節約はレジャー!

節約の観点から防災対策を考察!防災グッズだけではNG

防災グッズの数々

防災グッズのイラスト最近は地震による災害だけではなく、大雨や台風による被害も増えてきました、大きな災害がある度に防災グッズが人気を集めるそうです。

私は幸いにも大きな災害に遭遇したことがないのですが、被害にあった方と話すと防災グッズの重要性について教えられました。

様々な防災グッズを見てみると本当によく考えられており、とても素晴らしいなと思うのですが、一方で防災グッズに頼るだけが防災対策ではないと感じます。

様々な防災グッズを用意することが悪いわけではありませんが、違ったアプローチもあります。

そこで今回は節約の観点から防災について考察します。

【スポンサーリンク】

災害の被害を減らす方法

災害による被害を減らすには、モノを減らすことが凄く有効だと感じています。

極端なことを言えば、全ての持ち物がバッグ一つに収まる人であれば避難所に全て持ち込めるわけです、被害は全くありません。

これは現実的ではありませんが、モノが多ければ多いほど被害は大きくなるということです。

詰め込みすぎの本棚そもそも大きなタンスや食器棚や本棚が無ければ倒れてくる心配はありません、家具や家電の転倒防止対策も大切ですが、それらの数を減らすことも防災対策の一つです。

子供が巣立って夫婦二人暮らしになったのにも関わらず、物を減らしていない方がたくさんいます。

無駄な荷物が多ければ建物が崩れるリスクも増します、救助に来てくれた人を煩わせることにもなります。

日頃から必要のないモノを処分しておくことは、とても有効な防災対策になると思います。

情報の電子化

最近は様々な情報が電子化されるようになりました。

何百枚ものレコードを所有するには相当なスペースが必要ですが、電子データーであれば全く必要ありません、これは写真やビデオや本でも同様です。

リビングの本棚にこれ見よがしに大きな百科事典を揃えておくことがステータスだった時代もありますが、現代ではパソコンやスマホ一つで事足ります。

またネット上にデーターを保管することも可能です、無料でもかなりの量が保存できます。

日頃から大切なデーターをネット上の空間にバックアップしておくことは、防災対策としても有効です。

実はお金にも同じような役割があります、お金にはモノのバックアップ機能があります。

物々交換

魚を売る黒人お金がない時代は物々交換をしていました。

大きな物は持ち運ぶことが大変ですし、食べ物は鮮度が落ちます、お金に交換することは価値を保存するということです、貯蔵に向いているのがお金の特徴です。

だからと言って財布の中にたくさんの現金を入れておく方は稀です、強盗や紛失時のリスクがあるからです。

だからといって自宅の中に札束を保管している方も少ないと思います、空き巣や強盗の可能性があるからです。

銀行のATM一方でお金を銀行に預けておけば安心です、仮に銀行が潰れたり襲われても一定額までは補償されます。

強盗や空き巣は自然災害ではなく人災ですが、多くの方が防災対策の一つとしてお金を安全な銀行に預けて管理しています。

お金の管理は当り前に行っていますが、同じ価値であるはずの物に対しては管理が甘くなる傾向があります。

物の管理や整理は、お金の管理や整理と同じことです、財布の中に必要以上にお金を入れて置かないことが強盗対策になるように、自宅の中に必要以上に物を入れて置かないことは防災対策になるということです。

ユダヤ人の知恵

世界中で迫害を受けてきたユダヤ人は、お金や所有物や土地を奪われ続けた歴史があります。

せっかく努力してお金を貯めても、国勢が変われば紙屑同然になることもあります。

ユダヤの学生たちだからこそユダヤ人は子供への教育が最も価値のあるものとして捉えています、知恵さえあれば世界中どこにいっても生きていくことができるからです。

これを日本の災害に当てはめて考えると、どんなに素晴らしい防災グッズを用意していても、その防災グッズが被害にあってしまえば意味がないということです。

必ずしも備えていた防災グッズを使用できるとは限りません、比較的安全な場所に防災グッズを備えておくことも大切ですが、それらがなくても生きていける知恵を備えることも立派な防災対策です。

家族で集合場所を決めておいたり、近所の避難所を確認しておいたり、電話番号を暗記したりすることも防災対策の一つです。

また携帯電話を失くしたとしても、連絡先をネット上に保管しておけばデーターを取り出すことが可能です。

防災グッズというモノを備えて置くことも大切ですが、情報を備えて置くことも大切です。

【スポンサーリンク】

まとめ

防災グッズの購入代金を節約しろと言っているのではありません、なるべくなら防災グッズとは別に飲料水も備えておくべきです。

ただし、お金さえかければ防災対策は万全というわけではありません。

そもそもの被害を減らす為の工夫、物の整理や処分や管理が大切です。

必要以上のモノを所有しないということも立派な防災対策です、全財産を自宅に保管しているとひとたまりもないですが、ある程度銀行に預けていればやり直すことができます。

身軽になればフットワークが軽くなります、背負う物が多いとフットワークは重くなります。

本当に大切な家族や物を守る為にも、それほど大切ではない物の整理をしておく必要があります。

不必要な物に邪魔されて本当に大切な物を見失わないように気をつけてください。

シンプルなパソコンこれはスペースの取らない電子データでも同様です、価値のない写真や動画を取っておく必要はありません、日頃から整理して置いてください。

「火事場の馬鹿力」という言葉があります、家が火事になった時に高価な家具を背負って出てきたことに対して、人間は追い詰められると普段以上の力を発揮することを表した言葉です。

大切な家族を守る為に発揮される「火事場の馬鹿力」であれば素晴らしいですが、家具の為にリスクを背負うことはないと思います。

大切なモノの基準は人それぞれですが、それほど多くはないと思います、不必要なモノを手放してフットワークを軽く保つことも防災対策の一つです。

地震で地盤が悪くなることもあります、川が決壊することもあります、土砂崩れが起こることもあります、モノや土地にこだわり過ぎないことも大切です。

先祖代々の土地を守る為に亡くなってしまうことを先祖は望んでいません、先祖は子孫が元気に健やかに暮らすことを望んでいるはずです。

本当に大切なモノを守る為に、しっかりと防災対策をしておいてほしいと思います、まずはお金のかからないモノの整理から始めてみてはいかがでしょうか。


down

コメントする