節約はレジャー!

「一杯のかけそば」に感動した人は節約が出来ない!?

一杯のかけそば・・・

一杯のかけそば「一杯のかけそば」なる小説が流行したことをご存知でしょうか。その後に映画化されるほど話題になった作品です。

簡単なあらすじを紹介しますと、大晦日の閉店間際のお蕎麦屋さんに、母一人、息子二人の親子が訪れ、「かけそば」を一杯だけ注文します。

そこで店主が気を利かせて大盛りにサービスしてあげる、というお話です。

話題になった頃は「一杯のかけそば」は美談として広がったのですが、その後様々な矛盾を指摘されブームは沈静化されたそうです。

「一杯のかけそばを支払えるお金があるなら、自宅で三人前の蕎麦を食べられる」

などと言われてしまいました。節約という意味では正しいのかも知れませんが、このような考え方だけだと残念なことになるかも知れません。

【スポンサーリンク】

節約の視点

ゆでそば節約ということだけを考えれば、一杯のかけそばよりも自宅で作ったほうがコストパフォーマンスがいいのは間違いありません。

スーパーに行けば激安のものなら三玉入って百円代で購入出来ます。

そのような指摘をする人の言い分もわかります。子供たちのお腹を満たすためには、その方がいいのかも知れません。

ですが、その貧乏な母親は大晦日の年越しそばというイベントを、子供たちに伝えたかったのではないでしょうか。

いつも貧乏で辛い思いをさせている子供たちに、「せめて大晦日だけでも雰囲気を変えて楽しい外食を・・・」という気持ちがあったのだとすれば、「一杯のかけそば」は素晴らしい決断だったと私は思います。

おそらく日ごろは自宅でつつましいながらも食べさせていたと思います。お腹を満たすためだけに「一杯のかけそば」を頼んだのではない、ということです。

贅沢の感じ方

贅沢というのは日常との落差で感じるものです。

日頃からお寿司や焼き肉が当たり前の家庭の子供には、ご馳走を聞いても答えが返ってこないといいます。

かけそば「一杯のかけそば」に登場する子供たちにとっては、あのかけそばは最高のごちそうだったのだと思います。

そこでお店側がサービスだからと三杯のかけそばを出してあげても、天ぷらをのせてあげても親子は複雑な気持ちになったことでしょう。

気づかれない程度の大盛りをしてあげた店主も粋だと思います。お客さんの精一杯の背伸びを理解していたのではないでしょうか。

「一杯のかけそば」は、お店の明るい照明、温かい店内、店員さんの笑顔、香り、湯気、それらも含めて、親子にとって贅沢だったわけです。

お腹を満たすためだけの「自宅での三杯のかけそば」では得られない贅沢を、子供たちに体験させていたのだと思います。

節約と贅沢

節約をすることだけが目的になってしまうと、この「一杯のかけそば」には感動出来ないかも知れません。

効率やコストパフォーマンスも大事ですが、それだけではないと思います。

節約の先に目標なり目的がない人は、おそらくこの贅沢が出来ないのだと思います。コストパフォーマンスだけを追い求めてしまいます。

そこにゲーム性を感じて本人が楽しいのであればいいのですが、イヤイヤ辛い思いをしながら節約をする必要はありません。

何のために節約をしているのかを明確にしてほしいと思います。未来の為に今を犠牲にする節約では長続きしません。

【スポンサーリンク】

まとめ 節約の先

シャンパンタワー豪遊をすることだけが贅沢ではないように、お金を節約することだけが節約ではありません。

お金をかけずに贅沢をすることも出来ますし、お金をかけても贅沢にならないこともあります。

ここは節約をすすめているサイトではありますが、節約だけが目的にならないようにしてもらいたいと思っています。

節約をする理由は人それぞれですが、その理由から遠ざかって不幸な節約をしている方も多いように思います。

節約をする理由、目的が明確になると、節約の道筋が見えます。

先が見えない道何となく節約をしていては、道筋は見えません。

節約そのものが目的になると、道は見えません。

改めて節約をする理由を思い出してほしいと思います。

理由が明確になると進むべき節約の道筋が照らされて、楽しく節約生活を進むことが出来ます。

きっとその道の先には、

あなたにとっての「一杯のかけそば」があると思います。


down

コメントする