節約はレジャー!

手が届かない窓の掃除はクイックルワイパーがおすすめ!

手が届かない窓

窓掃除をする女性自宅の窓を掃除する時に、手が届く範囲であれば綺麗にすることは難しくありません。

雑巾とバケツがあれば事足ります。また便利な窓専用の掃除グッズが売られていますし、それほど困らないと思います。

問題なのが手が届かない窓の掃除です。

本格的に行うのであれば、はしごに上って掃除することですが、これは簡単ではありません。

そこで今回は手が届かない窓の掃除を簡単に掃除できるクイックルワイパーの使い方を紹介します。

簡単なだけに窓がピカピカになるとは言いませんが、日ごろに窓の掃除としては十分だと思います。

【スポンサーリンク】

お掃除ワイパーの質

クイックルワイパーの正規品まずはクイックルワイパーを用意してください。

この時に注意してほしいのが、本家ではないお掃除ワイパーの存在です。

最近では100円ショップでも似たようなモノが売られていますが、本家から比べると柄の強度が劣ります

少し力を入れると柄がしなって力が抜けてしまいます。本家のクイックルワイパーでなくてもしっかりとしたモノであればいいのですが、柔らかいモノは窓の掃除に向いていません。

窓専用のシート

窓用お掃除シート100円ショップのお掃除ワイパーはおすすめしませんが、取り付けるシートの方は窓専用のタイプが売られているのでおすすめしておきます。

床用の通常シートでもいいのですが、やはり窓専用のシートの方が窓の汚れを拭き取るのに適しています。

窓専用のシートは跡が残りにくくなっているのですが、それでも気になる方は、通常のシートで最後に乾拭きをしてください。

ちなみに網戸専用のシートも売られています。網戸は軽くて取り外しが簡単なので、それほど掃除は難しくありませんが、専用のシートの方がより簡単に済ますことが出来ます。

窓枠の掃除

窓枠の汚れそして最後に窓枠の掃除もしてください。その時にお掃除シートの使用後の裏や隙間を利用することがおすすめです。

窓枠に貯まっている汚れは頑固なことが多いのものです。虫の死骸やカビが生えていることもあります。

これらの頑固な汚れを雑巾やスポンジでふき取ってしまうと、何度すすいでも綺麗にならないことがあります。

使い捨てのシートだからこそ、窓枠の汚れを落とすのに向いています。またシートを無駄なく隙間なく使いきることで節約にもなります。

【スポンサーリンク】

まとめ 代用で節約

年末の大掃除で窓掃除をする方も多いと思うのですが、実は気温の低い冬場は窓掃除に向いていません。

窓の汚れは気温の高い夏場の方がよく落ちます。特に湿度の高い日が理想です。

冷たい水だと油汚れが落ちにくいように、暖かく湿っている季節の方が窓掃除に向いています。

綺麗な窓また窓を掃除すると部屋の中が明るくなります。気持ちが良くなるのが一番ですが、僅かでも電気代の節約につながるものです。

参考カーテンの洗濯頻度の正解?

クイックルワイパーは非常に便利な道具です。一度購入すれば長持ちするものなので、あまりケチらずに良質なモノを選んでください。

手が届かない窓の他にも、お風呂場の天井などでも力を入れて拭き取ることができます。

参考お風呂掃除の時短テクニック!

ちなみに本格的な窓掃除のグッズも売られていますが、よほど高い窓でなければクイックルワイパーでも代用できると思います。

窓の掃除に限らず、様々な箇所の専用のお掃除グッズが売られていますが、それらを全て揃えると費用も収納スペースも奪われてしまいます。

調味料なども回鍋肉専用調味ソースやチンジャオロース専用調味ソースなど揃えていてはキリがありませんし、高くつきます。

基本的な調味料さえ用意すれば、ある程度は代用できるものです。

自宅の掃除も代用できるものは代用して、節約につなげていってほしいと思います。たまにしか掃除をしない手の届かない窓こそ、アイディアで乗り切ってほしいと思います。

もちろん使用頻度の高いものは、専用品を上手に取り入れることで時間の節約になると思います、上手に見極めるようにしてください。


down

コメントする