節約はレジャー!

質素な食事のほうが健康なだけでなく満足感が高い理由

飽食の時代

現在の日本ほど飽食の時代はありません。

私は北海道に住んでいますが、さぬきうどんや沖縄料理など当たり前に食することができます。

さらに外国の料理も気軽に食べられる環境になりました。中華料理やイタリアンのようなものだけではなく、トルコ料理屋やカンボジア料理屋まで見かけることがあります。

テレビや雑誌では様々な料理、スイーツが日々紹介されています。

また最近では有名人だけではなく、一般人までSNSで美食自慢をするようになりました。

話題の料理、珍しい料理を食することが、一種のステータスになっていると感じます。

それらを全て否定するわけではありませんが、必ずしもそのような料理ばかりを食している人が健康だとは限りません。また実際に食した時の満足度が高いとも限りません。

【スポンサーリンク】

外食の味付け

基本的に外食の味付けは濃く設定されています。大抵の料理は濃い味付けの方が美味しく感じられるからです。

自宅では薄味で料理をしている人でも、たまの外食ぐらいならと濃い味付けを喜ぶものです。

これがたまになら問題はないのですが、外食(加工食品を含む)ばかりに偏ると栄養の問題が出てくるわけです。

多くの料理人も自分で食べる料理の味付けは抑えるものです。仕事で提供する料理とは区別しています。

いわゆる外食する機会の多い美食家と呼ばれるような人ほど、塩分、油分、カロリーなどの取り過ぎになりやすくなります。

また常に濃い味付けに慣れてしまっているので、食材を活かした薄味の料理では満足できなくなってしまいます。

ここまでは一般的なことですが、実は美食家は食事による満足度が低い可能性があります。

美味しいと感じるメカニズム

脳が何かしらのモノを食べて「美味しい」と感じる理由は、体に必要な栄養素(不足していた栄養素)が入ってきた時です。

お腹が空けばなんでも美味しく感じるものですが、満腹の時は何を食べても美味しく感じられません。

喉が渇いている時に飲む水道水と、喉が満たされている時に飲むミネラルウオーターでは、どちらが満足感が高いのかわかると思います。

料理の質が全く関係ないわけではありませんが、自分の身体の状況の方が美味しさを左右するのはイメージできると思います。

三食とも栄養バランスの優れた食事をしている方というは、それほど栄養が不足していません。

そもそも脳が欲している栄養素がない状態なので、「○○を食べたい」という感じではありません。それなのに食事の時間だからと栄養たっぷりの食事を詰め込んでいきます。

一方で質素な食事をしている方は、栄養が不足しやすくなります。一定のラインを超えると脳が「○○を食べろー」と訴えてきます。

誰もがそれほど好きでないモノを無性に食べたくなった経験があると思いますが、まさにそれが脳が訴えてきた証です。

この状態の時に食べると満足感が高い食事になります。要するに「凄く美味しい」と感じます。脳内に快楽物質が溢れ出ます。

また不足していた栄養素を無駄なく摂取するように、内臓が活発に働いてくれます。

一方で美食家のように常に必要以上の栄養を摂取していると、内臓が疲労してしまいます。常にフル回転で働いているような状態です。内臓の機能が衰えていくわけです。

美味しさを感じられないうえに、身体に負担を与えているのが美食家と呼ばれる人たちです。

【スポンサーリンク】

まとめ 自分の身体の声を聴こう

私は刑務所に入ったことがありませんが、そのような方が書いた本を読むと、出所後に初めて食べる食事の満足感の高さが、活き活きと表現されているものです。

刑務所の食事は質素で薄味なのだそうです。彼らはとてつもない幸福感(美味しさ)を得られたのでしょう。

戦後のように貧しかった時代であれば、誰もが質素な食事であり、たまに食するご馳走に目を輝かせていたのではないでしょうか。

そのご馳走を食べた時の満足感というのは、現代人が星付きレストランで食事をしたときよりも、ずっと高いと思われます。

飽食の時代だからこそ、食事の満足度が失われています。期待感や楽しみが薄れてしまいました。

先日、太っている方が言っていた言葉に衝撃を受けました。

「そもそもお腹が空かないのよ、常に何かしら食べているから」

このような状態では何を食べても美味しさなど感じられるわけがありません。食事の味について語ることは出来るでしょうが、それは脳が美味しいと感じることとは別物です。

飽食の時代だからこそ、食事を自分でコントロールする必要があります。

ここを意識しないと惰性で食べ続けるようになります。太るのは当然の結果です。

節約家の方で太っている方は少ないと思いますが、節約の為に仕方がなく質素な食事をしていると思わないでください。食事をコントロールできているのだと自信をもってください。

質素な食事を心がけている方が、たまに食べる濃い味付けの外食というのは、とても満足度が高くなります。美食家よりも美味しい料理にありつけます。

そして自分の身体の声に耳を傾けてみてください。時々「○○が食べたいな~」といった情動を、適切なタイミングで満たしてあげてください。声がない時は質素な食事でOKということです。

いわゆる美食家が毎日食べている高級料理よりも、ずっと美味しさを感じながら、健康にも良いはずですよ。


down

コメントする