り戻したい
  • 食費を抑えたい

など、様々な理由が考えられます。

どのような目的があってもかまいませんが、これらのダイエットをする理由が曖昧なままだと、続けることは難しくなります。

様々なダイエットのテクニックがありますが、それ以前になんのためにダイエットをするのかを明確にすると、日常の行動がすべてダイエットに結びつくようになり、結果的に無理せずに痩せていくことができます。

【スポンサーリンク】

曖昧な理由

ダイエットをする理由が曖昧な状態というのは、「なんとなく痩せたらいいな~」ぐらいの状態です。

  • 痩せたら綺麗になるだろうな~
  • 身体が軽くなるだろうな~
  • 食べる量が減ったら節約になるだろうな~

のような状態です。これらの曖昧な理由だと、ちょっとした誘惑に負けてしまいます。

  • ぽっちゃりでもモテる人いるしな~
  • 肉付きがいい方が健康だとも言うし
  • セールで安かったから損していない

など、ちょっとした理由で簡単に覆ってしまいます。

「なんとなく」ダイエットをしたい、痩せたい状態では続けることは難しいです。これらのような曖昧な状態を明確にすることは、具体的なダイエット方法よりも大切なことです。

明確にする理由

ダイエットをする理由が明確になるということは、ゴールが見えるということです。

なんとなくのダイエットではゴールの位置も曖昧です。ゴールに向かって近づいている実感がわかないので達成感が得られず、歩みを止めてしまいます。

ダイエットをする理由は人それぞれなので、ゴールの位置も人それぞれで構いませんが、明確にする必要があります。

具体的な体重の数値を目標にするのでもいいですし、高血圧の人は血圧が正常値に戻るまでダイエットをするようなことでも構いません。

健康状態を改善させるためのダイエットであれば、数値化しやすいので目標を明確にすることは難しくありません。

これは節約のためのダイエットでも同様です。具体的に節約できる金額を明確にすることができるので、そこの管理をすることで達成感がえらえます。

以外と難しいのが綺麗になるため、モテたいためのダイエットです。

綺麗な状態を明確に数値化することはできません。また痩せてスタイルが良くなったとしてもモテるとは限りません。

また運よくダイエットをする前に恋人ができてしまうと、辛いダイエットをする必要性がなくなるので、目的が曖昧になってしまいます。

過去に痩せていてモテていた経験のある人は、ダイエットに成功して再びモテる自分をイメージできますが、そのような経験がない方は、イメージすることが難しいわけです。

ここがダイエットの失敗が多いポイントでもあります。

ダイエットをする目標、ゴールの位置が他者依存、「モテ」のように他人の評価を経由するケースだと、明確にイメージすることができません。

「おまえが痩せたところでモテないよ」

など、厳しい言葉を言われるかもしれません。

好きな人の為に努力する、頑張るということは、素晴らしいことではありますが、結果が他者依存なのですべての人が成功するとは限りません。

極端なことを言えば、ダイエットをしている最中に好意を寄せている人に恋人が出来てしまうかもしれません。痩せる前に告白をしていれば上手くいったかもしれません。

他人のコントロールはできません。ダイエットの目的(ゴールの位置)を他者依存にすると、思わぬところで転倒してしまうリスクがあります。

【スポンサーリンク】

まとめ 先にメリットを受け取る

どのような理由でダイエットをしても構いませんが、具体的なダイエットをする前に理由を明確にしてください。

明確な理由が正しくなくても構いません。自分にとって都合のいい理由を見つけるといったほうがわかりやすいかもしれません。

「痩せたらモテるかな~」ではなく、

痩せてスタイルが良くなれば、モデルの○○さんのような素敵な服を着て、颯爽とオシャレな街並みを歩いていると頭の中で明確にイメージしてください。

スタイルがよくなって異性の目を引き付けている状況をイメージしてください。その時の気持ちよさを先に体験してください。

これは頭の中に自分なりのテレビCMを作るようなことです。

特定の健康食品を飲んで健康になり、犬の散歩に出かけて若い女の子に話しかけられて嬉しい中年男性のようなCMでもかまいません。

そんなCMがあるかどうか知りませんが、そのような憧れの世界を、ダイエットを実践する前に頭の中に明確にイメージすることが成功のポイントです。

これが上手くいくと、頭の中でイメージするだけで本当に気持ちよくなります。達成感が得られます。

するとそうではない現状に不満を覚えるわけです。だから自然と行動が変わります。成功後の気持ちのいい状態を自分で取り戻そうとします。

過去に痩せていてモテた経験のある方が、ダイエットに成功して再びモテるようになる自分の姿をイメージしやすいように、ダイエット成功後の明確なイメージがあると、そこに近づいていることを日々実感でき、達成感が得られやすくなります。

これがモチベーションの正体です。目標、ゴール、明確なイメージの質が、モチベーションの正体です。それらが曖昧な状態では続けられません。

また目標を達成した瞬間に気持ちよくなるわけではありません。その道筋、過程から気持ちよく感じられないと続けることなどできません。

ダイエットを実践する前に、頭の中にたくさんのメリットを思い描いてください。正しいかとどうかは関係ありません。楽しくなる理由、気持ちよくなる理由を、自分の都合のいいように思い描いてください。

過去に経験したことがなくても構いません。テレビなどの好きなイメージを都合よく解釈すればOKです。

そのイメージが明確になればなるほど、その状態になっていない現状に不満を感じ、日常の行動が勝手にダイエットに向かうようになります。

言葉に書き起こすことも有効なのですが、さらに頭の中で映像や音を組み合わせてください。自分なりのテレビCMを作って毎日思い浮かべてください。

明確にリアルにイメージできるほど、日常の行動が変わります。

逆に「どうせ私はこんなもの」というような現状を肯定するイメージ、自己評価をしていると、たまに上がったモチベーションで行動をしても、すぐに現状に引き戻されてしまいます。

具体的なダイエットを実践する前に、何かしらの行動をするよりも先に、ダイエットを実践するメリットを感じてください。先に成功後の気持ちよさを受けとってください。

曖昧に痩せたいではなく、痩せている自分を明確にイメージすることです。

ダイエットに成功した人の体験談を読んだり、ダイエット商品のテレビCMを見たときに、自分にとって都合のいいイメージだけを拝借して、頭の中で理想の自分を明確にイメージしてください。

実は具体的なダイエット方法はそれほど重要ではありまん。どのダイエット方法でもしっかりと実践すれば痩せられます。

誰もが痩せる方法をすでに知っています。足りないのは具体的なテクニックではなく、成功後の自分を明確に思い描くイメージする力です


down

コメントする