節約はレジャー!

小さな不安をあえて体験して乗り越え癖をつけよう

不安の正体

先に不安の正体を言ってしまうと、解決策が見つからない問題だからです。

どうすればその不安が解決できるのか明確だと、そもそも不安に感じません。

しっかりとその不安と向き合い、何かしらの解決策を導き出すのも不安を解消する一つの方法ですが、実際にその不安を体験してみると、意外とたいしたことがなく、取り越し苦労だったということもあるのではないでしょうか。

その理由は不安を過大評価してしまっているからです。必要以上にその不安に対して恐怖を自ら感じていたということです。

そこで今回は、あえて小さな不安を体験するという方法を紹介します。小さな不安を乗り越えることで、必要以上の恐怖を感じなくなることができます。

【スポンサーリンク】

小さな不安

小さな不安と言っても人それぞれですが、節約でわかりやすいのは「買い置き」です。

「なくなってしまったら困る」という小さな不安を、あえて体験してみてください。

例えば乾電池などがわかりやすいと思います。テレビのリモコンの乾電池が切れたとしても、それほど重大なことではありません。

テレビの本体でも操作もできますし、たまにしか使わない他の製品の乾電池で代用することも可能です。

電池が切れたとして、それほど大きな問題にならないということがわかります。次の日にでも電池を購入すれば済むことです。

電気屋さんで電池をまとめ買いしておいた方が節約になるかもしれませんが、電池は使用していなくても少しずつ電力が失われていくものです。

本当に必要になった時に新しい電池を購入した方が、結果的に節約になるのではないでしょうか。

どうしてもすぐに電池が必要な場合は、すぐに買いにいけばいいだけです。

 

ここがポイントです。

 

買いに行く手間と、その不安を抱える続けることを天秤にかけてみてください。

意外と「面倒だから今すぐでなくてもいいや」と思えるものが多い物です。

これが食べ物だったとしても同様です。現在の空腹具合と夜食を買いに行く手間を天秤にかけたときに、面倒だから我慢しようと思えることは珍しくありません。

所詮その程度の不安だったということです。あえて小さな不安を体験してみることで、自分が思っていた以上に不安でなかった(重要なことではなかった)と気がつくことになります。

この体験を積み重ねることで、小さな不安に対する免疫が出来上がっていきます。不安を乗り越える癖がついていきます。何から何まで備えていなくても、なんとでもなるということを体験してほしいと思います。

恐怖を利用する販売者

商品を販売する業者の中には、恐怖を与えて消費者を不安にさせることで、解決策としての商品をすすめてくる業者がいます。

実際に多くの方が抱えている不安であれば、それを解決する商品は素晴らしい商品だと思いますが、中には必要以上の恐怖を与えて不安を煽ってくることがあるわけです。

CGやイラストで細菌を恐ろしく表現したり、「みんな持っていますよ」「流行に後れて恥をかきますよ」と煽ってきます。

消費者が自発的に感じた不安を解消するために購入するものは必要なものですが、不安に感じていなかったことに対する恐怖を与えられて購入してしまうと、あとで後悔するものです。

そのような物に囲まれていると、家の中は物で溢れてしまいます。だからといって不安を解消できたわけではありません。そもそも不安に感じていなかったことなので、解決も何もないからです。

このようないわれもない不安が溢れています。これが小さな不安の正体でもあります。

大きな不安は簡単に解決策が見つかるものではないですが、小さな不安はそもそも存在していなかった不安なので、手放すだけで解決することがほとんどです。

だから実際にその小さな不安を体験してみると「なんだ、たいしたことがないじゃないか」と感じるわけです。

【スポンサーリンク】

まとめ 気づくこと

世の中には必要以上に不安を感じている方が、とても多いように見えます。

そもそも大きな不安には解決策などありません。大きな自然災害や隣国からのロケットに対して出来ることなどほとんどありません。健康に気をつけて元気な身体を保つことぐらいです。

一方で小さな不安は、いわれもない不安ばかりです。体験してみると「なんてことない」ことばかりだと知ってほしいと思います。

断捨離をしている方やミニまリストと呼ばれている方は、すごく実感しているのではないでしょうか。いざ手放してみると、なんてことがない物がたくさんあるものです。

不安の大きさは人それぞれですが、なるべく小さな不安から体験して、乗り越え癖を身につけてほしいと思います。

「なんてことがなかった」という体験を積み重ねることで、そこそこ大きかったはずの不安まで「なんてことがなかった」となるものです。

これは物に対する不安だけではありません。人間関係が崩れるのを必要以上に不安に感じることにも当てはまります。

いざ距離をとってみると「なんてことがなかった」という人は少なくありません。いずれまたその人が重要になれば、その時にまた関係を築けばいいだけです。そのような人が再び重要になることなど滅多にないですが。

恐怖を感じて不安になると脳機能が低下します。IQが下がってしまいます。冷静に考えられなくなります。だから怖い人は恐怖で相手を支配して従わせようとするわけです。

そのような見た目の人には近づかなければいいだけなのですが、難しいのは羊の皮をかぶった狼タイプの人です。見た目は誠実そうにも関わらず、様々な恐怖で従わせようとしてきます。

そのことに気がついてください。そのような人がいる(手法がある)と知っているだけで、冷静になることができます。必要以上に恐怖を与えてくる人とは、まともな取引ができません。仕事上でもいずれマイナスにつながります。

わかりやすいのはパワハラやセクハラですが、他にも悪徳占い師なら「あたなは良くても孫の代にでますよ」と恐怖を与えてきます。悪徳坊主なら「あの世でどうなっても知りませんよ」と恐怖を植え付けてきます。

確かめようがないこのような恐怖ほど最悪です。「前世の悪事によりあなたが苦しんでいます。これを解決するにはこの水晶で浄化するしかありません」と勝手なことを言い、高額な物を売りつけてくるわけです。

不安を抱えている人に対して一方的に恐怖の理由を断定し、解決策として高額な物を買わせて不安を解消させるという、とんでもない悪徳業者がいるものです。

雑誌の裏などにある怪しげな商品を購入してしまう方というのは、不安でIQが下がっているからです。冷静になればおかしなことに気がつくはずです。

不安の正体を見誤らないでください。多くの不安はいわれもない小さな不安です。また大きな不安は解決策などそうそうあるものではないので、気にしても仕方がないことばかりです。

これも覚えておいてください。大きな不安ほど気にしても意味がありません。あの世のことは死んでから悩んでください。

必要以上に不安を感じないでください。IQを下げないでください。

その一つの方法論が小さな不安をあえて体験してみることです。簡単に乗り越えられることを知ると、いわれもない恐怖の嘘を見抜くことが出来るようになり、いちいち不安にならなくなります。

必要十分な物に囲まれることになり、結果的に無駄な物が減り、節約にも役立つと思います。


down

コメントする