節約はレジャー!

時間の節約はお金次第?いえいえトイレの神様次第!

時間の節約とは

砂時計忙しい日々の生活に追われていると、どうしても時間は足りなくなるものです。

そこで今回は時間を節約する方法を紹介します。

簡単な時間の節約方法というのは、例えば「テレビ番組を録画してCMを飛ばしながら見る」といった方法がありますが、今回紹介するのは、どちらかと言えば考え方、思考法による時間の節約です。

【スポンサーリンク】

お金持ちの時間術

高級リムジンまずはお金持ちの時間の節約術から紹介します。

際限なくお金が使えるのであれば、かなりの時間を節約することが出来ます。

移動時間が一番わかりやすいと思います。近場の移動だと金額によってこのような違いが出ます。

徒歩⇒自転車⇒バイク⇒自家用車⇒タクシー⇒ハイヤー

お金のかかるタクシーやハイヤーだと自分で運転をする必要もないので、時間の節約プラス、車内という限られた空間ではありますが、自由な時間を手に入れることが可能です。これがお金で時間を購入する行為です。

これが目的地が遠い場合だと、

徒歩⇒自転車⇒電車⇒新幹線⇒飛行機

と言ったところでしょうか、お金をかけるほど移動のスピードが速くなります。

それぞれの項目でもさらにお金をかければ選択肢は増えます。例えば電気自転車にすることで体力を温存しながらスピードを上げることが可能です。

電車の車内また移動時間の節約とは違いますが、時間を有効活用するという意味では、確実に座ることが出来る指定席やグリーン車、ビジネスクラスなどもお金が買うことも可能です。

とんでもないセレブとなると、自家用ジェットなどもあるのでしょう。わざわざ空港の中で並んでボディチェックをしてもらうこともないそうです。

これらは全てお金次第で選択できる方法です。あなたの経済力や考え方にもよるので、どれが正解とは言い切れません。

他にも家事代行サービスや職場に近い一等地に住むことも、時間の節約と考えることが出来ます。

参考職場の近くに引っ越して時間の節約!

時間の節約のボーダーライン

緑の財布お金と時間の節約という意味では、グリーン車やビジネスクラスといったものは選ばない方が多いと思います。

多くの方がある程度のスピードは求めつつも、なるべく価格は安く済ませるのが理想なのではないでしょうか。

ここがまさに時間の節約のボーダーラインだと思います。これ以上にお金を節約するとスピードが極端に落ちてしまいます。結果的に時間が無駄になるわけです。

このボーダーラインを超えた上で、なるべく安く済ませようと早期割引や往復チケット、クレジットカードでの購入(ポイントバック)などの節約をする方が多いのではないでしょうか。これも立派な節約方法だと思います。

バスターミナルさらに細かく言えば深夜バスなどを選ぶという選択肢もあります。

深夜バスだと睡眠時間を移動時間に当てることができるので、宿泊費の節約だけではなく大幅な時間の節約にもなります。

しかし深夜バスはどこでも眠れて体力のある若者でもなければ、目的地についたところでベストな体調をキープするのは難しいものです。特に大柄な方ほど条件は厳しくなるので、誰にでもおすすめできものではありません。

このように移動に関して言えば、時間の節約はお金次第なところがあります。

それは移動という行動を他人に依存しているからです。他人の労働力で移動をしているので、お金次第でスピードや快適性が変わってきます。

ここからは他人依存ではなく、自分で時間を節約する方法を紹介します。

自分の時間の節約

空の財布一方で自分で行動をする時間であれば、節約するのに必ずしもお金が必要だとは限りません。

例えば趣味を実用的なものに変えてしまえば、その趣味の時間は娯楽になるわけです。楽しむための時間なので、そもそも節約をする必要がなくなってしまいます。

家事を仕方がなく行っているのではなく、趣味として楽しく料理や掃除をしているのであれば、リラックスできる趣味の時間になります。わざわざ休日にお金をかけて趣味に高じる必要がなくなるかも知れません。

これも時間の節約といえるのではないでしょうか。

自動車洗車機たとえば車の洗車をガソリンスタンドにお願いすれば料金が発生しますが、洗車が趣味の人にとっては洗車タイムは至福の時間なわけです。

参考洗車を安く済ませる方法

イヤイヤ行っている日ごろの行動時間を、楽しみながら行える時間に変換できれば、それは素晴らしい時間の節約ということです。

要するに時間の節約は考え方次第ということです。

ゴム手袋や鼻栓までして、いやいやトイレ掃除を行っている人と、

「トイレの神様に気に入られてお金持ちになるわ~」

と思っている人では、同じトイレ掃除をする時間でも満足度は全くの別物になります。

実際にトイレに神様がいるのかどうかは知りませんが、そう思えた人のほうが幸せなわけです。

当然イヤイヤトイレ掃除をするよりも、トイレは綺麗に磨かれることになります。

節約=お金?

プロのお掃除

時間の節約ということだけで考えれば、お金で買えることがほとんどです。トイレ掃除だって掃除業者に頼んだ方が専用の道具でピカピカにしてくれます。

きっとトイレの神様だって綺麗な方が喜んでくれると思います。

極端なことを言えば、時間を節約したいのであれば、効率よくお金を稼ぐことです。

一時間で一万円稼ぐことが出来る人は、掃除に自分で一時間かけるよりも、自分の得意分野で稼いで、その間に掃除のプロに五千円支払う方が結果的に節約になります。

一時間に千円稼ぐのが限界であれば、掃除のプロにお願いするよりも、自分で三時間かけて掃除をするほうがお金の節約になります。

時間の節約とは、結局はお金次第(稼ぐ能力次第)ということです。

これがまさに時間の節約のボーダーラインです。残酷なようですが収入で決まってしまいます。

壁を超える唯一の方法

楽しそうに掃除をする女性唯一お金を使わずに時間を節約する方法というのが、イヤイヤ行うのではなく楽しみ(レジャー)に変えるということです。

これが「トイレの神様の凄さ」です。

近場の移動をイヤイヤ歩くのではなく、健康にいいウォーキングとしてとらえれば、趣味に変わるわけです。

趣味にするには「トイレの神様」のように、自分にとって都合のいい情報を集めるのがコツです。

ウォーキングの場合だと、

  • バス代の節約
  • 健康にいい
  • 痩せる
  • 姿勢がよくなる
  • 血圧が安定する
  • 季節を感じる
  • ゴミを拾ってエコ

など、何とでも自分にとって好都合な理由を当てはめることが出来ます。これらの情報は正解かどうかはあまり関係ありません。あくまでも自分で気持ちよく感じる情報を都合よく取り入れるということです。

これを「負け惜しみ」と考える人もいるのでしょうが、そのような思考の人はどんなに稼いでも上の人と比べて満足できないタイプなので、無視してしまいましょう。

今いる自分の立ち位置、ボーダーライン上でいかに満足する(させる)かだと思います。これがお金を欠けずに時間を節約(時間を楽しむ)する方法だと思います。

この辺は立ち位置について詳しく知りたい方は、こちらの本がおすすめです。

参考金持ち脳と貧乏脳

満足度の正体

聴診器をあてる医者これから少し変わった話を紹介します。

多くの方が収入面でうらやむお医者さんも、実はコンプレックスが凄いのだそうです。

特に国立の医大というのは全国からとんでもない天才が集まっているので、勉強を頑張って努力を重ねてやっとの想いで医大に合格した人と、学生生活を楽しみながらもあっさりとその壁を乗り越えてきた天才に分かれるのだそうです。

勉強しかしてこなかった努力型のお医者さんは、心の中に物凄いコンプレックスを抱えることが多いのだそうです。それを見透かされないように高級外車や高級時計など、何かと見栄を張る傾向があるのだそうです。

一般の市民から比べれば羨ましい収入のお医者さんでも、比べる対象がお医者さん同士だと上ばかりが目につきます。大天才と比較してしまいます。

完璧な満足というのは、どこにもありません。だからこそ自分でボーダーラインを決めることです。世間の常識や他人の物差しは参考程度にとどめておくことです。

もちろんお金を稼ぐことが悪いことではありませんし、節約や貧乏が清貧だと言いたいわけではありませんが、「足りるを知る」「現状に満足をする」「感謝をする」ということが、実は一番の節約になるのではないでしょうか。

上を見上げてもキリがないように、下を見ても同じことです。

いかに現状を幸せに感じることが出来るかが、重要なのだと思います。

時間の節約の話から少し遠ざかってしまいましたが、結局は同じようなことだと思います。

【スポンサーリンク】

まとめ 時間の質

笑顔で料理する女の子時間やお金の節約もイヤイヤ行うのではなく、レジャーにしてしまってください。

移動に時間がかかったとしても、楽しむことが出来たのであれば全く問題はありません。

グリーン車に乗れるように仕事を頑張ることが悪いことではありませんが、グリーン車に乗れない現状を責めるのではなく、積極的に普通席を楽しめる考え方をしてください。

普通席の座席の材質や造りや乗客の顔ぶれなどを意識しておけば、いつかグリーン車に乗った時により違いを感じ取ることができるものです。

地元の小さな神社をバカにしながら伊勢神宮をありがたがる方がいますが、日頃から地元の神社に手を合わせている人の方が、たくさんのありがたみを感じているはずです。

お金で時間を節約することは出来ますが、その節約した時間で何をするかは結局はあなた次第です。

一番の時間の節約というのは、効率やスピードではなく「過ごした時間の質」です。

いかに楽しむか、辛いと言われる時間でも楽しめるか、これが重要なんだと思います。

楽しい時間というのは過ぎ去るのが早いものです。逆にイヤな時間は中々過ぎてはくれません。

苦手な人とたくさん合った日や、イヤなことが続いた日はドッと身体が疲れます。一日が長く感じたと思います。

逆に楽しい一日はあっという間に過ぎてしまいます。身体は疲れていても心地良い疲れなのではないでしょうか。

三角にしたトイレットペーパーイヤイヤトイレ掃除をしている主婦と「トイレの神様ありがとうございます」と感謝しながらトイレ掃除をする主婦では、全く同じ行動をした時間でも、全く質が違います。

時間は誰にでも平等ですが、過ごした時間の質は平等ではありません、大きく個人差があります。

時間の質を上げるのは間違いなく技術(考え方)です。この技術が低い人は悪い面ばかりを見つけて文句を言っています。

その辺の技術がとても上手に意識して活用している方もいます。あくまでも技術で変えられるということを覚えておいてください。

参考修造思考はポジティブの技術

世の中、この技術が下手な人が凄く多いです。せっかく80点の出来事に出会えても、わざわざ20点の文句を口にします。過ごした時間を台無しにしてしまいます。これはとてももったいないことです。

麻雀をする人達

私自身は麻雀のルールも知らないのですが、世の中には徹夜で麻雀をする方がたくさんいるそうです。

ずっと座りっぱなしでタバコの煙が立ち込めている雀荘の中で、ろくに食事も取らずに徹夜で麻雀が出来るわけです。

きっと彼らが過ごしている時間は、楽しくてあっという間に過ぎているのだと思います。

麻雀の知らない私からすれば苦行のような空間ですが、麻雀を楽しむ技術がある人達にとっては最高の時間を過ごしています。これが時間の質の差です。

これは麻雀に限った話ではありません。楽しいことというのは食欲や睡眠欲にも打ち勝ってしまうぐらいの凄い力があるということです。

もし私の職場が雀荘に変わったら、タバコの煙が苦手な私にとっては地獄かも知れませんが、積極的に麻雀のルールを覚えて楽しめるようになると、天国になるのかも知れないわけです。

「トイレの神様」に心から感謝できる人は、トイレを磨きながら最高の時間を過ごしています。

正しい知識よりも楽しむ知識、技術を学んでください。合理的な判断や正しいことに捕らわれ過ぎると、わざわざ20点の不満を取り上げてしまうものです。

正しいよりも楽しい時間を過ごしてください。きっとそれはプライスレスになります。

あなたにとっての「トイレの神様」を積極的に探してみてください。お風呂の神様でもガレージの神様でも洗車の神様でも雀荘の神様でも構いません。

女神さまでも天使でも先祖でも構いません。あなたが気持ちよく感じられる考えを見つけることで、目の前の辛い時間が楽しみに変わります。


down

コメントする