節約はレジャー!

泡立ちの良いタオルで石鹸を節約!お財布や地球にも優しい

泡立ちのいいタオルとは?

様々なタオルお風呂で使用するタオルには様々なタイプのモノがあります。

一般的な綿のタオルの他に、肌を傷つけにくいシルクで作られたタオルや、石鹸の泡立ちが良いタオルなどが売られています。

私自身が敏感肌ということもあり、長年シルクのタオル(100円ショップ)を使用していたのですが、少し前に泡立ちの良いタオルを試してみると感動的で驚きました。

明らかに泡立ちが良く、きめ細やかな泡でした、しかも少量の石鹸で身体を洗えてしまいました。

そこで今回は石鹸の節約にもなる泡立ちの良いタオルを使用するメリットを紹介します。

【スポンサーリンク】

汚れを落とすメカニズム

洗顔する女性のイラスト多くの女性は顔を洗う時に石鹸を丁寧に泡立てます、泡立ちの良い洗顔フォームや泡立てネットを使用して、顔になぞるように泡をのせて、優しく洗うことが常識になっています。

そもそも肌の汚れを落とすのに強く擦る必要はありません、力を入れると肌が傷ついてしまいます、肌の表面の汚れだけではなく肌の奥深くの皮脂まで取ってしまいます。

皮脂には肌を守る役割があるので取り過ぎるのもよくありません、皮脂を取り除いてしまうと肌は刺激に弱くなってしまいます、そして慌てて皮脂を過剰に分泌するようになります。

肌の表面についている汚れを落とすには、石鹸の泡を揺らす程度で十分と言われています。

顔の皮膚だけが特別ということはありません、全身の皮膚の汚れも同様です。

タオルでゴシゴシ擦っている方の肌は、必要以上に皮膚が傷ついて厚くなっている可能性があります、同じ動作を繰り返す職人の手にマメやタコができるように、長年ゴシゴシと力をいれて肌を擦っていると硬くなっています。

きめ細やかな石鹸の泡は、肌を傷つけるリスクを減らすことになります。

石鹸の弊害

石鹸やシャンプーの洗浄力が肌を傷めているという研究結果があります。

食器洗いをする男性界面活性剤の強力な洗浄力により、皮膚を守る為に必要な皮脂まで根こそぎ取り除いてしまいます、食器洗いをし過ぎると肌がカサカサになるのも同様です。

また界面活性剤は簡単には落ちないと言われています、特にシャンプーは髪に絡まって残りやすいという特徴があるので、薄毛の方はすすぎが十分ではないことがあるそうです。

石鹸も直接肌に擦り付けてしまうと泡立てていると成分が残りやすくなるのですが、その後に湯船に浸かることが多いので、問題にはなりにくい傾向があります。

一方で髪は湯船に浸からないので、すすぎが不十分な可能性が高くなります、シャンプーを直接髪につけるのではなく、手のひらで一度泡立ててから髪につけてリスクを減らしてください。

石鹸やシャンプーは汚れを落とすという役割も、やり過ぎだと肌を傷める可能性があります、なるべくなら泡立ちの意タオルで少量を使うことが望ましいわけです。

泡立ちの良いタオルのメリット

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。泡立ちの良いタオルは肌を傷めるリスクを減らすことが出来ます、きめ細かな泡がクッションとなってくれるので、肌を強く擦ることを防いでくれます。

そして石鹸の使用量を減らすメリットもあります、すすぎがしやすくなり肌に石鹸の成分が残る可能性も低くなります。

石鹸の使用量が減れば排水の汚れも少なくなります、お財布にも地球にも優しいというメリットがあります。

私は長年シルクのタオルを使用していたのですが、シルクのタオルは肌触りは優しいのですが、石鹸の泡立ちが悪いという特徴がありました。

ボディーソープの使用量でいうと、通常の綿のタオルは2プッシュ、シルクのタオルは3プッシュのようなことです、一方で泡立ちの良いタオルは1プッシュでOKです、やはり節約という意味でもおすすめです。

また石鹸の使用量が減れば石鹸カスも少なくなります、きめ細かい泡ですすぎもしやすいので、石鹸カスの汚れも少なくなります、これはお風呂掃除にも影響があるということです。

参考お風呂掃除を簡単に済ませるテクニック

泡立ちの良いタオルのデメリット

私は泡立ちの良いタオルを十年ぐらい前にも試しことがありました。

その当時の泡立ちの良いタオルというのは、いかにもポリエステルといった感じの肌触りで、とても硬くて直ぐに手放したという経験があります。

最近の泡立ちの良いタオルには様々なタイプがありました、安いモノの中には硬い質感のタオルもありました、化学繊維が苦手だという方には向いていません。

また銭湯や温泉からあがるときに身体の水分を拭き取る時も向いていません、水分を拭き取れなくはないのですが、どうしても普通のタオルより吸水性は劣ります。銭湯でタオル一枚で済ませたい方には向いていません。

また通常のタオルよりは価格は高くなります(千円未満)、長い目で見ると節約にはなりますが、お得とは言えません。

【スポンサーリンク】

まとめ 洗い過ぎのリスク

シンプルなシャワー数年前から「タモリ式入浴法」なるものがネットで話題になっていました、石鹸やシャンプーを一切使わずに、お湯だけで身体の汚れを落とす方法です。

お湯で食器洗いをすると手が荒れやすいのは、温度の高いお湯は油汚れを落としやすいという特性があるからです、手の皮脂まで落としてしまいます。

これがお湯だけでも十分だという理由です。

実は私は数年前に「タモリ式入浴法」を試したことがあります。

結果3日で諦めました、身体が汗臭くて耐えきれなくなったからです。

一方で石鹸やシャンプーの害も無視できません。

別のところで藤田紘一郎さんという腸内細菌の権威のお医者さんの見た目が、若返った秘密を紹介している本を紹介したのですが、

参考藤田紘一郎の髪が復活した理由

何と藤田紘一郎さんもタモリさんのように、シャンプーを使用しないで髪を洗う「湯シャン」を実践していました。

積み重ねられた石鹸私自身も薄毛に悩んでいることもあり、せめて石鹸やシャンプーの使用量を減らしたいと考えるようになり、そこで泡立ちの良いタオルを試してみたわけです。

結果、十年前に使用したものと比べて各段に肌触りが良く、泡立ちも素晴らしくで感動しました。

化学繊維のポリエステルで肌を洗うことに抵抗があったのですが、きめ細かな泡を揺らすだけでいいと思うと力を入れて擦る必要はありません、十分に機能を果たしてくてます。

いきなり「タモリ式入浴法」や「湯シャン」に移行するのは難しいですが、石鹸やシャンプーの使用量や頻度を減らすことは、それほど難しくはありません。

少しずつ石鹸の使用量を減らしていくことで、必要以上に皮脂を落とすこともなくなります、すると皮脂の分泌も少なくなってくるので、いずれはお湯だけで済ませられるかも知れません。

そのような自然に近い生活に慣らしていく為にも、泡立ちの良いタオルは相性が良いと思います。

通常のタオルよりは少し高いのですが、長い目で見れば石鹸の使用量を節約できますし、何よりも肌の健康の為に大切なことだと思います。

ちなみに100円ショップにも泡立ちの良いタオルが売られていますが、触ってみたところ昔の泡立ちの良いタオルのような硬い質感に感じました。

肌との相性があるとは思いますが、500円以上の泡立ちの良いタオルをおすすめしておきます。

私はイオンで購入したのですが、泡立ちにランク付けがされおり、さらに様々な質感のタオルに分かれていました。

泡立ちが最高ランクのタオルから、好みの質感やカラーのタオルを選ぶことができます、少し高いと言っても千円未満なので、肌の健康の為にも投資する価値があると思います。

泡立ちの良いタオルのメリットは非常に大きいと感じています。

お肌に優しく、お財布に優しく、お風呂掃除にも優しく、地球にも優しい泡立ちの良いタオルを試してみてください、石鹸の使用量が少なくなることは、多くのメリットがあると思います。


down

コメントする