節約はレジャー!

車の匂いの取り方のポイントは消臭剤の前の下処理

車の匂い・・・

可愛いクラシックカー中古車を購入した場合や長年車を使用していると、車内からイヤな匂いが発生してしまうことがあります。

車内の匂い対策として様々な専用の消臭剤などが売られていますが、それらも使い方を謝ると余計な匂いが混ざって悪化してしまうこともあります。

そこで今回は効率の良い車内の匂いの取り方を紹介します。ポイントは消臭剤の前に下処理をすることです。

【スポンサーリンク】

車内の掃除

雑巾を絞る女性まずは何と言っても車内の掃除につきます。

匂いの元となっている汚れの上に消臭剤を吹きかけても効果は一時的です。それどころか汚れがますます落ちにくくなることもあります。

消臭グッズを使用する前に徹底的に車内を掃除をすることがポイントになります。

車内の掃除については別のところでも紹介しているので、そちらを参考にしてください。

参考効率の良い車内の掃除の仕方

基本的にはこの掃除だけで匂いをかなり抑えることが出来ます。それでも車内の匂いが気になる場合は、匂いによって対策をわけて考える必要があります。

生乾きのような匂い

洗濯物の生乾きのような匂いが車内からする原因は、雨の日に靴や洋服から水分が持ち込まれて雑菌が繁殖してしまったからです。

多くは靴の水分を一手に受け取るフロアマット(絨毯タイプ)が匂いの原因になります。ゴムマットの場合はこのような匂いは発生しません。

そこで生乾きのような匂いが発生しているフロアマットを徹底的に洗う必要があります。

フロアマットを洗うポイントは洗濯洗剤の部屋干しタイプを使うことです。通常の洗剤よりも消臭効果が期待できます。

バケツに洗濯洗剤を入れ勢い良く水を注いで泡立たせてください。直接フロアマットに振りかけるとすすぎにくくなるので必ず泡立ててください。

まんべんなくフロアマットに泡立てた洗剤を振りかけ、普通に洗えばいいのですが、ここで少し付き置き洗いをするのが消臭のポイントになります。

フロアマットを洗うのに理想的な場所はコイン洗車場です。付き置きした後に洗車場の高圧洗浄機で泡と汚れを吹き飛ばします。その後、多くの洗車場に付属しているマット洗浄機に通します。この時にマットの向きや面を変えながら、なるべく多くの水分を落としてください。

その後にしっかりと乾燥させることがポイントです。干している途中で何度かマットを持って振ると効率よく水分を飛ばすことが出来ます。

毛足の長いフロアマットの乾燥には凄く時間がかかるので、晴れた休日の午前中などがおすすめです。

フロアマットを外した後でも車内に生乾きのような匂いがする場合は、全ての布を疑う必要があります。

安い重曹簡単なのは重曹の消臭効果を利用する方法です。

重曹を車内の床に振りまいて軽くなじませ、しばらく放置してから掃除機で吸い取ります。

ポイントは欲張らないことです。隙間や隅のほうにまで重曹を振りかけると掃除機で吸い取れません。

また重曹は天気の良い日を選ぶこともポイントです。重層は水分を含んでしまうとドロドロになって染みになることがあるので気をつけてください。

あくまでも通常の掃除をした後でも匂いがある場合にのみ、試してください。

エアコンの匂い

カーエアコンの吹き出し口エアコンの風が匂う場合は、エアコンフィルターを交換する必要があります。車のタイプによってはフィルターを洗浄出来る場合もあります。

軽度の汚れであればコイン洗車場にある掃除機でフィルターのホコリを吸い取ったり、逆に風で飛ばすことも出来るのですが、これに過度な期待はしないでください。

イヤな匂いの原因である雑菌が染み込んでしまったフィルターは、やはり交換するしかありません。

多くの車はダッシュボードの下にエアコンフィルターが設置されています。車の取り扱い説明書で確認してください。

国産車であれば「車名+説明書」と検索すれば出てきます。

エアコンフィルターはカー用品店や一部のホームセンターで販売されています。フィルター交換そのものは難しい作業ではないので、自分で調べれば工賃を節約することができます。

シートの匂い

車内車のシートからイヤな匂いがするケースもあります。ハンドルやダッシュボードなどは徹底的に拭き掃除が出来ますが、シートは素材によっては難しくなります。

基本的には硬く絞った雑巾で拭きあげることです。シートの高さを調整できるタイプであれば上げ下げをして、隙間のゴミも徹底的に掃除をしてください。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。また車のシート専用の掃除グッズも売られています。

あくまでも掃除機や拭き掃除を徹底的に行った上で、イヤな匂いが気になる場合は検討する価値があると思います。

布用や革用など素材別に専用のシートクリーナーが販売されているので、しっかりと調べてから行ってください。

またこれらは乾燥させる時間も必要なので、掃除後に直ぐにシートに座らないように気をつけてください。湿った状態で押し付けられてしまうと、余計な汚れの原因になってしまいます。

仕上げの消臭剤

ここまで車内の掃除を徹底しても匂いが残っている場合は、いよいよ消臭剤の出番になります。

車内の消臭剤にも様々なタイプがありますが、お手軽なのはスプレータイプ(ファブリーズ等)です。

あくまでもは掃除の後に使用してください。皮脂汚れがべったりの上に消臭スプレーをしても効果は持続しません。皮脂汚れの上にコーティングされると汚れの落ちも悪くなってしまいます。

さらにスプレーをしすぎると染みになるケースもあります。一度に大量に使用するのではなく、数回に分けてスプレーしてください。

また香りがあるタイプではなく、消臭除菌タイプがおすすめです。

これでもまだ匂いが気になる場合は、車内全体を消臭するグッズもあります。

これはイメージとしてはバルサンのようなことです。これは最終手段と考えてください。

これも車内にこびりついた汚れの上にやっても効果は長続きしません。あくまでも徹底的な車内の掃除をの後に使用してください。

これらのような消臭剤そのものにも独特な香りがあるので、なるべくなら使用しない方が良いかと思います。

しつこいようですが、あくまでも車内の掃除を徹底することが匂い対策としてベストです。安易に芳香剤でごまかしてしまうと、ますます汚れが貯まって悪臭の原因になってしまいます。

【スポンサーリンク】

まとめ 匂いの重要性

車内の匂いの原因は様々です。中にはオイルのような匂いがする場合もあります。その場合は故障の可能性もあるの整備工場に相談してください。

このような故障の前兆を把握するためにも、日頃から車内の掃除を意識してほしいと思います。芳香剤でごまかしてしまうと見落としてしまうかもしれません。

ちなみにダニや雑菌は熱に弱いという特製があります。真夏の炎天下の車内は70度にも達すると言われており、ダニや雑菌は簡単に死滅してしまいます。

車を車庫に保管することは、車の寿命のことを考えても素晴らしいことではあるのですが、実はダニや雑菌にとっても好都合でもあります。たまにしか車に乗らない方は意識してみてください。時々車内の温度を上げて殺菌しましょう。

ちなみに車内用の置き型の消臭剤も販売されています。掃除をした上でも匂いが気になる場合は試す価値はあると思います。

あくまでも掃除をした上で使用してください。

ちなみに私の知り合いの車のダッシュボードには、缶詰の芳香剤がたくさん並べられていました。私がその車に乗ると物凄い刺激臭で鼻がおかしくなりそうでした。目がしばしばしたほどです。

強烈な芳香剤は匂いに慣れている本人には心地良くても、初めて乗る方にとっては悪臭そのものです。ろくにトイレ掃除もしないでトイレの芳香剤でごまかしていても、すがすがしい気持ちにはなれないようなことです。私にとっては悪臭そのものでした。

あくまでも車内の掃除を徹底的に行うことがポイントです。掃除だけでも車内のイヤな匂いが落ちることは珍しくありません。無駄な消臭グッズを購入をする必要もないので節約になります。

車内の匂いが気になる方は、消臭グッズを使用する前の掃除を頑張ってほしいと思います。


コメント

  • 梅雨時に何とも言えないイヤな匂いが発生していたのですが、そのまま自然と改善されたのは真夏の炎天下のおかげだったのですね、太陽の力は偉大です

    by 匿名 €

down

コメントする