節約はレジャー!

無駄な時間の上手な見極め方と有益な時間の増やし方

無駄な時間と有益な時間

たくさんの犬の散歩無駄な時間と有益な時間に正解があるわけではありません。

犬の散歩で癒される人もいれば、家族からの命令でイヤイヤ犬の散歩をする人もいます。または仕事として犬の散歩をしている方もいます。

あくまでも本人の感じ方次第ではあるのですが、その違いを上手に見極めることが出来れば、無駄な時間を減らして有益な時間を増やすことが出来ます。

そこで今回は無駄な時間の上手な見極め方、そして有益な時間の増やし方について紹介します。

【スポンサーリンク】

無駄な時間とは

教室の時計無駄な時間の上手な見極め方は「時間の流れるスピード」を意識することです。

楽しい時間を過ごしていると時間はあっという間に過ぎ去るものです。それは時間を有益に使えている証拠です。

逆に無駄な時間というのは「時間の流れるスピードが遅い時」です。

好きでもない仕事やバイトがわかりやすいと思います。時計の針ばかりを気にして早く時間が過ぎてほしいと考えている状態はあなたにとって無駄な時間、ストレスの貯まるイヤな時間になります

逆に仕事に熱中している方は時計の針を気にする理由が違います。

「あ、もうこんな時間なのか」

と時間が過ぎるスピードを早く感じている状態です。同じ仕事、同じ時間でも人によって流れるスピードの感じ方は違います。

仕事の場合はお給料を頂けるので無駄とは言いませんが、時間の感じ方で充実感や疲労感に差がでるということを覚えておいてください。

無駄な時間を減らす方法

仕事を選ぶのは簡単なことではありませんし、誰もがやりがいのある好きな仕事に就けるとは限りません。

なるべくなら仕事の中にやりがいを見つけることで、仕事の充実感が増し時間の過ごし方も変わってきます。

仕事の内容をコントロールすることは難しいですが、日常生活であればある程度はコントロールできます。

食洗器に皿をセットする女性家事が苦手でイヤイヤ行っている方は、便利な調理器具や食洗器などを用意することで、イヤな時間を減らすことが出来ます。

ハウスクリーニングや外食もそうです。お金次第では大抵のイヤな時間を減らすことができます。

お金を趣味や好きなことに使う方が多いですが、苦手なこと、嫌いなことを減らすために使うと、無駄な時間とストレスを減らすことができます

有益な時間とは

一方で有益な時間とは、時間の流れを忘れるぐらい集中出来ている状態です。

女子会の乾杯大好きな仕事や趣味は時間が過ぎるのが惜しいと感じるものです。気の合う仲間との飲み会は時間が「あっ」という間に過ぎますが、苦手な上司との飲み会は長く感じるものです。

同じ内容でも考え方、捉え方一つで無駄な時間にも有益な時間にもなります。

仕事の内容や人付き合いをコントロールするのは難しいですが、これも日常生活であればコントロール出来るわけです。

掃除が苦手な方だったとしても、たまたまテレビで掃除に関する情報に触れただけで、掃除をするモチベーションが上がることがあります。

トイレ掃除をするとお金持ちになるとか、掃除をすることで喘息が収まったとか、何かしらの有益だと感じる情報を得ることで、嫌いな掃除の認識が変わることがあります。

そしてその情報通りのメリットや達成感を感じることができれば、時間は「あっ」という間に過ぎてくれます。

犬の散歩が苦手だった人が、犬の可愛らしさを感じることができるようになると、散歩の意味合いは大きく変化します。

無駄な時間だったはずの苦手な作業の捉え方を変化させることで、有益な時間にすることができるわけです。

その為には積極的に知識、情報を探すことです。無駄だと認識している行動の意味をしっかりと理解することで、その行動から達成感が得られるようになります。これが無駄な時間を有益な時間に変える方法です。

【スポンサーリンク】

まとめ 考え方次第の意味

全てのイヤな行動、苦手な作業を有益な時間に変えることは難しいですが、中にはメリットに気づいていないだけで、簡単に有益な時間に変えることができる行動もあるものです。

ある工場で何の為に使われるのかわからないパーツを製造していたとしても、そのパーツがたくさんの人の役に立っているとわかった途端に、やりがいが感じられるものです。

そのような情報に積極的に触れるようにすることで、無駄な時間を有益な時間に変えることは可能です。これが考え方次第の意味です。

ちなみに外国の話ですが、武器などを製造する工場では、あえてどこに使われているパーツかわからないように徹底するそうです。

作業員が具体的にイメージできてしまうと、そこに罪悪感を感じるからです。あえて臨場感を下げるような工夫がされています。

これも考え方次第の意味です。むしろやりがいを少なくする方法ですが。

武器の話は気にしなくてもいいですが、人は同じ作業、同じ時間の過ごし方でも、考え方次第で楽しくも苦しくもなります。

もちろん全ての苦しい時間を変えることは難しいのですが、難しい行動こそ、お金をかけて減らすことをおすすめします。

料理をするのが大好きな人が、外食や出前にお金をかけてもストレスになりますが、料理が苦手な人であれば、外食や出前はストレスの軽減になってくれます。

当サイトは節約をすすめているわけですが、何から何まで節約をすることが良いと言っているわけではありません。

節約をして貯めたお金の使い道は自由ですが、旅行などの娯楽だけではなく、日々の苦手な作業、無駄な時間を減らすことに使うことこそ有益な方法だと思います。

笑顔で自転車をこぐ女性歩いて30分かけて通勤している方は、自転車を購入することで20分もの有益な時間を増やすことが出きるわけです。

もちろん歩くことに楽しみを見出しているのであれば、通勤時間は有益な時間なので全く問題はありません。

時間が過ぎるのが長いと感じる作業に効率よくお金をかけると、無駄な時間とストレスが減るだけではなく、有益な時間が増えてくれます。

娯楽などの楽しみにお金を使うのが悪いわけではありませんが、それだけだとメリットは楽しさだけですが、苦手な作業、イヤな行動を減らすことにお金を使えば一石二鳥になってくれます。

あなたにとって苦手な作業、時間が過ぎるのを長く感じる行動を見極め、その行動の意味をしっかりと再認識してください。それでも意味を見いだせない場合は、適度に投資をしてストレスを軽減させてほしいと思います。


down

コメントする