節約はレジャー!

「大は小を兼ねる」がリスクもあることを意識しよう

大は小を兼ねるとは?

先日、知り合いの買い物に付き合っていると、迷ったら高い方を選ぶと言っていたことに驚きました。理由を尋ねると、

「大は小を兼ねるって言うだろ?安物買いの銭失いはしたくない」

と言われました。確かに一理あるのですが、高い方が良いとは限らないのではないでしょうか。

「大は小を兼ねる」という諺の意味を調べてみると、

小さいものより大きいもののほうが、幅広く役に立つということ。

とありました。

確かに大は小を兼ねることもあるのですが、節約という観点からみると大き過ぎることはリスクになります。

そこで今回は必要以上に大きいことのリスクについて、いくつか例をあげて紹介しようと思います。

【スポンサーリンク】

モノの大きさ

大きな車ほどたくさんの人や荷物を積むことができます。当たり前ですね。

子供が多い家庭では6人乗り、7人乗りの大きな車が必要になります。

一方で3人家族でもそのような大きな車に乗っている方もいます。こちら側はメリットよりもデメリットが大きくなる可能性が高いです。

たまに祖父母や親戚を乗せることがあるのかもしれませんが、その頻度が年に一度ぐらいであれば、レンタカーの方が節約になるかもしれません。

大きな車は重量があるので燃費がよくありません。またエンジンのパワーもそれなりに要求されるので、維持費(税金)も高くなる傾向があります。

車の使い方は人それぞれですが、多くの方は通勤や買い物が中心だと思います。その時に大き過ぎる車はリスク(デメリット)の方が大きくなるということです。

もちろん大きな車が好きで、所有欲が満たされるのであれば意味はありますが、そのような趣味、趣向がない方にとっては大き過ぎる車はリスクになります。

また大きな旅行鞄は機内に持ち込めません。航空会社によっては別料金がかかることもあります。一泊二日の小旅行に大きすぎる鞄は不要なはずです。

当然旅行中も大きな鞄はフットワークを重くします。身体に疲れを蓄積することにもつながります。

大は小を兼ねますが、必要以上に大き過ぎることにはリスクがあります。

大きな収納

様々なモノを収納する家具やグッズも、大き過ぎることにはリスクがあります。

本棚をスカスカな状態で維持できる人は多くありません。スペースがあれば埋めたくなるのが人間です。

二度と読むことがないようなつまらない本でも、とりあえず置いておくことになります。

これは本に限った話ではありません。その他のモノや洋服でも同様です。

モノを処分するにはエネルギー(決断する力、手間)が必要です。十分過ぎる収納スペースは、それらを先延ばしにしてしまうリスクがあります。

新しい本を古本屋に売ると数百円になりますが、本棚で何年間も放置されて色あせた本は二束三文にしかなりません。

流行遅れの洋服も同様です。流行が残っているぐらいで売ればお金になりますが、数年経つと二束三文です。

また読みたくなったり、再び洋服の流行がくることもないとは言いませんが、おそらくとっておいたモノの中の極一部だけです。

そのために部屋の中の大きなスペースを取られていることになります。それらのモノがなければ部屋は広々としているかも知れませんし、部屋数の少ないところに引っ越して家賃を節約できるかもしれません。

余裕があるがゆえに、余計なモノをため込んでしまうリスクがあります。

高品質の罠

また高品質なモノにもリスクがあります。

品質の良いモノは長く使えるので、結果的に節約にとって有効なことも多いのですが、品質が高すぎるモノにもリスクがあります

高すぎる品質というのは、使いこなせないほどの品質ということです。

例えば切れ味抜群の包丁です。その素晴らしい切れ味を維持するために、定期的にプロに研いでもらう必要があります。そのたびにお金がかかるわけです。

料理が大好きで包丁の切れ味にもこだわりがあり、プロに研いでもらうことに価値を感じるのであればいいのですが、簡単な料理しかしない人にとっては、自宅で誰でも研げる通販の包丁で十分なはずです。

これは鍋やフライパンでも同様です。プロ仕様の高品質なモノほどメンテナンスが大変です。重ねて収納などしてしまうと簡単にキズがついたり、錆たりします。

広々とした収納スペースやシンクがないと、高品質なモノは扱いにくくなります。

またハサミなどで考えるとわかりやすいと思います。モノ凄く切れ味のいいハサミが必要な方など滅多にいないはずです。

100円ショップで売られているハサミでも、切れ味に困ることなどまずありません。このようなモノに必要以上に高品質を求める意味はありません。

また機械に弱いお年寄りに多彩な機能が搭載されているテレビは必要ありません。むしろリモコンのスイッチが多すぎて使いにくくなります。

携帯電話のらくらくホンのように、あえて機能を少なくすることで利便性が上がるモノもあるわけです。

高品質過ぎるがゆえに、使いにくくなるリスクがあるものです。

【スポンサーリンク】

まとめ 必要十分な大きさ

大は小を兼ねますが、必要以上に大き過ぎるモノは、使いにくかったり、使いこなせない可能性もあります。

決して高品質なモノが悪いわけではありませんが、あくまでも用途次第です。

用途が十分に満たされる以上の品質や機能は、必要以上にお金がかかるだけではなく、使いにくさという意味でもリスクになります。

もちろんこだわりのあるモノ、趣味、趣向と一致しているのであればOKです。それらは楽しみになるので決して無駄ではありません。

なんにでも必要以上に機能や性能を求める必要はありません。

テレビが地デジ化されて一気に高画質になった頃に印象深かったのが、時代劇の粗さが目立ってしまったことです。

役者さんのおでこのカツラの境目まではっきりと見えてしまい、映像がリアルなだけに、時代劇のリアルさが失われてしまいました。

現代のCGの映画よりも、白黒の黒澤映画の方が臨場感が伝わってくることもあるものです。

節約家やミニマリスト、断捨離好きの方などは、この辺のバランスを体感しているので、必要以上の機能や品質を求めないのだと思います。自分なりの基準、物差しを持っているのだと思います。

大きすぎるがゆえに、

高品質だからこそ、

機能が充実しているだけに、

発生してしまう不満があることも覚えておいてください。

どんなに美味しいものでも、食べ過ぎると美味しく感じられません。

のどがカラカラに乾いているときは、熱燗のおちょこよりもジョッキのビールを飲みたくなるものです。

用途、状態をきちんと見極めてください。そこに適したモノを上手に選んでください。必要以上に大きなモノや高品質なモノを選ぶことはありません。

大は小を兼ねますが、リスクもあります。

必要十分な大きさ、もしくは中、その間ぐらいなど、様々な選択肢があるものです。

ちなみに私は身長が高い方なのですが、残念ながらそれが理由でモテたことはありません。むしろ洋服のサイズが合わなかったり、あらゆる座席が狭く感じたりとデメリットばかりを感じています。

身長の高さを選択することはできませんが、体重であればコントロールすることは可能ですし、多くの方がコントロールしています。

体重が多すぎて良いケースなど稀だと思います。お相撲さんでもない限り、一般的にはリスクばかりだと思います。

適正体重があるように、適正なモノの量、適正な機能、適正な質があるものです。必要以上に大きなモノ、高機能、高品質がリスクになる場合があることを忘れないでください。

だからといって低品質をすすめているわけではありません。安物買いの銭失いにはならないように気を付けてください。必要十分な大きさ、品質、機能を上手に見極めてほしいと思います。

コツは世間の常識、一般常識に惑わされないことです。「普通はこれぐらい持っている」など全く関係ありません。あくまでもあなたの物差しを参考にして選ぶことです。


コメント

  • 大きい電気ケトル買ったら重くて使いにくかった
    滅多にたくさんのお湯を沸かさないから
    小さいやつで十分だっと後悔した
    これもリスクかな

    by 黒野 €

down

コメントする