節約はレジャー!

テレビを見ながらできる運動は継続のしやすさで選ぼう!

テレビを見ながら運動?

ヨガの際どいポーズ世の中には様々な運動、エクササイズ方法があります。本格的な運動から日常生活に取り入れられる運動まで幅広くあります。

中には「テレビを見ながら出来る運動」として紹介されているものがあるのですが、それらの多くは簡単に継続できるものではありません。

ほとんどが根性論の運動や筋トレであり、あまりテレビは関係なくなっています。

テレビの前でハードな筋トレをしたり、ヨガをすることは可能でしょうが、それでテレビの内容が頭に入ってくるかは別問題です、あまりテレビは関係ありません。

あくまでもメインはテレビの内容を理解することなので、そこをおろそかにするのであれば何だって出来てしまいます。

それは普通の運動や筋トレが続けられるかどうかの問題です、テレビは関係ありません。

そこで今回はテレビを見ながらでも簡単に出来る運動を紹介します、それほど意識を向けることなく出来る簡単な運動を取り入れることが継続させるポイントになります。

【スポンサーリンク】

無意識に出来る運動

1 バランスボール

青いバランスボールテレビを見るときに椅子の代わりにバランスボールを利用することで、無意識に体幹の筋肉を刺激することが出来ます。

バランスボールを使った様々な運動や筋トレがありますが、それらはあまり意識しないでください、あくまでも座ってテレビを見るだけでOKです。

ある程度バランスボールに慣れてくれば、空気圧を上げて難易度を上げることが可能です。

難しい態勢やストレッチを意識しすぎないことがポイントです、ただ座るだけも効果があります。

2 グーパー運動

青空バックの握りこぶし手のひらを「グーパー」に開くことで握力を鍛えることが可能です、これもテレビを見ながら行える簡単な運動です。

本格的に握力を鍛えるのであれば、「パー」と開く動作と「グー」と閉じる動作を意識して行い、素早く回数をこなして筋肉の限界まで追い込むことが効果的なのですが、あくまでもテレビを見ながらなので適当で構いません。何となく疲れてくるまで行えばOKです。

また腕を上げたり下げたりして角度を変えることで、様々なストレッチの効果も期待できます、テレビを見ながら気持ちのいい腕の角度でグーパー運動をしてください。

3 指回し運動

「指回し運動」とは両手の指の先を合わせて、一本ずつグルグル指を回す運動です。

こちらは脳の運動になると言われていますが、同時に握力も鍛えることが出来ると言われています。

誰でも親指や人差し指であれば、テレビを見ながらでも無意識に指回し運動を行うことが出来ます、他の指はある程度の慣れが必要なので、無理にテレビを観ながら行わなくても構いません。

薬指や小指は相当慣れないと難しいので、CMの最中など意識して行ってみてください。

あくまでもテレビを見ながら無意識に行うことがポイントなので、回す回数などは気にしないでください、何となく疲れてきたら指を変えたり、回す方向を変えてみてください。

4 ふくらはぎマッサージ

「ふくらはぎマッサージ」は運動とは違いますが、むくみ解消や冷えの解消に効果的と言われています。

これもあまり難しく考えずに、軽くふくらはぎを手で優しく揉んであげればOKです、美顔ローラーなどを持っている方は、それでコロコロするとマッサージしやすくなります。

日頃からテレビのリモコンの横にローラーを置いておくことと、習慣化され継続しやすくなります。

個人的には最もテレビを見ながら行える運動と相性が良いと感じています、初めは手でふくらはぎを揉んでもらえばいいのですが、100円ショップにもローラーが売られているので、ふくらはぎマッサージの効果を実感した方にはおすすめです。

5 ストレッチ

背伸びをする女性最後は一般的なストレッチです、長時間同じ姿勢でテレビを見ていれば誰もが無意識にストレッチをすると思います。

人は同じ姿勢が続くと血行やリンパの流れが悪くなるので、自然と背伸びやストレッチをするものですが、悪くなる前から意識的にストレッチを行ってください。

実はストレッチで筋肉を伸ばすだけでもカロリーは消費されます、ストレッチで特定の筋肉を伸ばすということは、相対する筋肉が縮むことになります、これは軽い運動と同じような効果があります。

ストレッチだけでは筋肉が太く成長することはありませんが、柔軟でしなやかな健康的な筋肉にすることは可能です。

またストレッチによって筋肉が温まると基礎代謝も増えるので、同じ姿勢でテレビを見ているよりも、軽いストレッチを取り入れることでカロリー消費量が増えます。

また正座をすることもストレッチに含まれます、足がしびれるほど行う必要はありませんが、きちんと正座を行うことで骨盤や足首の筋肉をストレッチすることが出来ます。

自宅でリラックスしてテレビを見ている時は楽な姿勢をしているものですが、正しい姿勢を心がけることでもカロリーは消費されます、きちんとした姿勢を保つ為にも筋肉は使われます。

【スポンサーリンク】

まとめ

今回紹介したテレビを見ながら行える運動はかなり簡単な運動ばかりです。これらのように意識を向けることなく行える運動というのは、実はそれほど多くありません。

ルームランナー電化製品に頼るのであれば、乗っているだけの「ジョーバ」などがあります、他にも単純な動作の「エアロバイク」や「ルームランナー」という選択肢もあります。

それらを所有している方はテレビの前に設置して、テレビを見ながら運動が出来ると思いますが、リビングのテレビの前の良いポジションに設置するのは大変だと思います、かなり邪魔なのではないでしょうか。

そういう意味でも移動のしやすいバランスボールは向いています、テレビを見ながらだけではなく、寝室で読書をする時にも使えます。

ちなみに「運動や筋トレをしながらテレビを見る」というのであれば何でもありです、メインが運動や筋トレなので、テレビの情報が頭に入ってこなくても構わないわけです、どうぞお好きに行ってください。

あくまでもテレビという娯楽やリラックスした時間をメインと考えると、本当に簡単な運動でなければ継続することが出来ません。

「テレビを見ながらスクワットをする」という方もいますが、その方はテレビを見なくてもスクワット出来るのだと思います、スクワットで太ももの筋肉を限界まで追い込んで息を切らしていると、テレビの内容は全く頭に入ってきません。

多くの方がテレビを見る時間はリラックスをしていると思います、一日の緊張を和らげる為にもリラックスすることは大切なので、テレビの内容がわからなくなるような運動はおすすめしません。

簡単な運動でも「継続は力なり」です、三日坊主で終わる運動よりも効果は高くなります。

テレビを見ながら姿勢を正すのも辛くなれば止めていいわけです、無理に続けるのではなく、無意識に続けられる程度の運動を心がけてください、これが継続のしやすさということです。

ストレッチも限界まで追い込まなくても効果はあるものです、軽く気持ちの良い範囲を行ったり来たりすることで、徐々に間接の可動域が伸びていきます。

苦しくなるような運動ばかりがトレーニングではありません、走らなくとも普通に歩くことでもカロリーが消費されるように、軽い運動でも効果はあります、テレビを見ながら行える運動は継続しやすさで選んでください。


down

コメントする