節約はレジャー!

調味料の節約は損!?お徳用サイズにもリスクがあります

調味料の節約

外国の調味料皆さんは調味料の質を意識したことがあるでしょうか?

基本的に料理をする時は調味料を使用しますが、料理の味付けは調味料で決まるといっても過言ではありません。

どんなに旬の食材を手に入れても、調味料が悪いと台無しになってしまいます。

お気に入りの調味料を上手に見極めて安く購入することは素晴らしい節約ですが、調味料の質を落としてしまうのは節約という意味では失敗とも言えます。

【スポンサーリンク】

料理の質

実は料理番組やレシピ本などでは、調味料の質についてはあまり触れられていません。

  • 醤油  大さじ1
  • お酒  大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 塩   小さじ1

のような調味料のレシピの場合、きちんと分量を測っても調味料の質で味に差が出るのは当然です。

様々な醤油特に醤油や味噌は地域によって様々なタイプに分かれているので、料理との相性にも大きく差が出ます。

「おふくろの味」というのは、まさに調味料の違いが大きいわけです。

お酒も料理酒を使用する方もいれば、お父さんの日本酒を拝借する方もいると思います。日本酒の味も甘口から辛口まで様々あるので、料理の質に多きく影響を与えてしまいます。

みりんも本格的なみりんと「みりん風調味料」では、やはり質に違いがあるものです。

そして難しい調味料が、実は「塩」です。

塩は高級なものほど天然を謳っており、独特の苦味や風味があります。そのような個性が料理に向いている場合はいいのですが、料理によっては相性が悪くなります。

特にお菓子やパンは混じり気のない生成された砂糖や塩の方が、上手に出来ると言われています。

これらのように、全く同じ食材、全く同じレシピでも、調味料の質によって味は大きく左右されます。

お徳用サイズのリスク

また調味料を節約するために、お徳用のサイズを選ぶことにもリスクがあります。

飲食店のように大量に使用するのであれば別ですが、一般家庭や一人暮らしの方がお徳用サイズの調味料を選ぶと、どうしても鮮度が落ちてしまいます。

調味料に限った話ではないですが、鮮度は開封をして空気に触れた途端から始まります。

たとえ消費期限内だったとしても、開封後は徐々に参加して質が落ちてしまうので、容量の多いお徳用サイズは、結果的に質の悪い調味料を購入したことになってしまいます。

近年は業務用スーパーなどが人気ですが、商品の価格差だけに惑わされないように気を付けてください。調味料の質を保つ為にも、使用頻度を意識してサイズを選んでください。

小分けサイズの調味料

一方で小分けにされている調味料は、当然価格が高くなってしまいます。

節約という観点から見れば損をしているようですが、調味料の鮮度のことを考えるとメリットが多いものです。

インスタントコーヒーの中には、スティックタイプのように小分けにされているものもあります。

これはまさに鮮度を保つ効果があります。通常のインスタントコーヒーでも、開封して間もない頃は香りがたって美味しいものですが、徐々に酸化して風味が失われてしまいます。

小分けにされている調味料は、このような酸化のリスクを減らすことになります。

また、たまにしか使用しない調味料の為に、大きなスペースを取られることもなくなりますので、使用頻度の低い調味料は、小分けにされるタイプがおすすめです。

【スポンサーリンク】

まとめ 高品質な不純物

塩の賞味期限の説明実は塩や砂糖には賞味期限が設定されていません。長期保存をしても品質の低下が少ないと言われています。

加工食品も砂糖や塩漬けになっているモノほど、賞味期限が長くなる傾向があります。

だからといって大きなサイズを購入するのが得策とは言えません。開封後の砂糖や塩に異物が混入する可能性もないとは言えません。

ホコリやゴミが入ることもありますし、湿気を吸ってベタベタになることもあります。

特に高級な塩や砂糖ほど天然成分が残っており、純粋ではないだけに劣化しやすくなります。

メリットであるはずの成分は、みる角度を変えれば不純物です。傷む原因になってしまいます。

調味料の質の低下は全ての料理の質の低下に繋がるので、見落とさないように気をつけてほしいと思います。

冷蔵庫の中また小分けにされていると冷蔵庫に保存をしやすいというメリットもあります。これも調味料の質を保つ意味で重要なことです。

お徳用サイズのマヨネーズは、かなりのスペースが必要になるので難しいものです。

収納スペースに余裕がない方は、収納グッズに頼る前にダウンサイジングを意識してみてください。

参考便利な収納グッズのリスク

調味料の使用環境は家庭によって違いますが、上手に見極めて品質が低下しないように気をつけてください。

また安売りされている調味料は消費期限が近いこともあるので、きちんと確認をしてください。

調味料は一度の使用量に換算すれば、それほど価格差はありません

スーパーで旬の食材をお得にゲットできたとしても、調味料が旬を過ぎていれば食材を活かすことはできません。

逆に、いつもの料理でも調味料の質が上がると、グッと料理のレベルが上がるものです。仕上げのスパイスなどは、その典型的な例だと思います。

参考香り七味の香ばしさが最高!

ご家庭にある使用頻度の低い調味料を見極めて、上手に節約につなげてほしいと思います。

もちろん質の高い調味料を格安でゲットすることは上手な節約です。高ければ良いというものではありません。調味料の質と価格を混同しないように気を付けてください。


down

コメントする