節約はレジャー!

読書しながら運動!?上手に組み合わせて時間の節約

読書しながら運動?

窓際で読書する女性読書が好きな方は、気づけば何時間も過ぎていることがあると思います。

以前の私は毎週のように図書館に通うほどの読書家でした、平日でも二時間は読書にあてていました、休日となるとずっと読書をしていることも珍しくありません。

趣味が読書の方は、どうしても運動不足になってしまうものです。

そこで今回は読書好きの方の為に、読書をしながらでも出来るおすすめの3つの運動を紹介します、わざわざ運動の為に時間を割く必要はありません。

【スポンサーリンク】

1 座らない読書

立ちながら読書をする女性座らない読書とは、要するに「立ちながらする読書」です。

単純に立ち続けているだけで足の筋肉を刺激することが出来ます、さらに本を持ち上げるので腕の筋肉にも負荷をかけられます。

ずっと立ち続けながら読書を続けるのは大変なのですが、これも習慣にしてしまうと慣れてしまうものです、そして部屋中を歩き回りながらでも読書できるようになります。

これは意外とバカに出来ない方法です、立つだけではなく、軽く歩いたりアキレス健を伸ばすようなストレッチを組み合わせてもいいと思います、私は足つぼマットを組み合わせています。

参考足つぼマットの効果が凄かった

立ながら読書をするポイントは、きちんと姿勢を正して立つことです、猫背のままだと前かがみになって、首や肩に負担がかかってしまいます、きちんとした立ち姿で目線を下げないように本を持ち上げることがポイントです。

ちなみにメンタリストのDaiGoさんは速読をマスターしているそうで、一日に十冊もの本を読むのだそうです、しかも自宅の中で歩きながら本を読んでいます、その方が脳に刺激があって効率が上がるのだそうです。

そもそも歩くという動作は、誰もが無意識に行える運動なので、意外と読書を邪魔をしません、部屋を片付けて挑戦してみてください。

2 バランスボール

青いバランスボール次はバランスボールに座って読書をする方法です。

バランスボールに乗っているだけで、身体の体幹に刺激を与え続けることができます。

さらにバランスボールは空気圧を上げることによって難易度を上げることが出来ます。

パンパンに膨らませたバランスボールに座り続けるのは簡単ではありません。

これも初めは慣れが必要ですが、徐々に空気圧を上げてみてください、さらにつま先立ちや、がに股で座ることで難易度を上げることができます。

稀にひっくり返ってしまうかもしれないので、周りの環境の安全を確かめてから読書してみてください。

ただしバランスボールは場所を取るので、あらかじめ収納スペースを頭に入れて置く必要があります。

3 筋トレ

読書をしながら筋トレというのは、主に下半身を中心とした一般的な筋トレと同じです。

わざわざ筋トレの為に時間を割くことなく、読書と組み合わせてしまうことで時間を節約させることが出来ます。

あくまでも腕を使わない筋トレに限られますが、本を読みながらでもスクワットやつま先立ち、腹筋などを鍛えることは難しくありません。

筋肉を限界まで追い込むような本格的な筋トレは、読書をする集中力が保てないので、あくまでも簡単な筋トレがおすすめです。

スクワットも昔ながらの激しいヒンズースクワットではなく、ゆっくりと膝を浅く曲げるスロートレーニングのスクワットが向いています、部屋の中を歩く読書のように、それほど邪魔をすることがありません。

他にもお腹を凹ますだけのドローイングやロングブレスダイエットなどもおすすめです、あくまでも読書を邪魔しないことがポイントになります。

片足立ちの二人の女性また片足立ちでバランスを取ることも体幹を刺激することに効果的です、これも慣れが必要ですが、読書をしながらでも無意識に長時間バランスを取ることができれば筋トレ効果は大きくなります。

また椅子に座りながらでも、片足を持ち上げたり、貧乏ゆすりのように踵を上下させることでも足の血行を促進させることができます。

参考デスクワークでも出来る運動

どの筋トレを組み合わせても良いのですが、あくまでも読書を邪魔しないことがポイントになります、だからこそ無意識に行える軽い負荷の筋トレがおすすめです。

おまけ

最後に読書をしながら行える運動のおまけとして、音読の凄さも紹介しておきます。

参考音読の効果が凄すぎる

読書をするとき声に出して音読をすると、本の内容の理解度が高くなると言われているのですが、効果はそれだけではありません。

音読の効果で有名なのは脳トレ効果です、内容の理解度を高めながらボケ防止に役立ちます、高齢者ほどおすすめです。

また音読をするということは、長時間口の中を動かし続けることになるので、口周りのトレーニングにもなります、一人暮らしで会話が少ない方は頬の筋肉がたるんでしまうのですが、音読で防止することができます。

また僅かですが、音読でカロリー消費も増えることになります、辛い運動をしたくない読書家に向いていると思います。

そして何よりも音読に慣れてくると速読に繋がります、これは読書家にとって嬉しい要素ではないでしょうか。

多くの方が本を読む時に、心の中で読み上げて音声認識をして理解しています、実際に声を発声していなくても頭の中で音声として認識しています。

頭の中で音声に変換するスピードは、実際に発声するスピードに左右されます、音読のスピードが早くなればなるほど、通常の読書のスピードも上がります。

音読には脳トレ効果、顔のリフトアップ効果、唾液分泌効果、速読効果、カロリー消費増加など、たくさんの効果が期待できます。

そして音読は他の運動と組み合わせることが出来ます、立ながらでも、歩きながらでも、バランスボールに座りながらでも、筋トレをしながらでも組み合わせることが出来ます、流石に人前では難しいですが音読はメリットがいっぱいなので、是非一度試してみてください。

【スポンサーリンク】

まとめ 読書の質

読書に没頭する男性読書好きから言わせてもらうと、やはり本は集中して読みたいので運動などしたくないのが本音です(苦笑)。

特に楽しみにしていた娯楽作品の時は、今回紹介したような運動はおすすめしません、「読書をしながら行う運動」というのは、どちらかと言えば消化するための読書、情報収集のための読書に向いています。

読書をしながら食事をする時は、サンドイッチやおにぎりなどの軽食を取ると思います、あくまでも読書がメインなので食事の質は意識していません。

読書をしながらの運動も同様です、軽い運動でないと読書の質が落ちてしまいます、今回紹介した読書をしながら行える運動というのは、読書を邪魔しない軽食のようなことです。

時々立ち上がって読書をするだけでも効果はあります、長時間座りっぱなしの読書では全身の血行が悪くなります、肩や首や目に疲れが溜まると読書も続けられなくなるので、上手に「ながら運動」を取り入れてみてください。

またお金に余裕がある方は、ルームランナーやジョーバ、エアロバイクなどを購入しても良いと思います、どれも下半身を中心とした運動なので、読書しながでも行えると思います。

そして最後に「ガムを噛む」という方法もおすすめしておきます。

参考ガムで虫歯予防、効果的な噛み方

顎を使うことで僅かですが運動になります、ガムのカロリーを消費できるのかわかりませんが、ガムを噛むことで集中力もアップするので、音読が苦手な方は低カロリーのガムやキシリトール系のガムを噛みながら読書してみてはいかがでしょうか。

健康の為には通常の運動をすることが理想ですが、大好きな読書を楽しむ為にも時間を有効活用してください、無理なく続けられる様々な「ながら運動」を取り入れてほしいと思います。


down

コメントする