節約はレジャー!

身長の低さがコンプレックス?残念な節約と似ています

身長と節約?

身長を測る女子高生高校生になった親戚の男の子が身長が低いことに悩んでいました。

部活で活躍出来ないのも、女の子にモテないのも、全て身長が低いからだと思っているようでした。

これは大きな勘違いです。

身長が低いことよりも「身長が低いことにコンプレックス」を持っていることが問題です。

あくまでも認識の問題です。身長が低くても部活で活躍している生徒はいますし、女子生徒にモテる子もいます。

この話と節約は少し似ているなと感じました。あくまでも認識による違いです。同じ行動をしても認識が違うと結果も違います。結果の受け取り方が大きく違います。

【スポンサーリンク】

身長が低いコンプレックスの解消法

身長が高い人はカッコイイという思い込みがありますが、これは料理で言うところの素材が良いというところです。

確かに素材は良いに越したことはありませんが、それほど素材がよくなくても調理次第で美味しい料理にすることは可能です。

梅干しの前の梅酸っぱすぎて見向きもされなかった梅だって、梅干しにすることで立派な個性となりました。

身長が低いことにコンプレックスを感じている方は、現在の身長に不満を感じるのではなく「未来」に目を向けてください。

身長が高いことは必ずしもメリットばかりではありません。異性の魅力を判断する経験が少ない若者ほど、容姿や身長に惹かれる傾向がありますが、経験を重ねて成長するほど、それらの重要度は下がってきます。

20代の半ばにもなれば相手の容姿や身長だけで選ぶことはありません。収入や性格、価値観などが重要になっていきます。

この傾向は年齢を重ねる事に増していきます。「身長が高い=カッコイイ」の寿命は、実はそれほど長くはありません。このことをしっかりと認識してください。

これは女性のおっぱいの大きさと似ています。若い頃は確かにちやほやされるかも知れませんが、大きいほど垂れやすさに悩まされます。

車椅子のお年寄りお年寄りになれば完全に逆転します。身長の高い人の介護は大変です。力のある若い男性に介護をしてもらわなければなりません。

一方で小柄なお年寄りは可愛らしいものです。若くて綺麗な女の子に介護してもらえるかも知れません。

見た目でしか判断する基準がない若い頃ほど、身長が低いことにコンプレックスを感じやすいもののですが、未来は明るいと認識してください。

一方で身長が低いことによるメリットはたくさんあります。

まず空間を広く使えます。電車や飛行機の座席も広々と使えます。これは車や自宅でも同じです。身長が高い人はトイレの狭さや天井の低さに圧迫感を感じてしまいます。

また身体が低ければ食べる量も少なくなります。洋服の生地も少なくなります。洗濯物も少なくなります。考え方によっては地球環境にとって素晴らしいことではないでしょうか。

文明の進化によって多くの力仕事から解放されています。畑を耕すのも穴を掘るのも機械が担当します。筋力をつけるよりも免許を取るほうが役に立ちます。昔ほど大きな体のメリットはありません

身長が低いということは、むしろ人類として進化している証拠なのかも知れません。あらゆるモノは小型化に進化します。省スペース化は進化です。身長が低いことはメリットだらけだと覚えておいてください。

節約の認識

節約も認識の違いで大きく変わります。

落ち込んでいる美少女仕方がなく節約をしている、お金がないから節約をしなければならない、という認識だと辛いだけです。このままだと節約は長続きしません。

一方で明確な目的や目標の為に節約をしているのであれば、それほど辛く感じません。むしろ目標達成につながっていると感じられて楽しさすら感じます。

命令されてイヤイヤ行う筋トレは辛いものですが、「カッコイイ身体になりたい」「元気な身体になりたい」などの明確な目標があると筋トレは楽しくなります。

同じ行動でも認識の差によって快楽にも苦痛にもなります。

節約することが将来の目標に繋がっていると明確にイメージができると楽しくなります。少し先のお得なスーパーまで足をのばしたくなります。これを時間の無駄だと捉える人もいますが、別の捉え方をすればスポーツジムに通う時間もお金も節約できたとも言えます。これが認識の差です。

何かしらの行動の先の未来をイメージ出来ないと苦痛になります。勉強が苦手な子供は勉強をすることの意味がわかっていません。だから今楽しいこと(さぼる)を優先します。

一方で将来に明確な夢や目標がある子供は喜んで行動します。勉強がそこに繋がっているとイメージできると快楽に変わります。

本気でサッカー選手になりたい子供は、海外に行くことがイメージできるので積極的に英語を学びます。それは苦痛ではなく快楽です。

ミュージシャンを目指している生徒に、ギターのフレットの位置に三角関数が用いられている説明すれば、サイン、コサイン、タンジェントに興味をもつものです。

現在の苦痛が何のために役立っているのかと考えてみてください。

【スポンサーリンク】

まとめ コンプレックスとは無知

頭を抱える男性「どうせ身長が低いから何をやってもダメなんだ」という認識だと、そこからの成長がありません。努力をしません。全てを周りのせいにして現状の殻に閉じこもってしまいます。

身長が低いことが悪いのではなく、身長が低いことにコンプレックスを感じることが悪いということです。

身長が低いことのたくさんのメリットを知ってください。未来が明るいと知ってください。

多くのコンプレックスは無知が原因です。しっかりと向き合うことで解決できるものばかりです。認識を変える為にはそれなりに知識が必要です。

節約が続かない方も知識が圧倒的に足りません。辛さを感じるということは未来をイメージ出来ていないということです。何のための節約なのかが曖昧なままだと、ダイエットのリバウンドのように衝動買いに走ってしまうものです。

体重が減らない方も同じです。多くは無知から来ています。痩せることのメリットを具体的にイメージできるようになると、様々なダイエットの苦痛が快感に変わります。体重計に乗るのが楽しみになってきます。

整形手術をした女性がモテるのは、見た目が綺麗になったからだけではありません。コンプレックスが解消されて行動をするようになったことで、結果的にモテる機会(男性との接触)が増えます。

整形前にも同じだけの行動量があれば、昔のままでもそれなりにモテていたのかも知れません。

身長が低いからダメなんだ、身長が低いからモテないんだ、と認識していないか自分を疑ってください。

身長の低い一流サッカー選手身長が低くても上手くいっている人はたくさんいます。身長の低い男性アイドルもたくさんいます。身長の低いスポーツ選手もたくさんいます。

もう一度いいます。コンプレックスは無知なだけです。

髪の毛が薄くても人を笑わすことに使えれば最高の武器になります。悲しげな表情の人は葬儀屋さんで働けば天職です。

コンプレックスは認識の差です。しっかりと向き合うことで必ず解決策があります。明確な解決策が見つかれば、その為にする行動が快楽になります。

整形手術をする為にお金を貯めることだって立派な解決策ですが、もっと深く向き合えば容姿の悪さが原因でモテないのではなく、行動をしていないからモテる機会がないと判断できたかも知れません。

自分よりも身長が低くてもモテる人はいます。自分より容姿が悪くても素敵な恋人がいる人もたくさんいると思います。

全てコンプレックスのせいにしないでください。そのままだと何も成長が出来ません。自分の殻に閉じこもってしまいます。

まずは何かできることはないか、しっかりと向き合ってください。

自分と向き合うことがないと成長しません。中年になっても「同僚が悪い」「上司が悪い」「会社が悪い」「政治家が悪い」「国が悪い」と全て人のせいにしている方は少なくありません。このような中年が出世することも周囲の人に敬われることもありません。

「あいつは金持ちだから」「あいつはイケメンだから」「あいつは身長が高いから」「あいつは愛想がいいだけだから」「あいつは裏で汚いことをやっているから」、これらは全くあなたと関係のないことです。

演説をする立候補者同僚も上司も会社も政治家も国も全く関係がありません。同じ環境で上手くいっている人はたくさんいます。

あなたよりもずっと大変そうな節約をしていても、楽しんでいる方はいっぱいいます。その辛そうな行動が未来に繋がっているとイメージできているからです。

認識を変えることは簡単ではないと思うかも知れませんが、変わる時は一瞬です。

病院で精密な検査を受けた後に、余命半年と言われれば一瞬で認識は変わります。

占いを信じている女性は、偉そうな有名占い師の一言で一瞬で認識が変わります。

未来に対して具体的なイメージが出来るようになると、その瞬間に認識は変わります。

節約が上手くいかない方は、何のために節約をしているのか改めて明確にしてください。

身長が低いことにコンプレックスを感じている方は、身長が低いことのメリットを知ってください。身長が低い成功者を知ってください。自分の未来を具体的にイメージしてください。

身長が低いことなど関係がないと気がつくと思います。

変わる時は一瞬です。その時の心地よさを感じてほしいと思います。


down

コメントする