節約はレジャー!

節約が快感になる人の考え方、苦痛になる人の考え方の違い

節約の意味

一般的に節約をする意味、理由というのは、多くはお金を貯めることになりますが、その節約をしたことによって貯まったお金の意味は、人それぞれ違います。

  • なんとなく節約をする人
  • 借金があるから節約をする人
  • 老後に不安を抱えて節約をする人
  • 欲しいものがあるから節約をする人
  • 将来の目的達成の為に節約をする人

どれが正解というわけではありませんが、節約をして貯めたお金の使い道によって、節約は快感にも苦痛にも変化します。

【スポンサーリンク】

節約が快感に感じる人の考え方

節約が快感に感じる人の考え方というのは、要するに節約をすることが気持ちいいと感じている人です。

気持ちよさを感じるポイントが人それぞれ違いますが、節約という行為そのものに気持ちよさを感じているのではなく、それによって得られるであろう結果に気持ちよさを感じている人のことです。

これはパブロフの犬で考えるとわかりやすくなります。

毎回エサをもらう前にベルが鳴ることを学んだパブロフの犬(の脳)は、餌が目の前になくても、ベルだけでよだれを垂らすようになるわけです。

節約に快感を感じる人も凄く似ています。

節約という行為ではなく、その先の目的が達成されること(近づくこと)に気持ちよさを感じています。

節約が苦痛に感じる人の考え方

一方で節約が苦痛に感じる人の考え方というのは、この逆になります。

パブロフの犬に初めてベルを鳴らした時は、全くよだれが垂れません。「ベル=エサ」という思考回路が出来上がっていないからです。

節約が苦痛に感じる人は、目の前の節約という行為の先をイメージできていないと言うことです。

特に漠然としたイメージだと難しくなります。老後の不安、なんとなく将来が不安という考えでは、ゴールが設定できません。

一方で借金や目的があって節約をしている方は、具体的な数字がイメージしやすいわけです。

いつまでに、いくら節約すればいいのかわかるので、ゴールまでの道筋を頭の中に具体的に描くことが出来ます。

老後にいくら必要なのかイメージできないと、どんなに節約をしても不安は解消されません。

また何となく将来が不安だという理由で節約をしても同様です。いくら貯めたらいいのかわかりません。

気持ちよさの正体

犬は他の動物に比べると頭が良いとは思いますが、流石に一回のしつけで全てを理解できるわけではありません。

しつけを何度も何度も繰り返すことで、飼い主の反応の違いを感じ取り、飼い主が喜ぶ反応を選択するようになります。

賢い犬というのは、犬自信の行動に気持ちよさを優先するのではなく、飼い主の笑顔に気持ちよさを感じるようになるわけです。

動物園のショーなどのしつけでは、もっと単純に飼い主の笑顔ではなく、エサを貰えるという行為と直結させることで、飼い主(従業員、または参加する観客)が変わっても同じような行動が取れるようになります。

これらの行動の流れを簡単に説明すると洗脳です。洗脳したい側が相手の気持ちよさを利用して、特定の行動を促しています。

この気持ちよさがポイントになります。誰かにコントロールされている気持ちよさではなく、本当の自分の気持ちよさをコントロールする必要があります。

脳の仕組み

食べ物を食べた時に気持ちよさを感じるのは、誰もがイメージできると思います。

ですが、その気持ちよさは、実際には食べ物を食べる前から感じています。だから食べようとするわけです。

現代だと食べ物屋さんのディスプレイだったり、他のお客さんの料理の見た目や香りに影響をうけます。

または焼き鳥や鰻屋の換気口から漂う香りなどです。これは意図的に仕掛けられています。

このような情報を受け取ると、パブロフの犬のように実際によだれがたれなくても、口の中につばが多くでるなどするわけです。

これが大昔だと何かしら獲物に当てはまります。イノシシや鹿を見つけた途端に「いたー!」となって襲いかかるわけです。

獲物を見つけた時点で脳は気持ちよさを感じています。「今晩はご馳走だー!」と脳の中でイメージすることができます。

だから多少の危険を顧みずに狩りをすることができるわけです。

もしお腹がいっぱいで同じようなシチュエーションに出くわした場合は、わざわざ危険な狩りをする必要はありません。

獲物を発見しても気持ちよさを感じないどころか、むしろ危険だから逃げようと判断するかも知れません。

現代の狩人ならお金の為にいくらでも狩るのかも知れませんが、肉の保存方法もない大昔だと必要以上に狩ることはないわけです。

お腹がいっぱいのライオンの前にムーの群れが通りがかっても、決して襲うことはありません。

脳は気持ちよさを感じるのであれば、いくらでも行動を促します。

この気持ちよさを他人にコントロールされることを洗脳と呼ぶわけです。親から子への場合は教育とも言いますが、仕組みは同じです。

親が勉強をすることが子供にとって良いことだと思っている場合は、「きちんと宿題をしないとサンタさんが来ないぞ!」など言うわけです。

これはあくまでも親の都合です。もしイチローのお父さんが同じことをしていたら、今のイチローの活躍はなかったのかも知れません。

もしかしたら勉強の方で大スターになったかも知れませんが・・・。

洗脳(教育)とは良い悪いは別として、誰かの気持ちよさの定義の書き換え、コントロールということでもあります。

気持ちよさのコントロール

親が子供に勉強をさせることが悪いこととは言いませんが、国や文化や時代が変われば正しいという定義も変わります。

少し前の日本だと学校で勉強することよりも、家の畑仕事を手伝うことの方が親にとって都合が良い時代がありました。

畑仕事も手伝わずに勉強をしていたら怒られていたわけです。偉人伝などにしばしばあるパターンです。

正しいという定義に正解はないのですが、少なくとも自分で選ぶ必要はあるのではないでしょうか。

分別がつかない子供は悪気もなく虫を何匹も潰してしまうものなので、ある程度は親や教育者が導いてあげる必要がありますが、大人になっても誰かに導かれたままに行動していると息苦しくなります。

息苦しさの正体が、気持ちよくないということです。

自分の気持ちよさをコントロールしてください。本当にあなたが気持ちよいと感じる行為を見つめ直すことが、他人から仕掛けられた洗脳を解くヒントになります。

気持ちよさの正体

脳は気持ちよさに従います。

気持ちよさを感じるポイントに従順です。

この気持ちよさを感じるポイントは人それぞれなのですが、多くの方が他人から仕掛けられた気持ちよさの定義に影響を受けています。

押し付けられた気持ちよさとでも言いましょうか、世間の常識の気持ちよさに従っていると、本当の気持ちよさを感じることが出来ません。

マイホーム、マイカー、結婚、海外旅行、etc

どれも自分で納得して選択しているのであればいいのですが、常識的な判断で選択してしまうと、そこに気持ちよさを感じることは出来ません。

「30になったし、そろそろ身を固めようかな」という判断で結婚相手を選ぶようなことです。そこには気持ちよさよりも打算が上回ります。

負け組、負け犬になりたくないという不安ベースで結婚相手を選ぶと、不安は解消されても気持ちよさは感じられません。

食べ物の好みなら多くの人が自分で判断できるはずです。そこに他人の情報が介入する必要はありません。もちろん参考にするのは構いませんが、判断の基準を変える必要はないということです。

本当は美味しいと感じていないのに、周りの人が美味しいと言っているから、ミシュランの星がついているからと、判断の基準を書き換えてしまうと気持ちよさは感じられなくなってしまいます。

節約の気持ちよさも同じです。

【スポンサーリンク】

まとめ 答えは自分の中

悲しそうに貯金箱を眺める女性節約がブームだからと言って節約をしても気持ちよさは感じられません。

また不安ベースの節約でも気持ちよさは感じられません。その不安は誰かに押し付けられている可能性が高いです。

一方で節約の先に目的がある方は、他人から見ると苦しそうな節約でも気持ちよさを感じているものです。

たとえば自分の洋食屋さんを持ちたいという夢がある若者が飲食店で皿洗いのアルバイトをしていると、生き生きと目を輝かせながら仕事をこなせるわけです。

食器の種類から盛り付け方、味を盗むことだって出来ます。将来のイメージに役立っていると感じられるので、気持ちよさを感じるわけです。

一方で何となくアルバイトをしている若者だと決して気持ちよさは感じられません。ただただ時間が過ぎるのを待つ苦痛が続きます。

傍から見れば同じ皿洗いという行為でも、当人が感じている気持ちよさは全く違います。

これは世間一般で苦しいと言われているダイエットや筋トレでも同様です。ダイエットや筋トレが成功している方というのは、その行為に気持ちよさを感じています。

具体的な未来のイメージが頭の中にあるので、パブロフの犬のよだれのように、すでに気持ちよさを感じられているわけです。成功する前から気持ちいいので、当たり前のように成功することができます。

節約も同じです。未来のイメージがない節約は苦痛にしかなりません。

また誰かに押し付けられた偽の気持ちよさ(世間の常識)では、決して本当の気持ちよさを感じることはできません。

節約に快感を感じられない方は、改めて何の為に節約をするのかを明確にしてください。

漠然とした不安ではなく、冷静に節約をする理由を見極めてください。

不安の正体が誰かの押し付けだとわかれば、もしかしたら節約をする必要すらなくなるかも知れません。

だからこそ、あなたが心から気持ちよさを感じるポイントを大切にしてください。

大切にすればするほど、気持ちの良い選択ができるようになり、その他の押し付けられていた多くの選択(洗脳)から解放され、結果的に節約になります。

心から美味しいと感じるおふくろ味が人それぞれ違うように、誰かに決められることではありません。そこに正解はありません。

その気持ちよさの大切さに気づくと、それ以外の押し付けられた偽の気持ちよさ(世間の常識)が見えてきます。

するとあまりにも不要なモノが溢れていたことに気がつきます。それらを手放すことに気持ちよさを感じられるようになります。

これが断捨離の気持ちよさを感じている人の特徴でもあります。どんどん肩の荷がおりて身体が軽くなっていくので、節約だけではなく健康にもなります。

モノを所有することが悪いのではありません。それが心から気持ちよさを感じるモノであれば、いくら所有してもいいと思います。

何かのコレクターのように本人が満足しているのであれば問題はありません。それはお袋の味と同じです。

改めてあなたが大切だと感じるモノ、気持ちよさを感じるモノ、気持ちよさを感じる行為を見つめ直してください。目をつぶってリラックスすると向き合いやすくなると思います。

多くの方が食べ物の好みや音楽の好みは自分で選択できています。その選択する時の気持ちよさを、あらゆるモノに広げていくのがポイントです。

流行の洋服や髪型が全ての人に似合うわけがありません。あなたに似合う洋服や髪型を選ぶように、あらゆるモノを選択してください。もちろん必要ないモノは排除してください。

そもそも今年の春に流行る洋服や色が発表されている時点でおかしな話です。流行とは本来結果論のはずです。流行する前から流行させようとする人がいるということです。

流行のカラーを流行らせる為には、先に繊維メーカーを巻き込んで生地を大量生産させる必要がありますし、ファッション雑誌で早くから紹介する必要があります。

そもそも新しい流行を作らなければ新しい洋風は売れません。あくまでも結果論ではなく、先に決められた流行があります。まさに洗脳なわけです。

ほどほどに流行を取り入れることが悪いわけではありませんが、あくまでも自分のフィルターを一度通す必要があります。それが自分にとって気持ちよさに繋がるのであれば問題ありません。

流行しているからと自分に全く似合わない洋服を、ろくに考えることもなく、試着もすることなく取り入れることは、完全に洗脳されたということです。

洋服だと比較的わかりやすいですが、様々な商品で同じような状態になっていることに気がついてください。驚くほど必要もないモノがあるものです。(⇒ネコにとっては格好の遊び相手かも知れませんが)

そのような情報に惑わされない為にも、しっかりと自分の気持ちよさを大切にしてください。結果的に他人の洗脳の影響を受けにくくなります。

節約に快感を感じられない人こそ、改めて自分の気持ちよさを大切にしてください。

自分のフィルター(判断基準)の汚れ(洗脳)を掃除してください。

きっとそこに答えがあります。節約をする意味がくっきりと浮かび上がり、快感が得られるようになると思います。


down

コメントする