節約はレジャー!

パソコンは電源をつけっぱなしの方が電気代を節約できる?

パソコンの電気代

光り輝くノートパソコン様々な家電製品が増えてきましたが、パソコンも多くの家庭に普及しています。

最近の家電は省エネを意識しているので、パソコンの電気代も昔から比べると格段に抑えられているのですが、パソコン設定や環境を意識することで、僅かですが電気代を節約することが出来ます。

そこで今回はパソコンの電気代を節約する方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

スリープモードと電源OFFの違い

パソコンの電源まず紹介したいパソコンの電気代の節約方法は、「パソコンの電源の切り方について」です。

昔からよく言われていることなのですが、パソコンの電源を「OFF」にするよりも、電源をつけっぱなしの「スリープモード」にしておいた方が電気代を節約できることがあります。

パソコンは電源を切るときに様々な設定を保存することになり、一時的に電気の使用量が大きく上がります。そして電源を入れた時も同様に多くの電力を使用します。

なのでパソコンの電源を切るのではなく、スリープモードにしておいた方がいいと言われているのですが、スリープモードでも僅かに電気は使用されています。

これに関してはマイクロソフト社が90分という目安を発表しています。スリープモードが90分を超える場合、パソコンは電源をOFFにしたほうが電気代の節約になります。

ただし、電気代の差は物凄く僅かです。

パソコンを一晩(8時間)スリープモードにしていた場合と、電源をOFFにしておいた場合の電気代差は、何と1円にも満たないのだそうです。

消費電力の多かった昔のパソコンであれば、この電気代の差も大きかったのですが、省エネの現代のパソコンでは、それほど差がないということです。

またマイクロソフト社のデータも数年前のものであり、最新のパソコンではさらに電気代の差が少なくなると考えられます。

要するに、あまり気にすることはないと思います。

一応90分という目安はありますが、数時間程度であれば電源をつけっぱなし(スリープモード)の方が良いと考えていいのではないでしょうか。

蛍光灯はオンオフを繰り返すことで寿命が短くなると言われています。24時間のコンビニのようにつけっぱなしだと寿命が長い傾向があります。

パソコンの電源も頻繁にオンオフを繰り返していると、消耗が早くなると考えられます。ごくわずかな電気代の節約の為に、極端なことはしない方が良いかと思います。

パソコンの電気代のメイン

スタイリッシュなマッキントッシュ家庭でパソコンに使用される電気代の多くを占めるのは、パソコン本体ではなくモニターの電気代と言われています。

数年前からデスクトップ型パソコンのモニターが大型化され、20インチを超えるのが当たり前になってきました。

このモニターの明るさを調整することで、1~2割程度の電気代を節約することが出来ます。また目の負担も減るのでおすすめです。

さらに壁紙の設定もシンプルにすると消費電力が抑えられます。こちらも目に優しくなります。

私はライトグレーに設定しています。消費電力の為には白や黒がいいという意見もあるのですが、目に負担のかからない色を優先しています。

さらに細かく言えば、音量を下げることも僅かに電気代を節約させることになります。

また音楽など長時間スピーカーを使用する場合は、イヤホンやヘッドホンを使用した方が電気代の節約になります。

単純にパソコンに付属しているスピーカーは音質が悪いので、個人的には良質なヘッドホンをおすすめしたいと思います。

参考良質なヘッドホンはコスパが抜群!

パソコン周りの環境

パソコンは熱に弱く、気温の高い夏場が苦手です。

パソコンのファン長時間パソコンを使用すると熱をもってしまいます。そのままだと故障するのでパソコンの内部のセンサーが熱を察知して冷やします。

その為にモーターでファンを回すことになるのですが、その為に余計な電気が必要になります(ウィーンと音がします)。

パソコンが熱くなると消費電力が上がるということです。

パソコンに直射日光が当たったり、熱がこもりやすい配置を避けることは、電気代の節約だけではなく、パソコンの寿命を延ばすことにもなります。

特に持ち運びのしやすい小型のノートパソコンは熱の影響を受けやすい傾向があります。毛足の長い絨毯や布団の上に置いてしまうと、サイドの換気口がふさがれるので気を付けてください。

また夏場など気温が高い環境で長時間ノートパソコンを使用する方は、パソコンの下に冷却パッドなどを設置することも有効です。

強制的に冷やすタイプもありますが、熱の伝導率の高い素材で熱を逃がすタイプも売られています。

また長期間使用しているパソコンにもホコリが貯まっているものです。通気口のホコリを掃除機で吸い取ったり、日頃からパソコン周辺の掃除も意識してください。

適切なメンテナンス(掃除やファンの可動部にグリス)は、パソコンの寿命だけではなく電気代の節約にも大きく影響を与えます。

【スポンサーリンク】

まとめ 電源OFFの必要性

シンプルなパソコン基本的に現代のパソコンの電気代を、劇的に節約する方法はありません。多くが省エネタイプになっているからです。

不必要な常駐ソフトをアンインストールすることなどで、僅かに消費電力が改善されるケースもありますが、数字に表れるほどの電気代の節約は「モニターの明るさ調整」ぐらいだと考えてください。

ただし、パソコンの電源を常につけっぱなしにすると、それはそれでリスクがあります。

自動アップデートを受けられなかったり、外部から不正アクセスされやすくなります。

こまめにパソコンの電源を切る必要はありませんが、外出時や就寝時は電源を切ることが望ましいです。

新しいパソコン基本的にパソコンは新しいモデルほど省エネに設計されています。

一部の高機能パソコンは消費電力が大きい傾向がありますが、お手頃な価格帯のパソコンの場合は、モニターの大きさで消費電力に差がでます。

大画面のデスクトップ型パソコンよりも、小型画面のノートパソコンの方が圧倒的に消費電力は少ないです。ただし熱がこもりやすいので適切なメンテナンスが必要です。

これからパソコンの購入を考えている方は、これらの条件も意識して選んでください。ライトユーザーであればタブレットでも十分だと思います。電気代も大幅に節約することになります。

オンラインゲームや動画の編集などは高性能なパソコンが必要ですが、多くのパソコン作業には普通の性能でも十分です。

もちろん使用環境によりますが、ほどほど価格帯のパソコンを数年おきに買い替えるのが、節約という意味でもお得だと思います。

ハードディスクやバッテリーは当たり外れがあり、数年で壊れてしまうこともあります。

それらを上手に見極めて、自分でバックアップやメンテナンスして長く使うことも可能ですが、大抵の方はそれほどパソコンに詳しくないと思うので、数年おきに買い替える方が様々なリスクの分散になります。

私も数年おきにパソコンを買い替える度に思いますが、数年前の高性能モデルと現在の低価格なエントリーモデルと大差がないどころか、逆転していることも珍しくありません。

パソコンの電気代も新しいモデルほど抑えられているので、適度に買い替えて節約してほしいと思います。

大切に長く物を使うことは素晴らしいことではありますが、物によってはリスクが増すこともあります。壊れてから買い替えても間に合う物も多いですが、パソコンに限って言えば壊れる前に買い替えた方がいい物です。

リスクを上手に見極めて、節約につなげてほしいと思います。


down

コメントする