節約はレジャー!

節約のつもりが失敗かも!?間違いやすい例を紹介します

節約の失敗

悩む外人女性世の中には様々な節約方法が溢れていますが、中には「それって本当に節約になっているのかな~」と感じてしまう情報も含まれます。

節約は人によって条件が違うので、必ずしも正解があるわけではありませんが、多くの人が間違いやすい4つの節約術を紹介します。

【スポンサーリンク】

1 お徳用サイズ

お徳用サイズのリスクは多くの方が実感しているのではないでしょうか。

5キロのお米よりも10キロを選んだ方が節約になりますが、一人暮らしで方でたまにしか自炊をしないのであれば、10キロのお米は間違った節約と言えます。

虫がわくこともあります、またお米の鮮度が悪くなり味や風味も劣化します。

これはお米に限った話ではなく多くの食品に当てはまることです、調味料なども開封して空気に触れたときから劣化が始まってしまいます。

お徳用サイズを購入すると購入代金は節約出来ますが、質が劣化する可能性が高いので上手に見極める必要があります。

またストックがあると使い過ぎや食べ過ぎになりやすい傾向があります、さらにスペースの問題も考慮する必要があります。

2 セール品

スーパーのチラシ食品のセール品は賞味期限が近い可能性が高いです。

その日に食べるようなものであれば問題ありませんが、これも大量に購入してしまうと節約から遠ざかってしまいます。

節約を頑張っている方は無駄にしたくない気持ちが働くので、何とか食べきろうとするのですが、そこで必要以上に食べてしまうケースが多いです。

捨てるのはもったいないですが、無理やり食べきることは身体にとってよくありません、食べ物を粗末にしないことは素晴らしいですが、だからといってあなたの身体も粗末にしてはいけません。

暴飲暴食がたったて病気になれば医療費も時間もかかってしまいます、節約どころではありません。

セール価格に惑わされて、必要以上に購入しないように気を付けましょう。

3 100均

最近の100均で売られている商品は「これが100円!?」と驚かされる物も多く、節約とは相性がいいのですが、中には100円に惑わされて無駄な買い物をしている方も多いです。

スーパーで購入すれば100円しない物もたくさん売られています、ちょっとしたお菓子や調味料などが代表的です。

私の住んでいる地域にあるショッピングモールは、激安スーパーと大手100円ショップ、大型ホームセンターが並んでいます。

ある時に靴ベラを購入しようと三店舗を覗いてみると、全く同じ商品がそれぞれの店舗で売られていました。

ホームセンターでは98円、激安スーパーでは88円という価格設定で驚きました。

またそのスーパーの他の商品を眺めていると、価格設定が88円のものが多く、隣の100円ショップよりもお得だとアピールしているようでした。

大手の100円ショップにはオリジナル商品も多く、そこでしか手に入らない物もありますが、どこにでも売られている商品は他の店舗もチェックしましょう。

4 ポイントカード

様々なポイントカードポイントカードを意識し過ぎることにもリスクがあります。

コンビニのように商品価格に差が出ない店舗の場合はポイントカードを利用するのもいいのですが、コンビニでもお弁当やパンなどは店舗によって違いがあります。

ポイントを貯めているからと、好みではないお弁当やパンを選ぶことは賢い選択とは言えません、商品そのものの満足度が下がってしまいます。

ポイントカードは上手に扱えばお得ですが、ポイントカードに行動を引っ張られると損をするケースが多くなります。

あまり意識し過ぎないように気を付けましょう。

【スポンサーリンク】

まとめ

どの節約術も上手に活用することが出来れば、間違いなく節約になります。

家族が多い家庭では10キロのお米など直ぐになくなりますし、ネット通販で30キロのお米を購入してもいいかも知れません。

セール品も賞味期限をしっかりと見極めれば問題ありません、必要以上に購入することはないと思います。

100均も本当にお得な商品が多いです。

ポイントカードも頻繁に利用するお店であれば、やはり持っていたほうがお得になります。

間違った節約というのは、あくまでも加減次第です、欲を出し過ぎなければ問題ありません。

悩む女性期間限定や数量限定などは、この加減を狂わす力を持っています、消費者に冷静な判断をさせないような販売テクニックになっています。

ここに惑わされないことです、セールは毎週のように行われています、また今しか購入出来ない商品など滅多にありません。

人気のある商品は必ずまた生産されますし、ライバル会社が似たような商品をつくってくれます。

一部高級ブランドでは、あえて生産量を抑えて流通量をコントロールし、ブランド価値を高めるという手法をとることがありますが、日用品ではありえません。

お得サイズやセール品、100均やポイントカードに惑わされて無駄な買い物にならないように、冷静に判断して節約につなげましょう。


down

コメントする