節約はレジャー!

節約疲れにならないための考え方、レジャーにする意味

節約をする理由

悩む女性みなさんは節約をする理由を考えたことがあるでしょうか?

何となく節約をしている人、将来が不安で節約をしている人、目標金額があって節約をしている人、他にも様々な理由があると思います。

どれも間違いではありませんが、無理なダイエットと同じで無理な節約は継続することができません。

ダイエットの目的が何となく痩せたい人と、将来の健康に不安があって痩せたい人、夏までに水着を着たくて痩せる人では、ダイエットの進行具合に差が出ると思います。

目標金額や夏が始まる前などの具体的な数字や期間があると、計画が立てられやすい反面、無理だと判断した途端に諦めてしまうこともあります。

ゴール一方で何となく節約、何となくダイエットだと、これといったゴールがないので何となくしか進みません。

将来の不安というのも、節約をすることで何となくいいだろうとは思いますが、具体的な数値(金額)を設定しない限り、いくら節約をしても安心出来るものではありません。

どの節約も間違っていませんが、どの思考でも節約疲れがやってきてしまう可能性があります。

その理由は後ろめたさがつきまとうからです。

【スポンサーリンク】

節約はイヤイヤ?

頭を抱える女性節約の後ろめたさというのは「出来れば節約なんかしたくない」という思考です。

ダイエットの目的でも同じです。出来ればダイエットなどしたくないので、失敗してしまうケースが多いわけです。

スリムな体型を保つことに楽しを感じられていれば、それほど苦労はしません。なのでスリムな体型を保つことにメリットを見いだせればいいわけです。

物凄く異性にモテるとか、健康になって毎日がイキイキと楽しくなるとか、そのようなメリットを体験出来ていれば、スリムな体型を保つことは難しくありません。自然とダイエット出来てしまいます。

節約も同じように考えられると、楽しく続けることが出来ます。

イヤイヤ節約を行うのではなく、楽しみを見つけることです。それが当サイトの「節約=レジャー」という考え方です。

節約=レジャー

楽しそうな女性出来ることならやりたくない節約ではなく、やりたくて仕方がない節約にしてしまいましょう。

理由は何でもいいです。自分にとって節約をすることで得られる都合のいい理由を、どんどん当てはめてしまえばOKです。

遠くのスーパーまで10円安い洗剤を買いに行った場合だと、その金銭の差額だけの節約効果ではなく、

  • いい運動になった
  • 暇つぶしになった
  • 素敵な散歩コースだった
  • スポーツジム代が浮いた
  • イケメンの店員さん発見!
  • お洒落なお店を見つけたわ
  • 野良猫スポット発見!

など、他のメリットを積極的に当てはめてください。それが正しいとか正しくないの問題ではありません。あなたがプラスの感情になればOKです。

イヤイヤ節約を行っていると、後ろめたさを感じている状態なので、

  • たった10円のために時間を無駄にした
  • 動きたくもないにバカみたい
  • イヤな店員がいた
  • 汚い道路だった

とマイナスのデメリットばかりを勝手に見つけてしまいます。これは脳が無意識に行うことです。

節約疲れを感じてしまう人というのは、このようにデメリットばかりを積極的に見つけてしまうからです。

この状態だとダイエットのリバウンドのように、無駄遣いをしてしまうことになります。

節約は楽しい

人差し指を上げる女性節約は楽しいもの、レジャーのようなものと確信することです。コツさえわかれば何にでも当てはめてしまうことが出来ます。

歯磨き粉を最後の最後のギリギリまで使いきることはケチだということではなく、

  • 無駄なゴミを減らせた
  • エコになった
  • 世界のためになった

と考えればいいわけです。正しいか正しくないかではありません。ポジティブにとらえられるかどうかです。

詰め替え用の洗剤のパックも水ですすげば、一回分ぐらいになります。これだってケチで行っているのではなく「リサイクルに出すプラスチックゴミを綺麗にすることが出来て一石二鳥ね」と考えれば立派なエコになります。世界平和までつながります。

商品についている値札シールなどを剥がして、洋服のポケットの中のホコリをくっつてから捨てれば、清潔感もアップした上でエコになります。

参考コロコロクリーナーの有効活用

正しいか正しくないかではなく、楽しいか楽しくないかです。これがポイントです。

楽しそうに料理をする女性料理や掃除でも同じことだと思います。それらの行為そのものだけではなく、それらの行為によって得られる素晴らしい未来を想像することです。すると新たなやりがいや楽しみを見つかります。

楽しくなれば時間がかかっても無駄ではありません。レジャーに時間がもったいないと思うことありません。

一方でイヤイヤ行っていると後ろめたさの上に時間まで取られるので、無駄だと感じてしまいます。

料理も愛する人のため、健康のためと思って作るのでは、出来上がった時の満足感は大きく変わるものです。

これが仕事であれば、ある程度の効率やコストなども重視しなければなりませんが、趣味では自由です。

楽しい趣味に時間を費やしても時間の無駄にはなりません。

これが節約も考え方次第では有意義な時間になる理由です。

 

「楽しい時間を過ごしたのに、ついでに節約も出来ちゃった・・・」

 

といい意味で本末転倒になるほどです。転倒どころか飛躍ですが。

これが「節約=レジャー」ということです。楽しくしかたがないのに、お金がたまってしまいます。

【スポンサーリンク】

まとめ それぞれの楽しみ

行列に並ぶ人達楽しみは人それぞれです。別のところでも少し触れましたが、行列が出来ているラーメン屋に並んでいる人を見て、

  • 時間の無駄
  • ラーメンなんてどこもいっしょだろ
  • 意味わからない

と考える人がいます。

その考えが間違いだとは言いませんが、少し視界を広げて見ると色々な気づきあります。

並んでいる人達はそこのラーメンを食べること以外にも、たくさんの楽しみを見出しています。

並んだという事実を自慢したい人もいるわけです。周りの人だけではなくSNSを利用する人もいます。並んで待たされたという体験そのものに価値を見出しています。

人によってはその体験に重きを置かないでしょうが、ラーメンよりも体験を得たい人も多いわけです。どこに楽しみを感じるのかは自由です。

キャラメルマキアーノ最近ではコーヒー豆の選別や焙煎方法、淹れ方にこだわった渋い喫茶店の美味しいコーヒーよりも、スターバックスのお店の雰囲気に重きを置く人が多いわけです。それも自由です。

ミシュランガイドの星がついたからと言って、シェフの腕が上がるわけではありませんが、その事実を体験したい人が押し寄せます。

案外、人は本質以外のところで物事を判断しているものです。料理の味、お店の雰囲気や店員さんのサービスだけではなく、お店に向かう道中や前日の食事や体調だって関係してきます。

美容師さんの技術よりも、美容室の雰囲気や軽快の会話を重視する女性も多いものです。どこに快感をかじるのかは自由です。

 

貯金箱

節約も同じです。

 

その節約によって得られる効果は、金額の数字だけではありません。

あなたなりの体験や思考をたくさん巡らせてください。正しいか正しくないかではなく、あなたにとって楽しいか楽しくないかが重要です。

あなたなりの楽しみと節約を上手く結びつけることが出来れば、節約疲れなんて吹っ飛びます。むしろ節約しないと気持ち悪くなるようになるものです。

正しい節約、正しくない節約などありませんが、楽しい節約はあるものです。楽しさを積極的に探して味わってください。


down

コメントする