節約はレジャー!

物欲を抑える簡単な方法!売る側の仕組みを理解しよう

モノを購入する動機

物欲が抑えられなくて、部屋中がモノであふれかえっている方もいると思います。

本当に必要なモノ、生きるために必要なモノなど、それほど多くないはずなのに、ついついモノを購入してしまうことがあるものです。

モノを購入するときの心理状態は大きく分けて二つあります。それは心から欲しいと思ったケースと、欲しいと思わされたケースです。

心から欲しいと思ったモノ、必要だと思ったモノの購入は問題ありません。冷静に判断して購入することができます。

問題になるのはモノを売る側に「欲しいと思わされたケース」です。このようなケースで購入したモノは必要のないモノなので、あとで後悔するわけです。

モノを売る側の仕組みを理解すると、この問題は簡単に解決します。

【スポンサーリンク】

モノを売る側の都合

モノを売る側の都合、仕組みを難しく分析することもできますが、単純に考えると、たくさんモノを売りたいわけです。

その為に様々な仕掛けをしてきます。

  • 期間限定
  • 数量限定!
  • 今だけの特別価格
  • 有名人の○○も愛用
  • 今のままだと危険、不潔
  • こんな未来が待っている!

など、物欲を刺激して購買意欲を誘ってきます。

このよなモノを売る側に促されて欲しくなったモノというのは、それほど現状では必要のないモノばかりです。購入してもあとで後悔します。

逆に今すぐに必要なモノ、たとえば消費してしまった生活必需品などは、モノを売る側の都合など全く関係なく、自分の都合で選択することができます。

ここがポイントです。

売る側の都合ではなく自分の都合で、今すぐに購入しなければいけないモノかどうかを意識すると、本当に必要なモノかどうか判断しやすくなります。

催眠術の仕組み

いきなり話は変わりますが、催眠術というものがあります。

催眠術を簡単に説明すると、術をかける側が、かけられた側の行動をコントロールする技術です。

この催眠術にかかってしまっている状態というのは、全く自分でコントロールできません。催眠術をかけた人の言われるがままになってしまいます。

催眠状態を解くには二つの方法があります。一つは術者が解く方法です。そしてもう一つが眠ってしまうことです。

基本的に催眠術は一度眠って目が覚めると、自然と解けてしまいます(永続的なのは洗脳)。

催眠状態というのは別名トランス状態とも言い、わかりやす例でいうと酔っぱらったような状態になります。

冷静に物事を判断できない状態です。

酔っぱらった状態も一晩ぐっすりと眠れば覚めてしまうものです。二日酔いがあるかもしれませんが、基本的には酔いが覚めれば再び冷静な判断ができるようになります。

催眠術はアルコールの力を借りることなく、言葉でトランス状態に誘導するテクニックです。

またトランスミュージックという言葉あるように、一定のリズムを大音量で聴き続けて身体をゆだねると、トランス状態になることがあります。

これらをまず理解してください。テレビに出てくる怪しげな催眠術師だけが仕掛けられるテクニックではないということです。

モノを売るテクニック

モノを売るテクニックというのは、相手をコントロールすることです。

そのモノを必要としている人に訴えかけるのが理想ですが、より多く売りたい場合は、それほど必要としていない状態の人に、必要だと思わせなくてはなりません。

催眠術師のようにモノを購入する側に冷静な判断ができないようにすると、コントロールすることが可能になります。

他の人よりも多く売り上げることが出来る優秀な営業マンというのは、催眠術師とは違った手法で、相対する人をコントロールしています。

催眠状態という特別な状態のように感じますが、人は頻繁にそのような状態になるものです。

あくまでも程度に問題であり、催眠術師のように深くまで入り込めると、完全にコントロールすることになりますが、程度の差はあれ誰もが無意識に行っていることです。

たとえばわざと強面によせる髪型や恰好もその一つです。恐怖によって相対する人をコントロールしようとしています。

大きな声で怒鳴ったり、にらみつけるのも同様です。相手に恐怖を与えて冷静な判断ができないようにするわけです。

他にも色仕掛けなどがわかりやすいと思います。言葉や格好で相対する人に興味があるそぶりを見せ、相手が冷静な判断をできない状態にします。

モノを売る場合は誠実な格好や笑顔などがそこに含まれます。声色や姿勢やしぐさで相手との信頼関係を構築することができると、相手をコントロールすることができます。

もちろんすべての人に催眠術がかからないように、相性の問題がありますが、催眠術師のテクニックの差も大きいわけです。

同じ商品を売っている営業マンでも成績に大きな差が出るのは、モノの良しあしではなく、相手をコントロールする能力の差によるものが大きいわけです。

どんなに「騙されないぞ!」と心に決めていても、超一流の営業マン、もしくは詐欺師、催眠術師にかかれば、コロッとコントロールされる可能性があるわけです。

むしろ「絶対に俺は騙されない!」というタイプの人ほど、コントロールされやすいそうです。そのような人をコントロールする為のテクニックがあるわけです。

このことを覚えておいてください。騙されないと思うだけでは難しいです。

【スポンサーリンク】

まとめ 知るだけ

プロにターゲットにされると逃れるのは至難のわざです。百戦錬磨のプロは相手に合わせて臨機応変にテクニックを変えてきます。

頑固なオヤジほどテレビの通販番組で、必要もない商品を購入してしまうものです。

プロはあらゆるテクニックを駆使してきます。恐怖を見せ、不安を煽り、解決策を掲示してきます。そして素晴らしい未来が待っていると言います。

そして最後に冷静な判断ができないように、その場での判断を促してきます。

今だけ、期間限定、中には「放送終了後30分以内」とまで言ってきます。

これらの販売テクニックは、催眠術師が相手をコントロールする手順、技術とそれほど変わりません。相手を不安定にし、解決策を促します。

また優秀な営業マンが初対面の相手と素早く信頼関係を築くように、すでにある程度の信頼関係が築けている有名人が広告塔になるのも同じです。

ターゲットにされた層に合わせて、その層に人気のある有名人が利用されます。

本気になったプロが売れないモノなどありません。購入後に満足するかどうかはまた別の問題です。

これらをよく知っておいてください。プロはあらゆる技術を駆使して売っています。

知っているだけで、無意識の行動を意識に上げられます。

どうしても欲しいと思ったモノが目の前に現れたときは、一晩眠ることです。

これだけで冷静に判断できるようになります。

逆に何日たっても欲しいと思えるのであれば、それは本当に必要なモノなのかもしれません。一生モノの愛用品になる可能性があります。

多くのモノは、次の日にはそれほど欲しくなくなっているはずです。

それがまさに相手のテクニックから解かれたということです。

ベッドの上で目が覚めた時に「あれが欲しい」「これが欲しい」「○○を食べたい」とは思わないものです。

これが最も簡単に物欲を抑える方法です。一晩眠れば冷静に判断できるようになります。

お酒が入ると好きでもない人が魅力的に見えてしまうものです。翌朝後悔したことがある方もいると思います。

店員さんの褒め言葉にのせられて購入してしまうのも同じです。オシャレなお店の美男美女の店員にのせられて上の空になると、冷静な判断ができなくなります。

催眠状態というと特別な状態のように感じますが、程度の差こそあれ日常生活にあふれていることを覚えておいてください。

クラブのトランスミュージックだけが、トランス状態になるわけではありません。

バーの薄暗さ、オシャレな洋服屋、神秘的な寺、土地、立地(階層)などあらゆる要素が利用されています。さらにはアロマや線香の香り、BGMまでもが日常との違いを演出し、催眠状態(冷静な判断ができない状態)へ誘います。

催眠術師だけが使うテクニックではないということです。人たらしと呼ばれる人は意識的でなくても、経験則的に相手をコントロールする技術が身についています。

これらを知るだけで、自分の状態を見つめられるようになります。

「あ、今フワフワしているな」

「ぼーっとしていた」

「気持ちよくのせられているな」

と、自分の心が冷静な状態でないことに気がつくようになります。

これは物欲に限った話ではないですが、心が揺さぶられて普段しない行動をしたくなったときは、数日寝かせてみてください。冷静な状態で判断してください。

それでも行動したいのであれば、それは人生にとって本当に素晴らしい選択の可能性があります。

「即断即決」「今でしょ!」がいいような風潮もありますが、本当に欲しいモノ、本当にやりたいことというのは、数日寝かせた程度で抑えられるものではありません。

物欲が抑えられない人は、モノを売る側に仕掛けられたテクニック、欲しくなる感情があることを知ってください。それらは一晩で消え失せることを覚えておいてください。

ここまで読んでくれたあなたは、おそらくもう大丈夫です。知っただけでも行動が変わると思います。

本当に欲しいモノ、必要なモノだけに囲まれた、豊かな生活を送ってほしいと思います。


down

コメントする