節約はレジャー!

保温調理で電気、ガス代の節約!カバーいらずの簡単方法

保温調理とは?

保温スイッチ保温調理を簡単に説明すると、煮込み料理などで弱火でコトコト長時間煮込む代わりに、鍋の余熱を利用して電気代やガス代を節約する調理方法です。

前日に作ったカレーは食材に味が染みこんで美味しいものですが、一晩中煮込み続けたわけではありません。

この一晩おいたカレーの美味しさの秘密は、鍋の中の温度が下がる過程で食材の奥深くまで味が染みこむからです。

食材に味を染み込ませるには、長時間煮込むことも有効ではあるのですが、一度沸騰した後にゆっくりと冷ますことで同様の効果が期待できます。これが光熱費の節約になる保温調理のメカニズムになります。

また保温調理は電気代やガス代の節約だけではなく、食材の煮崩れや鍋の焦げ付きが少ないのもメリットです。

鍋を一度沸騰させた後に放置すると直ぐに冷めてしまうので、一工夫加えて冷ますスピードを落とすのが保温調理になります。魔法瓶をイメージするとわかりやすいと思います。

【スポンサーリンク】

保温調理のグッズ

保温調理は「ゆっくりと冷ます」ことが重要なので、魔法瓶のように空気の層をつくって熱を遮断することがポイントになります。

保温調理の為のグッズも売られています。メカニズムは単純なので裁縫が得意な方は、手作りで鍋のカバーを作る方もいるそうです。

これらは「鍋帽子」とも言われています。

これらのように自作でカバーを使って保温調理をするのも良いのですが、家庭にあるもので簡単に代用することも出来ます。

フリースなどの古着で囲っても似たような効果があります。持ち手の長い片手鍋の場合は帽子型よりも向いているぐらいです。

ちなみに本格的な保温調理というのは、鍋を新聞紙で隙間なく包み、その上から毛布でガッチリと包み、そして発泡スチロールの箱に入れて保温します。

これが理想の保温調理ではあるのですが、流石にここまでするのは大変だと思います。お手軽な調理方法とは言えません。

そこで今回は物凄く簡単に保温調理をする方法を紹介します。

簡単な保温調理

電子レンジ簡単な保温調理というのは、一度沸騰させた鍋を電子レンジやオーブンの中に入れてしまうだけの方法です。

電子レンジの中に温められた鍋を入れることで、魔法瓶のように外の空気との間に空間をつくることが可能です。

もちろん電子レンジで温めるわけではありません。あくまでも空気の層を利用するだけです。

ただし片手鍋など取っ手の形によって電子レンジに入らないので気をつけてください。両手鍋であれば大抵は入ると思います。事前に確認してみてください。

片手鍋でも電子レンジのドアを閉めることが出来れば、魔法瓶のような保温効果があります。

新聞紙や毛布で包んだり、専用の鍋帽子を用意するのもいいのですが、この方法であれば多くの方が簡単に保温調理を実践することが出来ると思います。

ただし鍋の持ち運びの時は十分に気を付けてください、両手鍋を持って蓋は開けられません、事前に電子レンジやオーブンの蓋を開けてから、気をつけて運んでください。

【スポンサーリンク】

まとめ 保温調理のメリット

保温調理には様々なメリットがあります。

  • 電気、ガス代の節約
  • 調理(加熱)時間の短縮
  • 混ぜる必要がない(焦げつかない)

デメリットとしては完成までに時間がかかるのと、電子レンジやオーブンを占領してしまうことです。同時に何品も調理するときは向いていませんが、時間に余裕がある時は非常に有効な調理方法だと思います。

ちなみに保温調理専用の鍋も売られています。鍋そのものが魔法瓶のような構造になっています。

煮込み料理が大好きな方は、このような鍋を利用して保温調理をするのも良いとは思います。

また土鍋はそのままでも冷めにくい特製があります。蓋を閉じておけば自然と保温調理になります。

ただし土鍋は温めるまでに多くの電気やガスを使用することにもなるので、プラスマイナスゼロかも知れません。

一方でペラペラの安い鍋は熱しやすく冷めやすいものです。短時間で温めることが出来るので保温調理との相性は抜群です。

保温調理専用の鍋や帽子、発泡スチロールや毛布を用意するのもいいのですが、まずはお手軽な電子レンジやオーブンで保温調理を試してみてください。手持ちの鍋でも保温調理は可能です。

また最近は低温調理も流行っています。短時間に高温で加熱するよりも、低温でじっくりと煮込む方が食材の栄養が損なわれないことも多いので、保温調理との相性も良いと思います。

調理する時間に余裕がある場合は、お手軽な保温調理を試してみてください。電気代やガス代の節約だけではなく、簡単に美味しく出来ると思います。


down

コメントする