節約はレジャー!

「香り七味」が最高過ぎる!コスパ抜群の調味料

香り七味とは?

風味が最高な香り七味「香り七味」とは、ハウスが発売している七味唐辛子のことです。

香り七味という名前のとおり、風味が抜群です。

一般的な七味唐辛子が悪いわけではありませんが、この香り七味を知ってしまうと戻れなくなりました。

あくまでも七味唐辛子のような調味料は、料理のわき役ではあるのですが、仕上げに振りかけられるだけに、料理の味を大きく左右します。

この左右の振り幅を伸ばすことが簡単にできるのが、香り七味の凄さだと感じています。一般的な七味唐辛子よりは割高ですが、振り幅の伸びを考えるとコストパフォーマンスは抜群だと感じます。

【スポンサーリンク】

香る理由

ハウスの「香り七味」の風味が素晴らしい理由は、何といってもその場で薬味を砕くことにあります。

胡椒の容器テレビの料理番組で胡椒を振りかけるときをイメージするとわかりやすいと思います。専用の容器(ミル)で胡椒を砕いて振りかけていると思います。

「香り七味も」同じような容器に入れられています。

ガリガリとミルを回して七味を砕くことで、風味豊かな七味唐辛子になってくれます。

単純なことですが、見事に料理の質を引き上げてくれます。

元々私は七味唐辛子が大好きで、様々な料理に振りかけていたのですが、「香り七味」のおかげで、それらの料理全ての質を引き上げることになりました。

食材の質を上げるには、それなりのコストが必要になりますが、調味料の質を上げるコストは、一回当たりに換算すると微々たるものです。

以前、別のところで「調味料の節約」は、おすすめしないと紹介したことがあるのですが、

参考調味料の節約のポイント

僅かな投資で調味料の質を上げられるのであれば、非常にコストパフォーマンスが高く節約とも相性が良いと感じます。

【スポンサーリンク】

まとめ 香り七味の凄さ

香り七味を開発したハウスさんは本当に素晴らしいと思います。

スパイスを砕く道具昔の人は、人力でスパイスを砕いて大変だったのだと思います。

その苦労を少なくするために、あらかじめ砕いた状態で販売するように進化していきました。

ですが、そのおかげで失われた風味というものがあったわけです。

これは七味唐辛子に限らず、あらゆる食品に当てはまることです。優しさや効率を求めて生まれた冷凍食品やインスタント食品にも、失われた風味や食感というものがあると思います。

自宅で削っていた「かつお節」も、あらかじめ削られている「かつお節」になり、かつお出汁の粉末になり、かつお出汁入りの味噌になるなど、進化していきました。

ですが、やはり失われたモノもあります。

「香り七味」は、この失われたはずのモノを、アイディアで取り戻してくれました。

香り七味の比較胡椒やコーヒー豆を砕く技術はありましたが、それを七味唐辛子に組み合わせるという発想は、本当に素晴らしいと思います。

そもそも多くの日本人が、砕きたての風味豊かな七味唐辛子の存在を知らなかったはずです。この発想の飛躍は、真剣に向き合っていたからこそ、生まれたのだと思います。

七味唐辛子が好きな方は、是非「香り七味」の風味を体験してみてください。別世界が開けると思います。

以前、嗅覚を取り戻す方法について紹介したことがあるのですが、

参考嗅覚を取り戻して人生を豊かにする方法

人間の嗅覚は、無意識に様々なことに影響を与えます。単純に脳が活性化するだけではなく、料理の味(の感じ方)にも大きな影響を与えます。

たかが「香り」ですが、されど「香り」です。

「高級ブランドの香水をつけろ!」と言うのであれば、誰にでもすすめられるわけではありませんし、節約という意味でも難しいのですが、調味料の香りを良くするだけであれば、それほど難しくないと思います。

香り七味と詰め替えパック「香り七味」の価格が高いと言ってもスーパーで500円未満で売られています。詰め替えパックも数十円の違いしかないので、一回当たりの使用量だと一円も違わないと思います。

本当にコストパフォーマンスが優れていると感じます。節約思考の方こそ、ちょっとしたことで質が高くなる商品に投資してほしいと思います。

なんだかハウスの回し者のようになってしまいましたが、本当に感動したのでみなさんに伝えたくなりました(笑)。

ちなみに私は一味唐辛子も好きなもので、香り七味の容器に乾燥させた唐辛子を入れてみたのですが、大き過ぎたのかミルが反応してくれませんでした。

乾燥させた唐辛子を、包丁である程度細かく刻んでから入れてみると、何とか上手くいったのですが、乾燥させた唐辛子をみじん切りにする時に、あちこちに飛び跳ねて大変苦労したので、「香り一味」も販売されることを願っています。


down

コメントする