節約はレジャー!

節約が続かない!?モチベーションのポイントがずれています

節約が続かない・・・

節約をしたくても中々続けられない方も多いと思います。モチベーションが続かないなど、それぞれ理由があると思います。

節約が続けられない理由の結論から言ってしまうと、それは「節約しなくてもいい」からでもあります。

頭では節約したいという気持ちがあっても、それほど節約したいと思っていないということです。

これはダイエットにたとえるとわかりやすくなります。

【スポンサーリンク】

ダイエットが続かない理由

世の中には様々な節約方法があるように、様々なダイエット方法があります。

よほどひどいダイエット方法や詐欺的な方法でもない限り、どれも実践すればそれなりに結果が出るものです。

それらの多くを続けられない理由は、続ける必要がないと脳が判断したからです。

どういうことかと言うと、ダイエットが成功したメリットより、今食べることのメリットが上回っているからです。

目の前のモノを食べた時の満足感を100という数値に置き換えると、ダイエットに成功して痩せた後の満足感が80のようなことです。

100>80 なので、より満足感が高い選択をしてしまいます。

これがダイエットをする必要がないという理由です。

ダイエットが成功する人というのは、この80の数値を100以上に上げられた人です。

ダイエットが成功する人

ダイエットが成功するには二つのパターンがあります。それは恐怖と希望です。

恐怖でダイエットが成功するパターンというのは、健康診断でかなり悪い数値が出たようなことです。お医者さんから

「このままでは危ないですよ」

と宣告され、危機感からダイエットの重要性が上がります。80が120になるわけです。本当は食べたいけど、そんなこと言っている場合ではないということです。

一方で希望でダイエットが成功する人というのは、痩せた後の自分のイメージが明確な人です。

たとえば女優やモデルのように仕事(収入)に直結するような人は、未来をイメージしやすい傾向があります。

過去の経験やデーターを元に、痩せることのメリットが明確にイメージできます。

もしくは昔痩せていた頃に異性にモテた経験がある人も同様です。またモテたいという意識が働くと痩せる為の行動が自然と行えるようになります。

またその痩せる為の選択(食事制限、運動)が楽しくなります。

ダイエットが失敗する人

一方でダイエットが失敗する人というのは、恐怖も希望も曖昧だからです。

健康診断の数値が徐々に悪化していった場合、「このままだと危険ですよ」と言われても、それほど現状に危機感が生まれません。今まで何とかなってきたから何とかなるだろうと、現状維持を選択します。

多少の危機感では、80から90程度のようなことです。

また「痩せて異性にモテたい」という希望をもってダイエットに励んだ場合でも、そのイメージが曖昧だと長くは続けられません。

過去にモテた経験がないと具体的なイメージが難しいわけです。イメージが強ければ強いほど数値は上がるのですが、弱いと100を超えないので目の前の食べ物の満足感に負けてしまいます。

これは節約にも当てはまります。

節約が成功する人

節約が成功するにも恐怖と希望の二パターンがあります。

恐怖をベースに成功する人というのは借金のようなことです。やらざる負えないので成功も何もありません。それしか選択肢がないようなことです。この場合は恐怖から解放されると節約できなくなるケースが多いです。

一方で希望ベースで節約が成功する場合は、貯めたお金の使い道が明確だということです。

子供の学費やマイホームの頭金など、具体的な将来のイメージが明確であればあるほど成功しやすくなります。

何となく「たまに旅行に行きたいな~」ぐらいでは弱いということです。

一方で「来年の夏休みにハワイに行く」という目標があると、具体的にハワイ旅行にいくら必要なのか試算できますし、その為には月々いくら節約する必要があるのか逆算できます。

ハワイに行きたいモチベーションが高いほど、自然と様々な節約方法が目に入ってきます。

それらを実践することがハワイ旅行に繋がっているとイメージ出来るので、それらの節約が楽しくなります。

ハワイに行く前の節約から楽しくなります。これがポイントです。

モチベーションのポイント

実は節約そのもののモチベーションは関係ありません。この場合はどれだけハワイに行きたいか(目標)が重要なわけです。

この場合の上げるべきモチベーションというのは、節約をすることではなく、ハワイへの憧れ、渇望の度合いです。ハワイに行きたいと思えば思うほど、節約が楽しくなるということです。

節約が成功する人というのは、その先のイメージが具体的な人です。具体的であればあるほど、現状の節約が楽しくなります。

例えばダンサーになりたいという明確な夢がある人は、高額なダンス教室に通う費用を何とか工面します。アルバイトをしたり、節約をするわけです。

周りからみると凄く苦労しているように見えますが、本人は夢に向かって進んでいるという実感があるので、苦労とすら感じません。むしろ楽しんでいます。

夢を叶えるイメージが強いほど、夢を叶える前の苦労や努力が楽しみになります。

これが「なんとなくダンサーになれたらいいな~」ぐらいだと、アルバイトや節約は続けられません。目標に強いモチベーションがないと、その為の行動が苦痛になります。

「何となく節約しようかな~」ぐらいだと弱いと言うことです。節約の先に具体的なイメージがないと苦痛になってしまいます。

節約の先

節約が続かない方は、節約のモチベーションを上げるのではなく、節約の先のイメージを具体化することがポイントになります。そちらのモチベーションを上げてください。

ハワイに行きたい場合はハワイに関する情報を集めることです。実際にハワイに行った人のブログを読んだりすることで、より具体的なイメージが出来上がります。

プロのダンサーになりたい場合は、プロのダンサーのブログを読んだり、ダンサーになる方法を調べることで、目指すべき方角(道筋)が具体的になるわけです。

節約の先が具体化すればするほど、そこまでの道筋から楽しくなるわけです。

節約は目的ではなく手段です。これを忘れてしまうと節約を続けることが苦痛になってしまいます。

【スポンサーリンク】

まとめ 目的意識

ダイエットも節約も先に目的がないと苦痛になってしまいます。

どちらも目的の為の手段であり、ダイエットや節約を目的にしてしまうと苦痛にしかなりません。

ダイエットのモチベーションが続かないという人は、痩せた後のイメージが曖昧だということです。痩せてどうなりたいかを具体的にイメージすればするほど、痩せるまでの行動が楽しくなります。

これは筋トレなども同じです。「何となく筋肉をつけたいな~」では、筋肉痛の痛みでやる気が失われてしまいます。

一方で具体的に筋肉をつけたい理由があると、筋肉痛は快感に変わります。全く同じ筋肉痛でも目的に繋がっているとイメージできると、脳内の解釈が変わります。

節約が苦しい、辛いと感じて続かないという事は、節約をする必要性を感じていないということでもあります。

これは単純に十分な収入があり、それなりに現状に満足していれば、節約しなくてもいいと脳が判断しているのかも知れません。

そのような人は必ずしも節約をする必要がありません。先にイメージがないのか、もしくは既にイメージに到達して満足しているケースもあります。

と言いまして、そのような方はわざわざ当ブログに訪れないでしょうから、やはり多くの方が節約が続けられなくて悩んでいるのだと思います。

だからこそ何の為に節約をしているのか、改めて具体的にイメージしてほしいと思います。

現在はネットで簡単に情報が手に入るので、具体化するのは難しくないと思います。

節約そのものにモチベーションは必要ありません。

心からやりたいことの為に行う行動(ダイエット、筋トレ、節約など)は自然と楽しくなります。脳から行動を促すドーパミンが流れます。目的に達する前から楽しくなります。

遠足は目的地に着いた達成感だけが楽しみではありません。前日にお菓子を用意する段階から楽しいはずです。てるてる坊主を作っている段階から楽しくなります。これがドーパミンの正体です。

遠足に行きたくない子供は、てるてる坊主を作っても楽しくありません。お菓子の選択も自分の基準だけで選びます。みんなで楽しくシェアしようとは思えません。

節約の先、あなたにとっての遠足が具体化すればするほど、てるてる坊主の数が増えます。楽しく上手に作れるようになります。天気予報の晴れマークで嬉しくなります。一週間前から準備体操をします。ケガをしたときの対処を学びます。しっかりと靴紐を結び直します。

それらの行動が楽しく行えるわけです。これは苦労とも努力とも言いません。全く同じ行動でも脳内の解釈が変われば辛さが楽しみに変わります。

少し難しい話になりましたが、節約やダイエットを目的にしないでください。モチベーションのポイント(位置)がずれています。

節約をする意味、節約の先のモチベーションを高めることがポイント(重要)になります。


down

コメントする