節約はレジャー!

便利な収納グッズは危険!?購入前にするべき3つのこと

便利な収納グッズ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。世の中には便利そうな収納グッズがたくさん売られています、しかもオシャレで安価でとても魅力的です。

上手に隙間空間を利用していたり、インテリアとしても機能するようなオシャレな収納グッズが増えています。

そもそも収納グッズとは収納を工夫することでスペースを有効に活用することですが、実は有効に活用し過ぎることにはデメリットがあります。

人はスペースが余るとモノで埋めたくなります。

わかりやすいのは本棚です、スカスカの状態の本棚をキープしようとはしません、二度と読み直すことがないであろう本でも、本棚から溢れ出ない限り整理しようとはしないものです、収納スペースを増やすグッズにも本棚と同様の罠があります。

そこで今回は便利な収納グッズを購入する前にするべき3つのことを紹介します。

【スポンサーリンク】

1 処分

外国のゴミ袋収納グッズを購入する前に最初にするべきことは、収納しきれなくなったモノの中で、今後使用する可能性がないモノを見極めて処分することです。

すごく当たり前のことですが、とても重要なポイントになります、なぜならモノを処分するには凄くエネルギーが必要だからです。

参考思い出のモノを捨てる方法

例えば便利そうな新しいキッチン用品を購入したとします、それを収納する場所がないと、今までキッチン周りに収納していた使用頻度の少ないアイテムを、倉庫や物置にうつすことになります。

これは洋服などでも同様です、クローゼットに入りきらない洋服を直ぐに処分出来ればいいのですが、やはり難しいものです、とりあえず別のところにうつすだけです

これらの中には二度と使わないモノが含まれています(八割)、まずはここのモノから処分してください。

またモノを処分するといっても簡単ではありません、せっかくモノを処分する決断をしたとしても、燃えないゴミの日は月に数回しかありません、粗大ゴミも同様です。

モノを処分するにも技術が必要です、思い立ったその日のうちに行動にうつせないと、結局ズルズルと先延ばしになります。

参考部屋が片づけられない人は事前準備をしよう

モノを処分するための技術、知識を手に入れることがスタートラインになります、どんなに収納グッズが増えても解決はしません。

お住まいの自治体のホームページなどで確認してください、有料のゴミ袋、粗大ゴミのシール、リサイクルショップやフリーマーケット、ネットオークションなど処分の方法は様々です。

2 掃除

楽しそうに掃除をする女性ある程度モノを処分することができると、多少なりとも空間が生まれます、そこで意識してほしいのが「掃除」です。

モノであふれかえっている物置や倉庫を掃除することはできませんが、ある程度モノをうつせるスペースがあれば掃除は可能です。

これは押入れでもクローゼットでも食器棚でも同様です、モノが溢れていると掃除をすることが出来ません。

そして日頃から掃除をする習慣が身に付くと、その空間を一杯にすることがなくなります。

常に掃除のしやすさを意識した配置になるので、とりあえず積み重ねて収納するようなことが少なくなります。

掃除をする習慣があると収納スペースを埋めるのではなく、自然と8割程度で抑えられるようになります。

多くの収納グッズは効率よく隙間なく空間を利用するので、掃除がしにくいというデメリットがあります、あえて収納グッズを持たない方が掃除がしやすいことは珍しくありません。

3 収納テクニック

必要のないモノを処分して掃除をする余裕が生まれると、収納グッズに頼る前に収納の仕方を改める機会が訪れます。

様々な収納テクニックがありますが、そもそもモノが溢れていると収納テクニックを駆使することが出来ません

モノが溢れている状態では収納テクニックの前に、何となく便利そうな収納グッズに頼ってしまいます。

だからこそ収納グッズの購入の前に、必要のないモノの処分と掃除が重要なポイントになります。

空間に余裕がない時は強引に押し込むだけだったものが、空間に余裕ができることで使用頻度や重さに合わせて再配置をすることができます、収納グッズに頼らなくても効率の良い収納が可能になります。

【スポンサーリンク】

まとめ 便利の罠

捨てられたぬいぐるみ便利な収納グッズが悪いわけではありませんが、収納スペースが増えるということは、モノの処分を先延ばしにすることになります。

「まだ使える」「まだ着れる」と物置にとっておいても、長年放置されたモノの多くは劣化して使えません。

金属は錆びます、プラスチックは硬化します、衣類は色褪せます、劣化しないモノなどありません。

それらの処分の判断が遅くならなければ、リサイクルショップや友達が「まだ使ってくれた」かも知れません。

「物持ちがよい」と言うと聞こえはいいのですが、実際には「まだ使える」モノを倉庫や物置で「もう使えない」状態にまで寝かせてから、いずれ処分することがほとんどです、極端なことを言えばゴミ屋敷と同じです。

便利な収納グッズが活かされるケースというのは、本当に必要なモノの収納スペースが足りなくなった場合です、「まだ使える」のに使わなくても困らないモノを収納するためではありません。

詰め込みすぎの本棚便利な収納グッズは大きな本棚のように、結果的に必要のない本を増やすことになります。

お仕事に必要な本、何度も読み返したくなる大切な本以外は、基本的に本棚に収納しておく必要はありません、必ずしも本棚が大きいことが良いわけではないということです。

一度読んだ本は役割を終えています、素早く処分すれば買い取り価格も高くなるかも知れません、譲った相手に喜ばれるかも知れません。

そして便利な収納グッズでも少なからず収納スペースを取ります、少しずつ生活の空間を圧迫することになります、それほど必要のないモノの為に、家賃を払っていることになるのかも知れません。

デットスペースを上手に活かした見事な収納グッズもありますが、それらに頼り過ぎて大きな本棚のようなことにならないように気をつけてください。

収納グッズを購入する前に、勇気を出してモノを処分してください、掃除を頑張ってください、そして収納を工夫してください、それからでも収納グッズの購入は遅くありません。

本当に必要なモノの為だけに、便利な収納グッズを使用してほしいと思います、必要のないモノの為に収納グッズや倉庫を用意してしまっては、節約どころではないので気をつけてください。

これは家や車の大きさにも当てはまります、「大は小を兼ねる」とは言いますが、必要以上に大きいと固定費が上がってしまいます。冷蔵庫も大き過ぎると「まとめ買い」をしてしまいます。

参考まとめ買いのリスク!

収納グッズの罠にはまらないように気をつけてください、必要以上にモノを所有することは様々なリスクが増すことにもなります。

参考節約の観点から防犯対策を考えてみた

背負うモノが少なくなると身軽になるものです、便利な収納グッズによって必要のないモノを手放せていないのであれば、それは害でしかありません。

本当に大切なモノをしっかりと使う為にも、余計なモノを整理することをおすすめします。


down

コメントする