節約はレジャー!

掃除を要領よくするコツ!今すぐ出来る5つの改善ポイント

掃除が苦手・・・

積み上げられたぬいぐるみ掃除が苦手な人には、いくつかの特徴があります。

  1. 完璧を求め過ぎる
  2. モノが捨てられない
  3. 置き場所が適当
  4. 掃除グッズに頼り過ぎ
  5. メリットを知らない

他にも特徴がありますが、この5つのポイントを意識するだけで各段に掃除の要領がよくなります。

そこで今回は掃除の要領が悪い人の特徴の改善方法について紹介します。

【スポンサーリンク】

1 完璧を求めない

虫眼鏡を覗く少女普段掃除をしない人が、たまに掃除をしようとすると、つい完璧を求めてしまいます。

新品の綺麗だったころを目指すあまり、挫折してしまうケースが非常に多いです。

毎日掃除をしている人であれば、落ちない焦げ付きや汚れやキズを把握しているので、あまり深追いをすることがないのですが、その基準がないあまりに要領の悪い掃除に時間を取られてしまいます。

普段掃除が出来ない人こそ、たまに頑張る掃除を適当にする必要があります。

適当にすることで時間もかかりませんので、次の掃除をする時のモチベーションを下げずに済みます。

完璧を求めるあまり数時間もかけてしまうと、腰が重くなってしまいます。

そして掃除のポイントを定めることも重要です。

部屋全体を掃除するのではなく、リビング、寝室、キッチン、お風呂、玄関、トイレなどの一つだけを掃除をすることがポイントです。

特に掃除が苦手な人は、狭い箇所、空間からがおすすめです。

玄関だけであれば、掃除が苦手でも時間はそれほどかかりません、小さな空間、狭い箇所の掃除は「ゴール」が見えているのでやり切ることができます。

簡単な掃除でも「ゴール」に達することで達成感が得られます、その達成感、成功体験が次の掃除へのモチベーションにつながります。

いきなり大きな空間の掃除だとゴールが遠すぎて途中で力尽きてしまいます、机の中からでもいいので、小さな空間の掃除から始めてください。

2 モノを捨てる

捨てられたぬいぐるみ次のポイントは「モノが捨てられない」ことの改善です。

モノが捨てられない人の考えは、「もったいない」が一番ではないでしょうか。

「いつか使うかも知れない」「誰かが必要とするかも知れない」と考えると中々物は捨てられません。

ですが、「部屋の空間も凄くもったいない」ことに気づいてほしいと思います。

部屋の収納スペースには限りがありますし、当然そのスペースにも家賃や固定資産税が発生しています。

今必要のないモノの為に、この先もずっと家賃を払っていくと考えたらどうでしょうか?

確かにいつか使うかも知れませんが、そのいつかが十年後かも知れません。

その為に家賃を払い続けるのはバカバカしいですよね、必要になった「いつか」が訪れた時に最新のモノを購入したほうが、家賃よりも安く上がる可能性が高いです。

物置替わりの部屋が必要なければ家賃は下げられます、使わない車の為に何年も駐車場代を払うようなことです。

使わないモノにも維持管理費が発生していることを忘れないでください。

家賃だけではく空間を圧迫していればストレスの原因にもなりますし、掃除の手間も増えます、ホコリやカビの原因になることもあります。

いつか使うかも知れないモノ(大抵は使いませんが)を取っておくのは、かなりのデメリットがあることを意識してください。

フリーマーケットの風景ただ捨てるのは心苦しいとは思いますので、リサイクルショップやフリーマーケット、人に譲るのもいいと思います、洋服であれば雑巾にして再利用することも出来ます。

その判断も早い方がいいです、去年流行した商品であれば喜んで貰ってくれる人もいますが、5年前に流行ったモノを貰ってくれる人はいません、どうせモノを譲るなら感謝された方が嬉しいと思います。

当然リサイクルショップの買い取り価格にも影響を与えるので、使わなくなったら即捨てる方が結果的に節約につながります。

モノを取っておくだけで余計なお金がかかると考えましょう。

難しいのは思い出の品を捨てる時です、それは別のところで紹介しているので参考にしてください。

参考思い出のモノを捨てる方法

3 置き場所を決める

乱雑に積み上げられたモノ片付けられない人の特徴に「モノの置き場所が定まっていない」ということがあります。

モノの置き場がないので、片付けようにも片付けられない状態なわけです。

本棚がないのに本を購入しては、床や本棚の上にまで積み上がってしまいます。

特に小物の置き場所が決まっていないと、どんどん数が増えてしまいます。

ボールペンなどは一生かかっても使いきれないほど、自宅にある方も珍しくありません。

ハサミも一つあれば事足りるはずですが、何本も所有してしまいます。

モノの置き場所を決めることで、そのような重複を減らすことができるので、無駄な買い物を減らすことになり、結果的に大きな節約になります。

吊るされている洋服モノの置き場所を決めるポイントは、収納スペースの七割を目指すことです。

本棚やクローゼットにびっしりと詰め込むのではなく「七割をキープする」ということです。

十割でキープは出来ません、常に七割を意識することがポイントです。

食器棚なども同じです、ある程度の隙間や空間がある方が全体の把握もしやすく、奥のモノを取り出すときもスムーズです。

靴箱でも余分なスペースがあれば、掃除の時に寄せておくスペースがあるわけです。

冷蔵庫が一杯だと消費期限が過ぎたり、同じものを購入したり、腐らせたりするわけです、冷蔵庫の扉を開く時間が長くなれば余計な電気代もかかってしまいます。

常に七割ぐらいをキープすることが、モノを管理をする面でのメリットが大きいです。

4 掃除グッズに頼らない

最近では便利な掃除グッズがたくさん売られているのですが、それらのグッズによって部屋や物置が散らかるケースがあります。

特に大がかりな商品は取り出すのも一苦労なので、結果的に使わなくなってしまいます。

少し前に高圧洗浄機がテレビショッピングなどで売られており、自宅で洗車をする人がたくさん見られたのですが、現在はあまり見られません。

高圧洗浄機を物置から引っ張り出してきて、水道やコンセントをつながなければなりません、洗車だけでも一苦労なのに、その後に高圧洗浄機の片付けも必要です。

寒冷地では水をしっかりと抜かないと、残った水が凍って故障することもあるので、かなり面倒な作業が必要です、結局無駄な買い物になってしまいます。

多くの方がコイン洗車場に戻るか、ガソリンスタンドの洗車機のお世話になることになります。

参考節約の観点から洗車を考察

家庭用の掃除グッズでも同様です、布団専用の掃除機やお風呂場の天井を拭き取る用のグッズなど、それにしか使えないような掃除グッズに頼り過ぎてしまうと、モノが増え続けてしまいます。

潔癖症の方はお風呂に入る度に天井まで拭きあげるそうですから、そのような人には必要なグッズではありますが、多くの方には必要のないグッズだと思います、またクイックルワイパーがあれば代用できてしまうものです。

参考クイックルワイパーの活用法

洗剤も様々な専用品が売られていますが、年に一度しか掃除しないようなところに専用洗剤は必要ないと思います、使いきるのに何年かかるかわかりません、その間にドロドロになってしまいます。

頻繁に掃除をする箇所のグッズであれば専用品は便利だと思いますが、グッズに頼り過ぎると物が増えて管理が大変になってしまいます。

これは収納グッズにも当てはまることです、モノが増える原因にならないように気をつけてください。

参考便利な収納グッズのリスク

5 掃除をすることのメリットを知る

楽しそうに掃除をする女性中々掃除が出来ない人というのは「掃除をすることで得られるメリットを知らない」からでもあります。

逆に言えば「掃除をしないデメリット」の認識が薄いということでもあります。

掃除をしないデメリットを紹介すると、

不衛生⇒カビ、ダニの発生⇒病気

足の踏み場もない⇒友達を呼べない⇒洋服も汚い⇒異性にモテない

汚い⇒不衛生⇒ゴキブリ

整理できない⇒モノの重複⇒無駄遣い

モノが見つからない⇒探す時間が必要⇒時間の無駄

ゴミ屋敷⇒近所迷惑

など様々なデメリットがあります。

掃除をしないだけで様々なデメリットがあるわけです、これを意識した上で掃除をして改善すると、

衛生的⇒カビ、ダニ、ホコリの減少⇒健康になる

整理する⇒所有物の把握⇒無駄が減る⇒節約になる

部屋がキレイ⇒友達を呼べる⇒評判になる⇒異性にモテる

洋服の管理が出来る⇒おしゃれになる⇒異性にモテる

モノを大切に扱えるようになる⇒清潔感が出る⇒異性にモテる

となるわけです、やたらと「異性にモテる」が多いですが、掃除をするだけ人として「魅力が上がる」ということです。

掃除と自己啓発を結び付けている本が売れていますが、魅力が上がるのは真実だと思います。

参考おすすめの掃除本は相性で選ぼう

正しいかどうかよりも、掃除にはこのようなメリット、デメリットを意識することで、掃除をすることへのモチベーションにつなげることが出来ます、掃除の意識が変えることが、要領よく掃除をするコツでもあります。

これが最も効果的な改善ポイントです、具体的な掃除のテクニックも大切ですが、掃除をするモチベーションが上がれば、テクニックは後からついてきます。

【スポンサーリンク】

まとめ 掃除と清潔感

当たり前に掃除が出来るようになると、他人を見ても同じような人か判断出来るようになります。

他人の身だしなみを観察すると、部屋の中の汚れ具合まで、何となく判断することが出来るようになります。

微笑む女性同様に相手からもそのように判断されるようになります。

タバコを吸っていない人は喫煙者のことが直ぐにわかるものです、匂いだけではなく清潔感からも伝わってきます。

ですが、喫煙者同士では全くわからないと言います。

同様の事が掃除をしている人には、何となく伝わります。

掃除をしている人はどちらのタイプの人ともつながれますが、掃除をしていない人は掃除をしている人から敬遠されている可能性があります。

「喫煙者と付き合うなんてありえない」

という方は多いと思います、よほどの金持ちとかイケメンとか美人などの武器がない限り、相手にもされません。

流石にタバコほどではありませんが、「掃除が出来ない」「清潔感がない」というのは、かなりのマイナスだと認識してください、人からの評価の二割は損しているのではないでしょうか。

逆に考えれば、掃除をして身なりを整えるだけで、人として魅力が上がるということです、これは凄く簡単ことだと思います。

あなたの周りの異性が二割増えれ、チャンスがそれだけ増えるということです。

もちろん掃除は健康や節約にもつながりますので、自分自身にとってもメリットしかありません。さらに異性にモテるようになるのであれば、言うことないと思います。

お風呂掃除をする男性掃除が苦手な人はこれらのことを頭に入れるだけで、自然と掃除がしたくなるものです、なるべくゴールが見える小さな空間から掃除をして、気持ちのいい達成感を味わってください。

掃除を要領よくするコツは、掃除をしたことで得られる未来を意識することです。

ゴミ屋敷の人の未来が明るいわけがありませんが、もし掃除をすることが出来れば、近所の人は評価してくれます、挨拶をしてくれるようになるものです。

たかが掃除をするだけで、人としての魅力が上がるということを忘れないでください、カビやホコリが減って健康になれば顔色も良くなります、そして身だしなみが整えば、間違いなく魅力は上がり続けます。

ろくに掃除をしてこなかった人ほど、魅力が上がる伸びしろがあるので楽しみにしてほしいと思います。


down

コメントする