節約はレジャー!

ポカリスエットの成分は点滴と同じ!?メリットとデメリット

ポカリスエットとは?

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。ポカリスエットとは大塚製薬が1980年から販売している清涼飲料水です。

ポカリスエットはテレビコマーシャルなどの影響で、スポーツドリンクのようなイメージがありますが、実は「飲む点滴」とも言われています。

そもそも販売元の大塚製薬が点滴の成分を元にポカリスエット開発しているので、実際に点滴と非常によく似た成分になっています。

ポカリスエットを飲むということは、調子が悪い時に病院で点滴を打ってもらうことと同じような意味を持ちます。

もちろん点滴の方が血管から直接吸収されるので効果は早いのですが、ポカリスエットでも近い効果が得られるようなことです。

一方で「飲む点滴」だからと安全と決めつけて、安易に飲み過ぎることにはリスクがあります。

そこで今回はポカリスエットのメリットとデメリットについて紹介します。

【スポンサーリンク】

ポカリのメリット

点滴そもそも点滴は身体の調子が悪い時に打つものです。

風邪などで体温が上がり、汗で身体の水分が失われている状態を速やかに回復させる目的があります。

通常の水を飲むことも大切なのですが、体液の成分に近い点滴やポカリスエットは、水よりも吸収されやすいという特徴があります。

また高熱で食欲が落ちている場合や、真夏の炎天下で食欲が落ちている時もおすすめです。スムーズにカロリーと水分を摂取することが出来ます。

実際に身体が点滴を打つような状態の時は、ポカリスエットは非常に有効な飲み物です。

固形物(一般的な食べ物)は消化にエネルギーを使ってしまいますが、点滴のように液体であれば内臓の負担が軽くなります。ポカリスエットはエネルギー補給だけでなく、無駄な消化のエネルギーを使わないという意味でも効果的です。

ポカリのデメリット

0ポカリスエットのデメリットというのは、単純に高カロリーで糖分が多いからです。

身体の水分が失われていない状態で飲んでも、それほどメリットはありません。

単純にポカリスエットの味が好きで飲むのであれば、ジュースとしての目的(満足感)が達成されますが、多くの清涼飲料水と同様に糖分がたっぷりと含まれています。

ポカリスエットが飲む点滴だからと過信してガブ飲みしても意味はありません。元気な方に点滴が必要ないのと同じです。

野菜ジュースでも飲みすぎるとデメリットがあるように、ポカリスエットにも過剰摂取のリスクがあります。ここを気をつけてください。たくさん飲んだからといって健康になるわけではありません。

ポカリスエットとアクエリアス

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。ポカリスエットは飲む点滴として開発されていますが、一方でライバル商品のアクエリアスはスポーツドリンクとして開発されています。

結果的にどちらも同じような成分になってはいるのですが、アクエリアスは疲労回復物質のクエン酸やアミノ酸を多く含むという特徴があります。

だからといってアクエリアスも日常的飲むことで健康になるというわけではありません。ろくに運動もせずに過剰に栄養を補給しても脂肪になるだけです。

ただしアクエリアスにはゼロカロリーのタイプがあるので、日常的に飲んだり、カロリーを気にする方はポカリスエットよりもおすすめです。

おすすめのタイミング

ポカリスエットを飲むのにおすすめのタイミングは、身体の調子が良くなく、食欲が落ちている時です。

うちわで扇ぐ男性夏場に食欲が落ちるように、身体から汗をたくさん出すという行為は疲労につながります。

食欲がないからと水分補給だけで済ませていると、熱中症になってしまうこともあります。

汗から塩分が出るので水分補給だけでは改善しません。食事から十分に栄養補給できない時こそ、ポカリスエットがおすすめです。

ちなみにポカリスエットは常温で飲む方がより吸収されやすくなります。これはポカリスエットに限った話ではありませんが、胃の中に冷たいモノが入ると体温を使って温められることになります。

身体が熱い時に冷たいモノを飲むと気持ちがいいものですが、栄養補給という意味では常温、もしくは体温に近い温度の方が理想的と言われています。

運動で身体が火照ったあとであれば冷たくてもいいとは思いますが、身体の調子が悪い時に飲むポカリスエットはキンキンに冷やさない方が良いかと思いま

実は食べ物の消化には多くのエネルギーが必要だとされています。断食が身体に良い理由はデトックスという意味もあるのですが、内臓を休めることも多いに関係しています。

参考断食の一番の効果は食費の節約!?

同じカロリーを吸収するのであれば、消化が大変な固形物よりも、点滴のように液体のポカリスエットの方が内蔵に負担がかかりません。

アイスやカキ氷を食べ過ぎるとお腹を壊すように、食べ物の温度も内臓に影響を与えます。身体が弱っているときこそ、常温の方が良い理由です。

【スポンサーリンク】

まとめ 粉末ポカリという選択

ポカリスエットの味が大好きな方もいるとは思うのですが、清涼飲料水の多くには糖分がたっぷりと含まれています。

毎日コーラを1リットル飲んでいた方が、ポカリスエット1リットルに変えても、おそらく健康にはなりません。お茶1リットルからポカリスエット1リットルに変えたら、糖尿病になってしまうかも知れません。

ポカリスエットの成分は点滴に近いのは間違いありませんが、だからといって過度な期待は禁物です。たくさん飲んだからと言って調子が良くなるのではなく、食欲がなく調子が悪い時に水分とカロリーを吸収しやすい飲み物と考えるのが良いと思います。

エナジードリンクこれはスポーツドリンクや栄養ドリンクでも同様です。ろくに運動もせずにスポーツドリンクを飲んでも、ただの甘いジュースです。

ちなみに海外ではエナジードリンクの過剰摂取で亡くなられた方がいます。これは極端な例ですが、飲み過ぎにならないように気をつけてください。

また疲れていない時に栄養ドリンクを飲んでも意味がないどころか、夜眠れなくなって疲れを翌日に残してしまうこともあります。

これは健康に良いと言われる食品でも同様です。身体に良い漢方薬も過剰摂取は毒になるので気をつけてください。

ちなみにポカリスエットは粉末タイプも販売されています。粉末タイプであれば水で希釈する割合を自分で調節できるので、カロリーが気になる方は通常のポカリスエットよりも薄くつくることも可能です。

そして粉末タイプは場所も取りませんし、コスパも良いので節約との相性が抜群です。

常に冷蔵庫の中にペットボトルのポカリスエットをストックしておくとスペースを取りますが、粉末タイプであれば問題ありません。

身体の調子が悪くなったときの保険として、自宅に一つ用意しておくのもよいかと思います。賞味期限だけは気をつけてください。

生活スタイルに合わせてポカリスエットを上手に取り入れてほしいと思います。また職場近くの自動販売機のポカリスエットをチェックしておくと、調子が悪くなった時や食欲がない時の強い味方になってくれると思います。

また身体の調子が悪そうな同僚などに差し入れしてあげることもできます。食欲が落ちている時こそ有効なので、職場近くの購入ポイントを頭に入れておきましょう。

ポカリ=「飲む点滴」は覚えておいて損はないと思います。「ポカリ、飲まなきゃ。」


down

コメントする