節約はレジャー!

楽天スーパーポイントを現金化する3つの方法!

楽天スーパーポイントとは


クレジットカードの楽天カードを利用して公共料金等の支払いをすると、毎月楽天スーパーポイントが貯まっていきます。

もちろん普通に楽天市場を楽天カードを利用することでもポイントは貯まっていきます。

その楽天スーパーポイントを楽天市場内で買い物をする時に利用することができるのですが、中にはたくさん貯まっている方もいると思います。

そこで今回は楽天スーパーポイントを現金化する3つの方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

1 商品券

有名なのは楽天スーパーポイントで商品券を購入し、金券ショップで現金に変える方法です。

図書カードやJCBギフトカードなどが換金率が高いとされています。

ただし商品券の購入に手数料と送料が必要になります。

送料は商品券の枚数が増えるほど一枚当たりの送料が少なくなりますが、枚数が少ない場合は送料の負担が大きくなってしまうので、あまりおすすすめは出来ません。

また金券ショップでの商品券や図書カードの買い取り金額も額面通りではなく、おおよそ95%前後になります。

JCBギフトカードはクレジットカードが使えるお店であれば大抵は使えるので、金券ショップに持ち込まずに利用するのも効果的です、これは図書カードなどにもあてはまります。

現金化した後に使い道が決まっている場合は、その使い道に合わせた商品券に交換することがおすすめです。

2 転売

楽天市場の中には「ラクマ」と呼ばれるフリーマーケットがあります。

ラクマ

現在は楽天のラクマに限らず、様々なネットオークションやフリーマーケットなどの個人売買が行われています。

ヤフオクやamazon、メルカリなど色々あるのですが、ラクマはそれほど有名ではありません。

だからこそラクマが穴場になっている場合があります、ラクマに出品されているモノを楽天スーパーポイントを利用して格安で購入し、有名な他のサイトに転売することで現金化をすることが出来ます。

これは上手くいけば利益を出すことも出来るので、オークションサイトに慣れている方は検討してみてください。

3 楽天Edy

楽天スーパーポイントを楽天Edyへ楽天スーパーポイントは楽天Edyという電子マネーに交換することが出来ます。

しかも手数料もなく額面通りに交換できるのでおすすめです、ちなみに私は全ての楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換しています。

電子マネーの楽天Edyは利用できるお店も多く、大抵のコンビニやドラッグストア、大手のスーパーでも使用することが出来ます。

楽天Edyが使えるお店

そして何とライバルであるはずのamazonの決済でも使えます(kindleは不可)、楽天スーパーポイントを楽天Edyを経由することで、amazonでも楽天ポイントが使えるということです。

初めは「楽天Edy専用カード」の購入(100円)が必要なのですが、おサイフケータイの機能があるスマホを利用している方はスマホで利用することが出来ます。

楽天スーパーポイントを効率よく簡単に現金化するのであれば、楽天Edyへの交換を最もおすすめします。

様々なキャラクターのカードがあるので、お好きなカードを選んでみてください。

キャラクターEdyカード

ただし期間限定ポイントは楽天Edyに交換することが出来ません、ここだけは注意してください、期間限定ポイントは楽天市場の中で使いきってください。

【スポンサーリンク】

まとめ

最近は楽天スーパーポイントを電子マネーの楽天Edyに変えなくても、そのまま使えるお店も増えてきました(サークルKサンクスなど)。

ですが、まだまだ電子マネーの楽天Edyの方が圧倒的に使えるお店が多いです。

また楽天スーパーポイントは楽天市場で使用してもポイントが付くのですが、200円で1ポイントです。

楽天カードで四倍一方で楽天カードで商品を購入した場合は、一気に4倍になります。

私が楽天市場で何かを購入する場合は、楽天Edyに交換出来ない期間限定ポイントのみを使用し、残りの金額を楽天カードで支払うことでポイントを多く得るように工夫しています。

また楽天Edyへのチャージを楽天カードからすることによってもポイントが発生します。

コンビニなどで普通にクレジットカードとして楽天カードを利用してもポイントがつくのですが、楽天カードから楽天Edyへのチャージでポイント加算、そして楽天Edyの使用でもポイントが加算されるので、楽天と関係ないお店での支払いでも二倍ポイントを貯めることが出来ます。

そして電子マネーならではのスマートな決済はとても魅力的です、私は常に楽天Edyに一定の金額を入れるように心掛けています。

電子マネーは完全なる現金化とは言えませんが、楽天スーパーポイントをロスなく交換することができますし、利用できる店舗も多いのでおすすめしたいと思います。

本当の現金にしたい場合は、楽天Edyを利用して実店舗から商品券を購入して金券ショップに持ち込んでください、楽天内で購入するよりも送料を節約することが出来ます。

楽天Edyについて詳しく知りたい方は公式ページを参考にしてください、キャンペーン期間中であれば楽天Edyカードの金額(100円)よりも多くの楽天スーパーポイントを貰うことが出来ます。

楽天Edy

また楽天カードをEdy機能付きにすることでも可能です、楽天のカードはクレジットカードとポイントカードとEdyカードがあってややこしいのですが、一枚にすることも可能です。

参考楽天の様々なカードの違い

期間限定ポイントだけは楽天市場の中やリアル店舗で消化する必要がありますが、通常の楽天スーパーポイントをそのまま楽天で利用するよりも、楽天カードから支払った方がポイントの還元率が高くなります。

そして一般のお店で楽天カードで支払いするよりも、楽天Edyを経由させることでポイントが二倍になります。

ポイントを意識し過ぎて無駄な買い物をしてしまっては意味がありませんが、本当に必要なモノの購入時には上手にポイントを貯めてください。


down

コメントする