節約はレジャー!

パソコンしながら運動!?デスクワークでも出来る3つの方法

パソコンしながら運動?

デスクワークの職場最近は仕事でもプライベートでもパソコンに長時間向かう方が多いと思います。長時間座りっぱなしのデスクワークは疲れが蓄積してしまうものです。

出来ることなら頻繁に立ち上がって軽い運動やストレッチを行うのが理想だとは思いますが、会社だと周りの目もあり簡単ではありません。

そこで今回はパソコンの前に座ったまま出来る3つの「ながら運動」を紹介します。エコノミー症候群の防止の為にも意識してほしいと思います。

【スポンサーリンク】

1 姿勢

デスクワークの女性「姿勢」というのは「正しい姿勢で椅子に座る」ことです。

実は正しい座り姿勢をキープさせるだけで、腹筋や背筋を鍛えること刺激することができと言われています。特に長年のデスクワークで姿勢が崩れている人ほどトレーニングの効果があります。

パソコン作業をする時はデスクに肘を着いたり、椅子の背にもたれかからないように気をつけてください。楽な姿勢というのは、それだけ筋肉を使っていないということです。

正しい姿勢に慣れるまでは痛みや疲れを感じるので、始めは疲れてきたらいつもの姿勢に戻してください。パソコン作業に支障をきたしては元も子もありません。

それでも作業を始める度に姿勢を正す習慣をつけることで、徐々に腹筋や背筋が鍛えられて正しい姿勢を長くキープできるようになっていきます。

正しい座り姿勢が身に付くと頭の重さを背骨が支えられるようになるので、長時間のデスクワークが楽になります。また脳への血流も良くなるので、仕事の効率もアップするかも知れません。

またこのような正しい姿勢になる専用品に頼るのも良いと思います。骨盤が起き上がった状態をキープする感覚が理解できるようになります。

常に使い続けるというよりも、正しい姿勢に理解するという意味でおすすめです。実際に私も過去に使用していました。

無理に胸を張った姿勢が正しいのではありません。そこだけを意識すると腰や背骨を痛めてしまいます。骨盤を起こして肩甲骨の位置が整うと、自然と胸が張ったような姿勢になるものです。胸を張るのとは意味が違います。

このような姿勢を補助する器具は、ホームセンターや東急ハンズなどで実際に座ってみるのもおすすめです。普段の座り姿勢との違いに気がついてください。

正しい姿勢を理解して慣れてくれば、その姿勢に合わせてパソコンの設置位置やモニターの角度、デスクやイスの高さを正しく調整しなおしてください。すると姿勢が崩れると操作しずらくなるので、自然と良い座り姿勢をキープしやすくなります。

またにデスクワークをしている机に鏡を置いておくのも効果的です。客観的に自分の姿勢の悪さを意識することが出来ます。カッコよくパソコン作業をしているつもりでも、背中が丸まっているかも知れません。

パソコン作業時の姿勢を正すということは、身体の疲れを軽減させるだけではなく、周りからの印象も良くなります。

2 貧乏ゆすり

「貧乏ゆすり」というと大げさなのですが、パソコン作業中に意識的にゆっくりと貧乏ゆすりを行うことで、ふくらはぎの筋肉を刺激することが出来ます。これはエコノミー症候群予防に効果的と言われています。

ふくらはぎの筋肉は第二の心臓とも呼ばれており、血液を心臓に送る役割があります。普通に歩くことでも刺激を与えられるのですが、長時間パソコンの前にいると血液やリンパの流れが滞ってしまいます。

このふくらはぎの運動の為にも正しい姿勢が重要になるので、先に座る時の姿勢を意識するようにしてください。

この意識的に行う貧乏ゆすりは足がむくみやすい方にも効果的です。そもそもむくむというのは血液やリンパの流れをせき止めてしまうことが原因です。足組みや偏った姿勢ほど流れを悪くしてしまいます。

また貧乏ゆすりはデスクワークだけではなく、長時間の会議や移動時間、それこそ長時間のフライト時にも行うと効果的です。周囲の人に迷惑にならない程度にゆすりましょう。

またある程度自由な職場環境であれば、貧乏ゆすりをしやすいように靴を脱いでしまうのも効果的です。

さらにデスクの下に「青竹踏み」などを設置しても良いかも知れません。ふくらはぎの筋肉と足つぼも刺激出来て一石二鳥になります。

最近はテレビでもふくらはぎの筋肉を刺激することの重要性が多く取り上げられるようになりました。

むくみが酷い方はふくらはぎにサポーターを装着することも効果的です。

特に健康的に問題がない方でも、デスクワークが中心の方は意識してほしいと思います。

日頃から運動を心がけることが理想ですが、パソコン作業中は正しい姿勢を意識して、ふくらはぎの筋肉を刺激する習慣を身につけておいてください。

そのためにもゆっくりとした貧乏ゆすりは効果的です。

つま先立ちちなみに「貧乏ゆすり」が上手くいかない方は、椅子に座りながらつま先立ちをキープすることでもOKです。

座り姿勢だとそれほど体重がかからないので親指の一点に集中することができると思います。疲れてきたら逆につま先を上げて踵だけの姿勢をキープしてください。なるべく足指を反らせることでふくらはぎを刺激することになります。

ただし、革靴を履いたままだとシワになるので気をつけてください。

3 片足もも上げ

「片足もも上げ」というのは、椅子に座りながら片方の足を少しだけ持ち上げるだけの運動です。

パソコン作業をしながらでも腹筋と太ももの筋肉に刺激を与えることが出来ます。両方の足に差が出ないようにバランスよく交互に太ももを上げてください。

軽く上げるだけでも効果はありますが、なるべくなら高く上げた方がきつくなります。逆に辛い方は足のつま先を床につけたままでも構いません。安定感が出ると思います。

両足の太ももを同時に上げてしまうとバランスが取れないのでデスクワークどころではありません。あくまでもパソコン作業がメインなので、支障が出ないように片方ずつ「ながら運動」を行ってください。

この「片足もも上げ」も正しい姿勢で座っていないと出来ません。猫背や砕けた姿勢だと意味がないので気をつけてください。それぐらい正しい姿勢は重要だということです。

また最近では太ももの間に挟んで内腿の筋肉を鍛える器具も人気があります。これも職場環境や女性のスカートだと難しいのですが、問題ない環境であればパソコン作業と相性が良い「ながら運動」だと思います。

パソコン作業中の座り姿勢というのは、姿勢を正していれば上半身の筋肉は問題ありません。きちんと骨盤にのった姿勢であれば肩こりや首のコリも軽減されます。

パソコン作業中に問題なのは下半身の筋肉ということです。だからこそ「片足もも上げ」やふくらはぎの運動を取り入れてみてください。

自宅の場合

ちなみに自宅のパソコン作業であれば、他にも選択肢が広がります。

周囲のことを気にする必要がないので、椅子をバランスボールにすることで体幹を刺激することが出来ます。これは読書などでも使えるテクニックです。あまり集中し過ぎるとずり落ちてしまいますが。

さらに根本的な解決方法として、パソコンを設置しているデスクの高さを上げる方法があります。一部の企業が取り入れてデスクワークの作業効率が上がったとニュースになっていました。

これだと立ちっぱなしでパソコン作業をすることになるわけです。職場で勝手にデスクを変えることは難しいですが、自宅であれば可能だと思います。

また高さを細かく調節できるデスクというのは、椅子と組み合わせた時にベストな高さに調節できます。

あなたの体型に合わせて、より正しい姿勢に近づけることが出来るので、長時間のデスクワークの方にはかなりおすすめです。

職場のデスクでも可能であれば調整してください。僅かな違いでも長時間積み重なることで違いが出てくるもです。

ちなみに、さらにとんでもない商品がありました。

何とエアロバイクをこぎながらパソコン作業が出来る商品です。ここまで思い切った商品は珍しいと思います。

もし倒れたりパソコンが落ちたらどうするのでしょうか・・・流石におすすめはしませんが(笑)。

一般的なルームランナーでもDVDが見られるものもあるので、パソコン作業といっても動画を視聴するようなことであれば問題ないのかも知れません。

自宅でパソコン作業を行う場合は、やはり定期的に立ち上がって軽い運動を行うことではないでしょうか。

特別な運動や器具に頼るよりも、アラームをセットして長時間座りっぱなしにならない工夫をすることがベストだと思います。

【スポンサーリンク】

まとめ 長時間の影響力

今回はパソコン作業をしながらできる運動を紹介したのですが、あまり難しい運動や筋トレをしてしまうと、本業のパソコン作業の効率が落ちてしまいます。限界まで筋肉を酷使しながら頭もフル回転できる人はそう多くないと思います。

頬杖つきながらのパソコン作業あくまでもメインはデスクワーク、パソコン作業なので、支障が出ない程度の「ながら運動」を心がけてほしいと思います。

姿勢を正してパソコンに向かうことは大切ですが、大事な資料を作成する時に貧乏ゆすりや片足もも上げをする必要はありません。

あくまでも簡単なパソコン作業(動画視聴など)と上手に組み合わせてください。

今回紹介した「パソコンしながらできる運動」の他にも、お腹を凹ますだけのドローイングという腹筋を鍛えるトレーニングや、お尻の筋肉をギュッと引き締める運動もおすすめです。

参考お尻の筋肉を鍛えるメリットが凄すぎ!

ただしお尻の筋肉は調子にのって力を入れ過ぎると筋肉痛になってしまいます。普段あまり意識して使う筋肉ではないので簡単に筋肉痛になります。

それだけ効果があるとも言えるのですが、お尻の筋肉痛は長時間のパソコン作業とは相性が悪いです。本業に支障をきたしては元も子もありませんので、やり過ぎにだけは気をつけてください。

やはり一番の「パソコンしながらできる運動」は、座る姿勢を正すことです。

パソコン作業のイラスト椅子に深く腰掛けて骨盤を起こして座ってください。骨盤が起こされると背骨が自然なS字カーブを描いてくれます。

悪い姿勢に慣れていると、初めはこの姿勢が辛く感じますが、徐々に正しい姿勢をキープする筋力が付いてくると必ず楽になります。

肩甲骨の位置も整い、見た目の印象もグッとよくなります。姿勢の良さは健康だけではなく、人の魅力をアップさせる効果もあります。洋服だって似合いやすくなるものです。

改めてパソコン作業をする時の姿勢を意識してください。またその正しい姿勢を導く為の投資(デスクやイス)はコストパフォーマンスが高いと思います。節約という意味ではコストかかりますが、結果的に健康になり作業効率が高まるのであれば、医療費の節約につながります。

仕事でパソコン作業を長時間行う方は、姿勢や環境を整えてください。

当サイトでは様々な節約方法を紹介しているのですが、何でも安ければ良いと言っているわけではありません。長時間使用するモノや健康に影響するモノの質を落とすべきではありません。

むしろ節約して貯めたお金で、そのような良質なモノに投資することで、生活の質も健康の質も良くなります。

猫背の女性のイラスト正しい姿勢は無駄な疲れを軽減してくれます。見た目の印象も良くしてくれます。肩こりなどの慢性病にも効果的です。そして何よりもメインのパソコンの作業効率も上げてくれます。

悪い姿勢で血液やリンパの流れが滞っていれば、脳は100%の力など発揮できません。肩や腰に痛みがあったり、足が冷えていたり、むくんで疲労感があったりすると、集中力も落ちてしまうものです。

パソコン作業を効率よく行うためにも、きちんとした姿勢を意識し、簡単なパソコン作業の時に取り入れられる「ながら運動」を行ってみてください。

今後の人生の健康為にも、姿勢を軽視しないで意識して欲しいと思います。


down

コメントする