節約はレジャー!

電気シェーバー の臭い対策!簡単掃除と予防方法

電気シェーバーの臭い

フィリップスの電気シェーバー髭を剃るのに電気シェーバーのお世話になっている男性も多いと思います。

カミソリの方が綺麗に髭を剃れますが、やはり忙しい朝には電気シェーバーは重宝します。

ただし電気シェーバーは使用していると、どうしても独特なイヤな臭いがするようになってしまいます。

この電気シェーバーの臭いがひどくなると、使用する度に本人に臭いがうつることにもなるので、定期的に掃除をする必要があります。

そこで今回は電気シェーバーの臭い対策として簡単な掃除方法と予防方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

臭いの原因

電気シェーバーを使用する男性電気シェーバーの独特な臭いの正体は、顔から出ている皮脂汚れが電気シェーバーの刃に付着して酸化してしまうからです。

特に水分が付着すると皮脂汚れが柔らかくなり、臭いが強くなってしまいます。

乾いた肌に電気シェーバーを使用した時は臭いは目立たないのですが、洗顔後の肌が濡れている状態だと余計に臭いがきつくなる傾向があります。

仕事中に汗をかくと、電気シェーバーからうつってきた臭いが再発することもあります。

この電気シェーバーならではの臭いが苦手な方も多いのではないでしょうか、私もその一人です。

簡単な掃除と予防

この電気シェーバーならではの臭いを予防するには、使用後の掃除がポイントになります。

電気シェーバーは使用する度に皮脂汚れが蓄積してしまうので、使用後に毎回綺麗に掃除をすることが臭い予防に最も効果的です。

専用の掃除ブラシで電気シェーバーの刃に挟まった髭を落とすことはできますが、ブラシでは皮脂汚れを落とすことは出来ません。

電気シェーバーのタイプにもよるのですが、基本的に毎回水洗いで皮脂汚れを徹底的に洗い流すことが大切です。

流れる水ポイントは様々な角度から水流にあてることです、一方向から軽く流すだけでは細かな溝の汚れは取れません。

そしてなるべく刃やカバーを分解して洗い流してください、水を当てながら電源を入れるのも効果的です。

そして電気シェーバーを洗った後もポイントがあります、それはしっかりと水分を飛ばすことです、電気シェーバーの入り組んだ刃の内側をしっかりと乾燥させる為に凄く重要です。

また簡易的に分解せずに水を流すだけでOKという電気シェーバーもあるのですが、刃をつけたままだと内部の水分が残りやすく乾燥にも時間がかかってしまいます。

これではイヤな臭いの原因になります、水洗いの後の乾燥のことも考えて分解することがおすすめです。

ただし手で振って水分を飛ばす時は、蛇口に当たらないように気をつけてください、必ず安定したポジションを持ち、刃が飛んでいかないように注意してください。

あらかた水分を飛ばした後に、一度電気シェーバーの電源を入れて刃を振動させます、これによって、より細かな水分を飛ばす効果があります。

それからなるべく風通しの良いところで刃を乾燥させてください、水滴が跳ねる可能性のある洗面所やキッチン周りは避けた方が無難です、風が当たるのが理想ですが、刃が日光に当たらないようにしてください。

もし旅行中のように持ち運ぶ必要があれば、軽くドライヤーの冷風で乾かすと良いと思います。

また電気シェーバーの中には水洗いが出来ないものもあるので、その場合はメーカーの取り扱い方法に従ってメンテナンスをしてください。

頑固な臭い対策

日頃のお手入れにはしっかりとした水洗いでいいのですが、それでも長年使用していると皮脂汚れが取れなくなってきます。

そんな時は電気シェーバー専用の洗浄剤を使用することがおすすめです、各社専用の洗剤を用意しているのでメーカーのHPを確認してください。

また格安で済ませるのであれば、重曹で代用することも出来ます。

安い重曹重曹には酸性を分解する力があり、イヤな臭いの原因となる皮脂汚れを分解してくれます。

重曹にはさらに消臭効果もあります、食品にも使われるので安全性も高いので安心して使用することができます。

電気シェーバーの刃を十分に水洗いしたあと、なるべく刃を取り外し、それらがすべて浸かる程度の重曹水を用意します。

重曹水はコップ一杯の水に対して小さじ一杯の重曹を混ぜて作ります、コップ半分どころか三分の一でも十分なので小さじ半分でもOKです、入れ過ぎても意味はありません。

ポイントはぬるま湯を使用することです、食器洗いでもお湯の方が油汚れが落ちやすいように、電気シェーバーの皮脂汚れもお湯の方が落ちやすくなります。

ぬるま湯で作った重曹水の中に電気シェーバーの刃を浸からせます、時間は汚れ具合にもよるのですが5分ぐらいでOKです、初めての方は10分ほど置いてください。

その後は重曹が残らないように十分に水で濯ぎ、しっかりと水分を飛ばして乾燥させてください。

これでも臭いが気になる場合は何度か繰り返してください、皮脂汚れは何層にも重なって付着しているので、一度では落とし切れないこともあります。

他にも超音波洗浄機を利用することも出来るのですが、流石にメガネ屋さんの前に置いてある超音波洗浄に電気シェーバーを入れるわけには行きません。

時計やメガネが好きな方は個人で所有しているかも知れないので、その場合は電気シェーバーの掃除にも利用出来ます。

【スポンサーリンク】

まとめ 水垢は別

電気シェーバーの汚れは水垢が原因の場合もあります、その場合は重曹ではなくクエン酸が有効です、それを実践されている方の動画があったので紹介しておきます。

水垢は電気シェーバーの臭いの原因とは違いますが、白っぽい水垢も気持ちのいいものではないので、気になる方は試してみてください。

電気シェーバーの臭い対策は徹底的な掃除と乾燥がポイントになります、一度きちんと刃に付着している皮脂汚れを徹底的に落としてください。

ちなみに顔がテカって脂ぎっている朝一などに、顔を洗わずに電気シェーバーを使用してしまうと皮脂汚れも付着しやすくなります、顔を洗って水分を拭き取った後に電気シェーバーを使用するようにしてください。

最後に電気シェーバーの刃の交換についても紹介しておきます。

刃の交換時期はメーカーによっても違うのですが、しっかりと交換時期を守ることが大切です。

使用頻度が少ない方でも、交換時期になれば刃はそれなりに劣化しているものです。

ボロボロになった刃では肌を傷つけることなります、さらに不衛生な刃だと肌荒れの原因にもなってしまいます。

日頃のメンテナンスと刃の交換時期を守ってください、ヒゲが硬い方は交換時期を早めるのも大切です。

髭が濃いことで有名なある芸人さんは、一年持つはずの替え刃を三ヶ月で交換すると言っていました、濃い髭の面積も人それぞれなのだと思います。

ちなみに電気シェーバーの替え刃は安いものではありません、替え刃は家電量販店でセールをするこも滅多にないので、ネット通販などのポイント10倍セール等と組み合わせて節約することがおすすめです。

おまけ 本体の買い替え

電気シェーバーの種類によっては、替え刃の価格と本体の価格にそれほど差がない場合もあります。

私は昔からパナソニックの三枚刃のラムダッシュを愛用しているのですが、少し前に最新のタイプに買い替えると驚きました。

今まで使っていたのは、同じラムダッシュの三枚刃の十年ぐらい前のモデルでした。

途中に何度もモデルチェンジをしていることは知っていたのですが、替え刃が同じモノだったので定期的に替え刃を交換していれば性能に差がないと決めつけていました。

十年も使っていたせいか、徐々に充電が持たなくなってきたので最新のラムダッシュに買い替えたのですが、剃り味が各段に向上していて驚かされました。

同じ替え刃だからと関係ないと思っていたのですが、やはり家電製品の進化は凄まじいものがあります。

調べてみると、今まで使っていたラムダッシュのES8111は2004年に発売されています、このモデルの替え刃と最新機種の替え刃が同じです。

私と同じように何度も替え刃を交換しながら、長年同じ電気シェーバーを使用している方は、本体の買い替えも検討してみてください。

モノを大切に扱うことは素晴らしいことではありますが、上手に進化を受け入れるのも生活を豊かにしてくれます、また剃り味だけではなく掃除のしやすさも各段に向上していました、これは臭い対策としても有効だと思います。

一世代ぐらいのモデルチェンジでは体感できるほどの差は少ないかもしれませんが、長年同じ電気シェーバーを使い続けている方は、替え刃のタイミングで買い替えも検討してみてください、思いのほか価格差がないものです。


コメント

  • 我が家に重曹がないので取りあえずお湯で洗ってみたら、かなりスッキリしました、全く匂いがないわけではありませんが、かなり抑えられたと感じます、人間の顔の皮脂が油汚れだと実感させられました、ありがとうございます、次は重曹を試してみますね

    by ぽぽパパ €

  • 私は髭を剃った後に顔を洗っていたからヒゲソリに皮脂汚れが蓄積していたのか
    ということは顔を二回洗うことになるのか、それも何だか大変だなー

    by 真っ赤サー €

down

コメントする